ネットショップでアフィリエイトのおすすめ方法

106 views
初心者でもわかるネットショップ用語

アフィリエイトとは【affiliate】

インターネット上の成果報酬型広告のこと。

インターネット上、ウェブサイトやブログなどに設置された広告を経由して、
サイト閲覧者が広告主の商品、もしくはサービスを購入し、成約に応じて成功報酬の手数料が広告主より支払われる仕組み。


アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトという言葉が一般的には浸透していますが、
他の言葉では、アフィリエイト・プログラム、アフィニティ・プログラム、アソシエイト・プログラムなどの
名称でサービスが提供されていることもあります。

もう少しわかりやすい言葉で説明すると、
自分の管理しているホームページやブログに、紹介したい商品やサービスのバナーを掲載する。
掲載したバナーを閲覧者がクリックして、先のページの商品、サービスを購入した場合に
手数料が入るという仕組みです。

アフィリエイトの流れ

アフィリエイトの契約内容によって、成約条件や手数料率などは様々です。

アフィリエイトは一見すると、ネットショップと似ているようですが、
実際には、ネットショップの商品販売とアフィリエイトによる商品紹介は
その成約に至るまでの流れが異なります。

ネットショップは商品ページでは掲載している商品そのものを
紹介、宣伝するようなページを作成し、販売成立した際には商品の発送が必要です。
ドロップシッピングの場合でも、商品の発送をベンダーに依頼する必要があります。

アフィリエイトは、商品が売れても、一切発送する必要がありません。
掲載する商品に合わせて、関連する記事を作成する「ブログを書いて販売につなげる」か、
まったく記事に関係なく商品バナーを設置して、自動販売機のように販売するかの2つのパターンがあります。

アフィリエイトの方法

アフィリエイトを実際に行う媒体は、ウェブサイトやブログ以外に、
メールマガジン、メルマガで行うケースもあります。
商品の販売成立時以外には、サービスの成約時に広告に対する報酬が支払われる場合もあります。
アフィリエイトを行う方法としては、ネットショップ運営者であれば、
アフィリエイトASPと契約して、アフィリエイト広告を実施する方法があります。

また、個人の副業などでアフィリエイトを利用する場合は、
同様に、アフィリエイトASPと契約して、
サービスバナーを設置するなどの対応が必要となります。

アフィリエイトASPによっては、個人では契約できない
法人専用のサービスもあります。


アフィリエイトのメリット

アフィリエイトのメリットとしては、掲載回数やクリック数などに対して報酬が支払われる他の広告手法に比べて、
登録する手順や、審査などがあまり厳しくないため、個人でもかんたんに始めることができる点です。

また、掲載する商品なども自由に選択できる場合がほとんどなので、
自分が運営する媒体のテーマに合わせて広告設定が可能という点も
非常に成果につながりやすいメリットがあります。


アフィリエイトのデメリット

アフィリエイトのデメリットとしては、
かんたんに導入ができるということは、
アフィリエイトを実際に行うユーザー、アフィリエイターも
かなり競合が多いので、軽い気持ちで取り組んでも
大きな報酬にはつながりにくいというデメリットがあります。

個人の副業程度のアフィリエイト広告であれば、
趣味のブログにアフィリエイトバナーを設置しておくだけで
一応のアフィリエイトの実施は可能です。

ただ、成果報酬という意味では、
自動販売機的なアフィリエイトでは
筆者の経験上ですが、月の報酬額として
1万円を超えることはほとんどないと思います。

やはり、本気でアフィリエイトの成果を
上げていくには、地道なコンテンツ発信、
ブログやSNSの更新が必要不可欠となります。

アフィリエイトで収益を上げることの
デメリットとしては、本気で活動を行わなければ
満足のいく収益にはつながらない点です。


アフィリエイト成功の方法

アフィリエイト成功のための重要なコツは、
商品が売れるように記事を作成することももちろんですが、
もっと重要なことは「アクセス数を稼ぐ」ということです。
これについては、ネットショップの売上アップの方法と同じ理屈ですが、
アクセス数が増えれば、クリック率、成約率も比例して増える
というセオリーがあるからです。

もし、あなたがアフィリエイトプログラムを
個人ではじめようと検討されているのでしたら、
自分が最も得意とする「テーマ」を探すことから初めてください。

成功のヒントは「継続する事」にあります。

継続することができることは「好きな事」や「得意な事」で
なくては難しいと思います。

例えば釣りが好きなら、釣りに関する情報をブログで一日一ページでもいいので
記事を作成してください。
作成する際の注意点としては、ブログ記事の「タイトル」に、
内容に関するキーワードを記載することです。

×悪いタイトル例
「今日はものすごーくたのしかったです!」

○良いタイトル例
「琵琶湖でブラックバス釣りにて大物をGET!オススメ穴場のポイントを紹介!」


どこが悪いかおわかりになりますか?

