らくうるカートでのネットショップの作成事例と口コミや評判


らくうるカートでネットショップの作成事例と口コミや評判

物流会社の宅配便最大手であるヤマト運輸のグループ会社、ヤマトフィナンシャルが運営するらくうるカート というサービスがあります。

ネット通販会社では、多くの事業者が、物流会社としてヤマト運輸との契約を結んでいたり、また、ヤマト運輸のクロネコヤマトの宅急便で商品を発送したりしていると思いますが、ヤマトではネットショップの運営サービスも行っているのです。

物流会社であるヤマトが運営する、らくうるカートでネットショップを開業した事例と評判について現役ネットショップ店長が徹底考察いたします。



らくうるカートとは?

らくうるカートの機能とメリット

らくうるカート とは、宅配便取扱数業界ナンバーワンのクロネコヤマトの宅急便でおなじみのヤマト運輸と、ヤマトグループ会社のヤマトフィナンシャルが運営するネットショップ構築サービスのことです。

らくうるカートは、その名前の由来でもある「らくに始める」「らくに売る」「らくに買う」という3つ「らく」についての特長があります。

「らくに始める」とは、ネットショップの方向性、コンセプトや、ネットショップで販売する商品のイメージに合わせて、デザインテンプレートやショップのカラーを選んで商品登録するだけで、簡単にネットショップがつくれます。


らくうるカートの機能とメリット


「らくに売る」とは、ネットショップの運営において、必要不可欠な機能である決済機能や配送を、ヤマトグループのサービスでまとめて管理できるという機能です。


らくうるカートの機能とメリット


ネットショップを運営する際に、決済機能としてクレジットカード決済は必要不可欠ですが、クレジットカード決済をネットショップに導入する際に、カラーミーショップ MakeShop などの自社ECサイトの場合、イプシロンやペイジェントといったカード決済会社に別途契約する必要があります。

らくうるカートでは、ヤマトのグループ企業である「ヤマトフィナンシャル」で決済対応ができるため、ネットショップの運営を一元管理することができるわけです。

「らくに買う」とは、ネットショップを利用するユーザーに対して、ユーザーの利用シーンを問わずどんな環境からのアクセスでもネットショッピングが楽しめるこをと目的とした最適化対応のことです。


らくうるカートの機能とメリット


スマートフォンの普及によって、ユーザーがネットショッピングを行うシーンは、自宅のパソコン前だけではなく、通勤や通学途中にスマホから商品を閲覧したり、学校や会社のお昼休みなどにネットショッピングを実施することも当たり前になりました。

またらくうるカートでは、クロネコペイに対応しているため、クロネコペイを利用しているユーザーは、個人情報などの入力なしで注文がかんたんに行えます。

もうひとつ、らくうるカートの強みとして、全国のコンビニやヤマト運輸のセンターなど、約26,000か所以上から商品の受取り場所を選べるという点も非常に便利です。

らくうるカートは、ネットショップの開設から、運営、商品を受け取るシーンまで、一貫して管理する事ができるのが特長です。


らくうるカートのメリット

ではヤマトのらくうるカートでネットショップを開設した際のメリットについて、現役ネットショップ店長の目線から分析してみました。

らくうるカートでは先ほども紹介しましたが「らくに始める」「らくに売る」「らくに買う」ととにかく「らく(楽)」をコンセプトにしています。

ネットショップの開設は、簡単ECサービスのBASE (ベイス) が出店者数が50万店舗以上を達成したように、利用することが安易であるというのは、複雑なシステムが多いEC業界のなかでも優位性のあるサービスだと思います。

らくうるカートのメリットとして、今回は、3つのメリットに絞ってご説明いたします。



誰でも簡単にネットショップが作成できる

らくうるカートの機能とメリット

ネットショップを新規開業する際に、多くの方が不安に思うのが「専門知識がないと運営できないのではないか?」というご不安だと思います。

ネットショップ、ECサイトというと、HTMLやCSSなどのマークアップ言語から、FTPやCSVといったサーバーに関する知識が必要になることも時にはあります。

らくうるカートでは、HTMLなどの知識のない方でもネットショップのデザインをテンプレートから選択したり、カラーを選ぶことで、自分が望むコンセプトにあったネットショップを作ることができます。

