2018年最新の自社ECサイトの動向と将来性【EC未来予想図】

4,111 views

2018年最新の自社ECサイトの動向と将来性【EC未来予想図】

EC未来予想図

EC未来予想図では、EC業界のこれから先、未来の状況を、ECサイト運営歴10年以上の現役ネットショップ店長が 現場の状況と店舗運営経験から予想するというコーナーです。

ネット通販業界は、iPhoneなどのスマホが市場に流通してから、大きな変貌を遂げてながら、成長を続けている業界です。

2017年にはEC市場の規模は16兆円超となり、百貨店などの市場規模を上回りました。

ネット通販業界にどっぷり浸かっている現役店長が、今後のEC業界の未来を予想します。



2018年上半期までの自社ECの歩み

2018年上半期までの自社系ECサイトサービスの動向について、現役ネットショップ店長が考察いたします。

まずはじめに、自社系ECサイトとは、楽天市場やAmazon、ヤフーショッピングなどのショッピングモールとは異なり、 カラーミーショップ BASE (ベイス) 、Makeshopやショップサーブ など、ASPカートサービスを利用して構築するECサイトのことを指します。

自社系ECサイトの特長としては、楽天市場などのインターネットショッピングモールでは、商品の注文成立時に販売手数料が発生しますが、 自社系ECサイトでは、販売手数料がかからないことが挙げられます。

ただし、BASEは、サービス利用料として3%が必要ですが、ネットショップ出店にかかる固定費がほぼ無料です。

自社系ECサイトは、販売手数料やポイント原資などが必要ないため、ショッピングモールと比較した場合に 売れたときの利益率が高くなるというメリットがあります。

その反面、楽天市場やAmazonのような強力な集客力はどの自社ECサイトサービスにもほとんど備わっていないため、 ネットショップへの集客は自力で行う必要があり、また、集客力は基本的に弱いというデメリットがあります。

そうした自社ECサイトの集客面をカバーする方法が、TwitterやFacebook、インスタグラムなどのSNSによる集客です。

BASE (ベイス) やカラーミーショップ、MakeShop は、人気SNSのインスタグラムのショッピング機能にいち早く対応しました。


EC未来予想図

インスタグラムは若い女性ユーザーを中心に全世界で利用されているSNSです。

インスタグラムに投稿された画像と、ネットショップの商品ページがつながる機能が「ショッピング機能」で、 それこそインフルエンサーと呼ばれる影響力のあるユーザーが紹介した商品は、飛ぶように売れることがあります。

インターネットショッピングモール各社もインスタグラムのショッピング機能には、ゆくゆくは対応されると思いますが、 このあたりは、自社ECサイト、ASPカートサービスの方がスピード感がありますね。

これまでの自社ECサイトの課題は、とにかくアクセス数の獲得が難しいという点でしたが インスタグラムのショッピング機能をはじめ、SNS経由の商品購入率は今後ますます高まることが予想されます。


2018年の自社ECの年末商戦へ向けて

2018年の自社系ECサイトの年末商戦に向けた対策方法を考察してみたいと思います。

先にも述べましたが自社系ECサイトは、楽天市場などのショッピングモールと異なり 基本的にアクセスを獲得することは自力で行わなくてはなりません。

自力でネットショップへのアクセス数を増やす方法としては、大きく3つの方法があると筆者は考えています。


  • リスティング広告などの利用
  • SEO対策
  • SNSによる集客

その為、ネットショップへの集客は、自力で行わなくてはならないため、年末商戦であっても通常時であっても まずは、集客をどうやって実施するのかということが最優先の課題となります。

ネットショップにまずは来店してもらうこと、そして来店し続けてもらう環境を作る事が重要です。

筆者が最も効果があると思うネットショップの集客方法として「コンテンツSEO」「オウンドメディア」という手法があります。



リスティング広告を利用すれば、広告予算に応じて、確実にアクセス数を稼ぐことができます。

ただし、ここ数年リスティング広告のクリック単価は高騰し続けているため、効果的にアクセスを獲得するには かなり高額な広告予算が必要になっています。

また、リスティング広告は、あくまでもネットショップへの入り口となるリンクを表示させることがその広告の機能ですから、 ネットショップに来店したユーザーがその商品を購入するかどうかはまた別の話、転換率の問題となります。

リスティング広告は予算が潤沢にある事業者でなければ、継続的に広告投下することは難しい為、 可能な限り費用の掛からない集客方法に挑戦されることをおすすめします。

また、無料で集客できる方法として、筆者が考える方法を以下のページにまとめていますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。




2019年以降の自社ECの予想

2019年以降の自社系ECサイトの動向を予想してみたいと思います。

2018年は日本政府の働き方改革の影響により、副業ブームが到来していますが2019年以降はその流れが加速化すると思います。

特に副業の中でもインターネット関連のビジネスモデル、ネットショップやブログアフィリエイトなどは市場規模の拡大もあり 注目されているビジネスです。



その為、自社系ECサイト、特に無料ではじめられて簡単に構築できるBASE (ベイス) などは、今後も利用者が増え続けると思います。

2018年8月時点で、BASEは50万店舗を突破しています。



また、カラーミーショップ MakeShop など、ASPカートサービスは、インスタグラムのショッピング機能などをはじめ、 機能面での拡張が期待されます。

決済方法として、現在自社ECサイトへの導入が増えているのが、楽天PAYやAmazonPayといったID決済です。


EC未来予想図

ID決済は、楽天なら楽天ID、アマゾンならアマゾンのアカウント情報を利用して、自社系ECサイトでの注文から決済までをツークリック程度で完結させることができるためカゴ落ち対策になることもあり人気の決済方法です。

また、Googleアカウントによる決済方法、GooglePayも後発ながら、Googleのアカウント力による拡散が期待されています。


EC未来予想図

自社系ECサイトは、販売手数料がかからないことがほとんどのため、いかに楽天市場などの販売手数料がかかるショッピングモールから出店者を獲得できるかが重要となります。


EC未来予想図:自社EC編のまとめ

今回はEC未来予想図、自社EC編として、BASE (ベイス) やカラーミーショップ、MakeshopなどのASPカートサービスの動向を現役店長が予想してみました。

自社系ECサービスは、楽天市場などのショッピングモールと異なり、販売手数料が必要ないことが大きなメリットですが、 デメリットはやはり集客力がないということにつきます。

この集客面をしっかりカバーできれば、ショッピングモールよりも高い利益率でネットショップ運営ができるので 自社系ECサイトは、モール出店中であっても、本店サイトとして構築しておく方が良いと筆者の体験上は思います。

当店では、BASEをはじめ、カラーミーショップとMakeShop でネットショップを開設していますが、カラーミーショップ は価格が安いのに機能は本格的ですしサポート体制も満足度が高いです。


EC未来予想図

Makeshopは法人向けECサービスであるBtoBオプションが充実しているため、ビジネスユースのネットショップ構築には、カラーミーショップよりもMakeshopの方が適していると感じます。


EC未来予想図


EC未来予想図

その他にも、自社系ECサイトでは、ショップサーブ イージーマイショップ なども利用者が多く、安定感があると評判です。


EC未来予想図


EC未来予想図

自社系ECサイトは、ネットショップの多店舗展開を実施する際に必ず検討する必要のある売場、出店方法ですから、しっかりと吟味して出店計画を立てると良いでしょう。



今回の記事の内容が、自社系ECサイトの動向について調べられている方の参考になれば幸いです。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す