悪いタイトルは「キーワード」にあたるものが一切ありません。

良いタイトルは
  • 琵琶湖
  • ブラックバス
  • 釣り
  • 大物
  • オススメ穴場
  • ポイント

がキーワードにあたります。

これはGoogleやYahoo!からの検索の際に、

「琵琶湖 ブラックバス」
「琵琶湖 釣り」
「ブラックバス 釣り方」
「ブラックバス オススメ」
「ブラックバス 穴場」

などで検索するユーザーが一定数いるため、
ユーザーからのアクセスを期待するための施策です。

ブログの内容も、タイトルに合わせて
ブラックバスを琵琶湖で釣っている写真や
釣った後のブラックバスの写真、
利用したルアーや釣竿の紹介
をして、その商品ページを
アフィリエイトの広告商品にすることが
ストーリーとしても最も自然な形で構築されます。
アフィリエイトとの理想的な流れですね。

アフィリエイトを成功させる方法としては、

「テーマを絞って、有益なコンテンツを集約、継続的に投下する」

ということが一番の近道だと筆者は思っています。

ネットショップの集客のためのアフィリエイト広告のまとめ

アフィリエイトをネットショップ、
特に楽天市場やAmazonなどのモール以外の自社ネットショップの
集客の方法として利用する方法は、
アフィリエイトが「成果報酬型」であることもあり、
非常に費用対効果の高い広告手法と言えます。

ネットショップで売上アップをはかるには
集客の改善、対策は必須です。

かといって、リスティング広告や
CPC広告を出稿するとなると
非常に高い広告費用が必要となります。

月商が100万円以下のネットショップでは
リスティング広告などの費用を
捻出するのは難しいのが現状かと思います。

そこで、アフィリエイト広告を利用する
集客方法をオススメします。

アフィリエイト広告は、先のメリットでも
記載しましたが、低予算かつ低リスクで
始めることができる点が最大のメリットです。

商品が売れた場合のみにかかる広告費であるため
成功報酬を支払うだけでよく、報酬の額についても
設定はネットショップ運営者側で設定が可能です。

サービスによっては月額の固定費という
ランニングコストが必要となりますが、
リスティング広告やCPC広告などのような
クリック課金型のように一定回数クリックされて
終了する広告とは異なりますので
費用対効果的にはアフィリエイト広告の方が
高いケースが多いです。

今回は現在運営中のアフィリエイトASPサービスについて
主要なサービスをご紹介いたします。


A8.net(エーハチネット)

アフィリエイトサービス
  • 初期費用:5万円(税抜)
  • 月額費用:3.3万円~4万円
  • 成果報酬額:30%

日本最大級の広告数、サイト数を誇るアフィリエイトサービスがA8.netです。
広告の導入実績数は2017年2月現在、16,000社以上にのぼります。
アフィリエイトを利用しているサイトの数は218万サイト以上で、
サイトの規模としては大手法人サイトから個人ブロガーサイトまで幅広く利用されています。
アフィリエイト広告を検討しているネットショップのオーナーであれば、
まず最初に検討してもよいASPサービスだと思います。
アフィリエイトをはじめるには一番おオススメです。


【参考】 アフィリエイトなら【A8.net】


バリューコマース(ValueCommerce)

アフィリエイトサービス
  • 初期費用:ライトプラン:無料/ベーシックプラン:5万円
  • 月額費用:ライトプラン:3.5万円/ベーシックプラン:5万円
  • 成果報酬額:ライトプラン:35%/ベーシックプラン:31.5%

「信頼」と「実績」のバリューコマース アフィリエイトというキャッチコピーを
ウェブサイトに掲載している通り、信頼性の高いサービスを提供しているのが
バリューコマースアフィリエイトです。なんといっても、日本国内において
最初にアフィリエイトサービスを提供したASP、アフィリエイトサービスプロバイダーが
このバリューコマースです。アフィリエイト業界において、
広告の審査が厳しいことでも有名です。
アフィリエイトの仕組みを利用した悪質なサービスも存在しているので
信頼性や安全性を重視する方には、バリューコマースアフィリエイトがおすすめです。