また、HTMLやCSSがわかる方なら、HTMLの編集ももちろん可能なので、よりクオリティを重視したネットショップのデザインを作り込むことも可能です。

このあたりの融通が利く点は、リーズナブルに本格的なネットショップを構築できるカラーミーショップ に似ている感じですね。

また、ページの追加や、ランディングページといった、縦長の商品説明ページもらくうるカートなら簡単に追加できる機能があります。

ネットショップが複雑で挫折した経験があるという方には、らくうるカートは再チャレンジできるサービスだと思います。



バックヤード面が統一されているので便利

らくうるカートの機能とメリット

らくうるカートの一番の魅力が、配送や決済が一元管理できるサービスであるという点です。

通常、楽天市場 ヤフーショッピングなどのショッピングモールにネットショップを出店した場合、配送や決済は別途対応するサービスにCSVなどの出力、エクスポートで連携(手動による連携)を取らなくてはならないことが多いです。

当店でも、受注処理を楽天RMSのなかにあるCSVファイルを元に、ゆうパックの送り状データを作成するためにCSVエクスポートを実施し、ゆうパックの送り状作成サービスの「ゆうプリR」などにインポートして送り状を作成していますが、これが一つ手間になっています。

また、出力内容によって、時にエラーが発生する事もあり、データをCSVで連携していると思わぬトラブルが発生することも否めません。

らくうるカートでは、配送はヤマト運輸、決済はヤマトフィナンシャルが対応するため、どちらもヤマトグループで一元管理できるのです。

外部ソフトによるデータ連携の必要もないため、トラブル発生リスクも格段に低くなり、ネットショップ運営により時間的リソースを投下することに集中できるようになります。

配送と決済というバックヤードが一つになっている点は、らくうるカートの魅力的なポイントだと思います。



無料期間にサービスを試せる

らくうるカートの機能とメリット

ネットショップを新規開設する際に、リスクとなるのが、利用したサービスが実際には使いにくかった、思った機能ではなかったというミスマッチの発生です。

ネットショップの構築を決めて、実際にサービス契約を結ぶと、サービスの内容にもよりますが、半年~一年の契約となるため、契約してしまうとそのまま半年以上はそのサービスを継続して利用しなくてはなりません。

ネットショップの場合、機能面や顧客データなどの関係で、最初に始めたサービスを途中から引っ越すというのは、非常に手間と時間、そして費用がかかるため、できるかぎり選んだサービスを継続し続ける方が良いです。

ただ、サービスが合うかどうかは、やはり実際に使ってみないことにはわからないのが実状です。

らくうるカート では、こうした利用者のミスマッチリスクを排除するために、お試し無料期間を用意してくれています。

それも30日間無料で利用できるため、30日間でいろいろ機能を触ってみたり、実際にネットショップをデザインしてみたりして、思い通りのネットショップが構築できるかどうかを調べることができます。

最近では、BASE (ベイス) のように、最初からずっと完全無料でネットショップを運営できるサービスも増えてきましたが、本格的なECサイト構築の場合は、やはり無料期間の存在はありがたいですね。