【参考】 アフィリエイト 初心者の方へ 日本最大級のアフィリエイトサービスならバリューコマース


もしもアフィリエイト

アフィリエイトサービス
  • 初期費用:4万円
  • 月額費用:4万円(税抜)
  • 成果報酬額:30%

もしもドロップシッピングでも有名な、株式会社もしもが提供するアフィリエイトサービスです。
2010年5月よりアフィリエイト事業を開始しています。個人のアフィリエイターへの報酬制度が手厚く、
業界で初めて「W報酬」という仕組みを取り入れたのがもしもアフィリエイトです。初心者にも
ヘルプフォローがあり、初めてアフィリエイト広告を実施する個人に寄ったサービス展開が特徴です。
アフィリエイトの規模的にはまだまだ成長過程ですが、対個人向けということもあり、可能性と
成長性は期待できるアフィリエイトサービスです。

【参考】 もしもアフィリエイト


アフィリエイトB(AffiliateB)

アフィリエイトサービス
  • 初期費用:5.2万円
  • 月額費用:4.2万円
  • 成果報酬額:30%

矢野経済研究所の調査である、アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2016にて、利用者満足度NO.1に選ばれたサービスです。
2006年10月にサービス開始されて以来、開始わずか1年で500プロモーションの導入実績があり、提携サイト数も50万サイト以上にのぼります。
株式会社フォーイットが運営しており、アフィリエイトBの特長としては「パートナー第一主義の運営スタイル」を打ち出しています。
アフィリエイトBでは「クリック報酬」「定額報酬」「定率報酬」と3つの成果条件の中から報酬形式を選べるのもメリットです。 また、広告主が報酬金額の設定も自由に行えるので、コスト管理においても非常に明朗なサービスです。

【参考】 アフィリエイトB


モール系アフィリエイト広告サービスのまとめ

楽天市場やAmazonなどの日本国内の大手ショッピングモールが
提供しているアフィリエイトサービスも存在しています。

楽天市場は、出店者の意向に関係なく、
楽天アフィリエイトのアフィリエイターによる紹介で
商品の販売が成立した際にアフィリエイト手数料が
差し引かれていることがあります。

楽天アフィリエイト、アマゾン・アソシエイト・プログラムの両方に
言えるメリットとしては、商品の品揃えが非常に多い、
国内最大級の物販型ASPであることです。

アフィリエイターは、任意の商品を選んで
ブログなどで紹介できるため、先に紹介した
A8.netなどのASPと比較しても商品の選択肢の
幅が非常に大きいです。

わかりやすく言えば、アフィリエイターが

「この商品は売れる」

という一品を見つけ出し、それに合わせて
記事を作成しやすいのは、
楽天アフィリエイト、アマゾン・アソシエイトプログラムの
方が非常に優れています。

楽天アフィリエイトのデメリットとしては、
報酬額が低い点にあります。
これはアマゾン・アソシエイト・プログラムも同じく
収益面でいえば非常に低いパーセンテージに
設定されています。
公表されている基本的な料率を紹介すると
以下のアフィリエイト料率となっています。

  • 楽天アフィリエイト:1%
  • Amazonアソシエイトプログラム:3.5~8%

基本料率なので、店舗や商品によっては
一部料率の高い商材なども存在します。
これは、出店者側で料率を高めてアフィリエイトに
広告出稿している商品となります。

こうした、料率の高い商品を探し出して
自分のブログやウェブサイトで紹介記事を
作成することで、アフィリエイターは
成果報酬獲得を目指しているわけです。


楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイト

国内ネットショッピングモールの最大手である
楽天市場を運営する楽天株式会社の提供しているアフィリエイトサービスが
楽天アフィリエイトです。

最大のメリットは、商材の豊富さと、初心者でもアフィリエイトを
始めやすい導入の手軽さにあります。
アフィリエイトという言葉は昨今話題となっていますが、
実際に個人が副業目的でアフィリエイトを開始するとしても、
何から手を付けたらいいのかわからないというのが
実状ではないでしょうか。

楽天アフィリエイトは、Amazonアソシエイト・プログラムと同じく
個人のユーザーでも利用開始の手続きが簡単に実施できます。

ただし、どちらも一定の審査がありますので、その点は注意が必要です。

もう一つの大きなメリットとしては、
楽天アフィリエイトの場合、紹介した商品や店舗の商材以外の
商品やサービスが売れた場合にも成功報酬が発生する点です。
これはウェブサイト、主に閲覧しているブラウザシステムに原因があります。
クッキーと呼ばれる、履歴情報の一時保存機能がブラウザには備わっています。

閲覧したユーザーが、アフィリエイトバナーを一度でもクリックしたのち、
その後約30日間は、クリックしたことをクッキーが保存しています。
アフィリエイトバナーがクリックされた後、どこかのタイミングで
楽天市場の商品、もしくは楽天トラベルや楽天ブックスなどのサービスを
利用して購入があった場合、成果報酬の対象となるわけです。