らくうるカートでのネットショップ制作事例

らくうるカートの作成事例

では、らくうるカートで実際に構築されたネットショップの制作事例をご紹介いたします。

今回は6つのらくうるカートで作成されたネットショップをご紹介いたします。



食器・カトラリーショップ

らくうるカートの作成事例

食器を中心に販売しているネットショップの事例です。

らくうるカートのテンプレートを使用した事例であり、特別なHTMLなどの知識なしで構築できます。

色使いが少なく抑えられていますが、シンプルかつデザイン性が高い印象を受けるネットショップですね。



ワインショップ

らくうるカートの作成事例

ワインの通販専門のネットショップの事例です。

メイングラフィックや、商品画像にワインボトルなどを上手に配置して非常に清潔感と高級感のあるデザインですね。

こちらのネットショップも、らくうるカートのテンプレートの利用事例です。



アクセサリーショップ

らくうるカートの作成事例

アクセサリーショップの場合、商品点数が多くなる傾向がありますが、画像サムネイルをうまく利用したレイアウトになっています。

このアクセサリーショップもらくうるカートのデザインテンプレートによるネットショップ事例となります。

メイン画像やロゴなどもアレンジすれば、テンプレートでも十分見栄えが良くなりますね。



せっけんのネットショップ

らくうるカートの作成事例

石鹸を販売するネットショップの事例です。

こちらは、メイン部分にランキングを掲載していますね。

らくうるカートはメニューなどの導線がシンプルに設計されているため、ゴチャゴチャした印象がほとんどないのが特徴ですね。



野菜のネットショップ

らくうるカートの作成事例

野菜を中心にネット販売しているネットショップの構築事例です。

こちらはネットショップのトップページが若干ランディングページ的な訴求のあるデザインになっています。

食品、グルメ系のネットショップは生産者の顔が感じられるデザインであることが重要です。



自転車のネットショップ

らくうるカートの作成事例

自転車を販売しているネットショップの構築事例です。

こちらのネットショップはらくうるカートのテンプレートをベースとして、HTMLやCSSでデザインを改修しているそうです。

HTMLやCSSといったウェブサイトの知識があれば、より幅広いカスタマイズも可能になります。




らくうるカートの月額利用料について

らくうるカートの機能とメリット

では、らくうるカートでネットショップを構築する際の月額料金、費用についてご説明いたします。

らくうるカートで最も安いプランは、ライトプランで、初期費用3000円、月額300円(年間3600円)というプランがあります。

ライトプランは、独自ドメインが使えないデメリットがありますが、商品点数は1万点までと決して少なくありません。

利用時の手数料が1%かかるのですが、月額300円ですから、非常にコストパフォーマンスは高いですね。

ライトプランはエントリープランでもあるので、制限も多いですが、ネットショップをらくうるカートでためしてみるには良いかと思います。

らくうるカートのもう一つの強み、メリットとして、プラン変更が後からでも可能という点があります。

らくうるカートの機能とメリット

ただ、やはり本格的にネットショップを運営したいという希望があるなら、最初からレギュラープランでの出店を選択しておくと良いと思います。

らくうるカートに限りませんが、小さな売上、副業レベルでネットショップを構築するなら、BASE (ベイス) などの完全無料で運営できるECサービスを選んだ方が得策だと筆者は考えています。

結局個人事業主や企業がネットショップ、ECサイトを構築するなら、月商100万円以上を目指さなくては事業として継続が難しいでしょう。

ある程度制限のない、スタンダード的なプラン、らくうるカートでいえばレギュラープランでの出店が企業や個人事業で本気のネットショップを開業するには良いのではないかと思います。

結局ネットショップの売上が増え、軌道に乗ってくると、機能制限がネックになり、プランアップをしなくてはならなくなるケースがほとんどです。

最初の段階では、売れない時期もあるので、出店コストがマイナスになることもありますが、戦略的にネットショップを運営していけば、出店料は早い段階でペイできるようになります。

出店プランについては、十分に吟味してみてください。

また、らくうるカートとは別のインターネットショッピングモールの話になりますが、楽天市場 やAmazonなどに出店中の現役店長として、各売場の比較を下記のページにまとめています。

ショッピングモールへの出店を検討されている方は、是非ご一読いただければと思います。



らくうるカートのまとめ

今回はヤマトのらくうるカートで実際に構築されたネットショップの事例を紹介しながら、らくうるカートのメリットやコストなども解説しました。

らくうるカートは、利用者が非常に簡単に操作できることを前提にサービスが作られているという特徴があります。

ネットショップの管理画面は、その機能の多さからメニューも複雑になる傾向があります。

らくうるカートはそのネーミングの通り、売ることも発送することも簡単な仕様を採用しています。

ネットショップを多店舗などで運営している際の煩わしいベンダー間の連携問題などもらくうるカートならワンストップで対応できるためおすすめです。

今回の記事の内容がヤマトのらくうるカートについて検討されている方の参考になれば幸いです。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す