ここが、楽天アフィリエイトのメリットですが、
デメリットももちろんあります。

楽天アフィリエイトのデメリットとして多くの利用者が
あげているのが「料率の低さ」にあります。

基本料率1%ですので、1万円の商品が成約した場合、
成果報酬はわずかに「100円」となります。

楽天アフィリエイトで一定の収益を上げるのは
なかなか至難の業とも言えます。

【参考】 楽天アフィリエイト|日本最大級のアフィリエイトプログラム


Amazonアソシエイト・プログラム

Amazonアソシエイト・プログラム

Amazonアソシエイト・プログラムは
簡単に言えば、アマゾンの商品を紹介することで
成約時には紹介料(成果報酬)が受け取れる仕組みのことです。

楽天アフィリエイトと比較した際の
料率が高い点が魅力でもあります。

ただ、このAmazonアソシエイト・プログラムは
楽天アフィリエイトと比較しても
難易度が高いアフィリエイトサービスとなっています。

難易度が高い理由としては、紹介する商品が
アマゾンの商品であること、つまりは、
商品ページが非常に簡素である
という点です。

楽天市場であれば、商品ページは出店者の
裁量やページ制作スキルにより、
商品ページのみでも商品の魅力を伝えてくれる場合が多いです。

アマゾンは、商品画像の制約などもあり、
基本的に商品画像には文字入れや装飾を禁止しています。
商品説明部分にも最近になってようやく商品紹介の画像を
掲載するようになった商品も増えてきましたが、
型番商品などは、商品画像数枚とカタログ的な仕様文言があるだけ。

これでは、アフィリエイトバナーをクリックしても
そのリンク先商品ページで、購入へのアピール不足に陥り
成約に至らないケースが非常に多いです。

それでも、アマゾンには、Amazonプライム会員を中心に
アマゾンでの購買に慣れているユーザーが一定数います。
アマゾンの売上の60~70%は、この「プライム会員」が
作り出しているといわれていますので、リンク先商品ページが
簡素であることについては、多少は容認されているのかもしれません。

こちらもアマゾンの豊富な商品のなかから紹介ができるため
A8.netなどのアフィリエイトサービスよりも、
アフィリエイター側で紹介内容を操作できるメリットがあります。

また、アマゾンアソシエイトプログラムは、
成約数に応じて料率が最大8%まで上がる仕組みがあるのも
楽天アフィリエイトとの違いです。

成果報酬については、現金を銀行口座に振り込む方式と
Amazonポイントで支払われるポイント払いの方式の
2つの支払方法を選択することができます。

料率だけでいえば、楽天アフィリエイトよりも
アマゾンアソシエイトプログラムの方が
アフィリエイターにはメリットが大きいと思います。

【参考】 Amazonアソシエイト(アフィリエイト)プログラム


キュレーターアフィリエイト

キュレーターアフィリエイト

キュレーターアフィリエイトは、Qoo10(キューテン)でのアフィリエイトサービスのことです。 Qoo10は、ジオシス合同会社が運営する総合ネットショッピングサイトで、利用者層は10代~30代の若い女性が60%以上のモールです。
ユーザーの利用シーンもスマホ経由のアクセスが70%以上とも言われており、
旧DeNAショッピングモールのwowma!ワウマとも顧客層が若干重なるモールです。

キューテンでは利用者に対して、キュレーター会員登録することで、
ポイント還元的なアフィリエイトプログラムを提供しています。
会員登録は無料で行えるため、ユーザーがキューテンで購入した商品を
ブログなどで紹介することでさらにポイントが還元されるというメリットもあります。

若い女性が主要ユーザー層でもあるので
スマホによる撮影からpost作成までの流れも
スムーズに行えるので、楽天アフィリエイトや
Amazonアソシエイト・プログラムよりも
アフィリエイト利用の壁は低いようです。

Qoo10は出店者側からすると、
「プロモーション」と呼ばれる、
広告の利用によって、Qoo10負担の
カートクーポンやタイムセール枠への露出が可能となっています。
楽天市場のトップページ枠であれば、
40万円~100万円はするような露出場所であっても
数千円~数万円程度の広告費(Qキャッシュ)を払うことで
対応が可能な点は、出店者メリットと言えます。

キューテンはまだまだモール自体も若いことと、
国内モールではなく、海外中心のショッピングモールでもあることで
不安な面もありますが、現状ではユーザーライクなショッピングサイトであり、
商品の値段も楽天市場やAmazonと比較してもQoo10の方が安いものも
多数出品されているので魅力のあるモールと言えます。

【参考】 キュレーターアフィリエイト - Qoo10


参考になれば幸いです。

【参考】
成功報酬型広告 - Wikipedia



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

10億店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す