【質問】楽天市場に出店を検討しているけれど、楽天市場って大丈夫でしょうか?

556 views

ネットショップでよくある質問・相談

売れるネットショップの教科書に寄せられたよくあるご質問について、現役店長が回答するコーナーです。


【質問】楽天市場に出店を検討しているけれど、楽天市場って大丈夫でしょうか?

ネットショップ出店に関するご質問で非常に多いのが「楽天市場」への出店についてです。

当店の売上をブログで確認されている方はご存じかと思いますが、当店のネットショップの売上構成比の50~60%は楽天市場の売上です。

ショッピングモールとして集客力もあり、楽天スーパーポイントの人気も高いのが楽天市場の魅力です。

今回は、楽天市場出店を検討されている方に、検討材料となる要素をいくつかご紹介したいと思います。


楽天市場の出店を検討される方へ

楽天市場出店について

楽天市場へのネットショップ出店を検討されている方のパターンとしては、「自社ECサイトをすでに持っている方」と「Amazonなど他のショッピングモールに出店済みの方」、そして、「ネットショップ開業が初めての方」という3パターンの状態があります。

自社ECサイトをすでにお持ちの方なら、楽天市場への出店の目的は、「売場拡大」「販路拡大」による売上の増加が目的だと思います。

Amazonなど他のショッピングモールに出店済みの方も、自社ECサイトと同じく、「売上増加」が目的だと思いますが、楽天市場の客層とAmazonの客層の違いを踏まえての多店舗展開といったケースが多いように感じます。

意外に多いのが、初めてのネットショップを「楽天市場」への出店からという方です。

共通して言えることは、まず、「楽天市場出店前にするべきこと」をしっかりとチェックしておきましょう。

【参考】楽天市場攻略法(1)楽天市場に出店する前に行うこと


楽天市場の主な特長

楽天市場に出店している店長としては、楽天市場は「売れている店舗と売れていない店舗の2極化」が非常に顕著であると感じています。

もちろん、楽天市場に限らず、どのショッピングモールや、カラーミーショップなどの自社ECサイトであっても、共通して言える事ですが、楽天市場の場合は、「固定費が高い」というデメリットがあります。

ヤフーショッピングWowma!なら現在、出店に関する固定費用が無料化されているため、売れなかった場合でもマイナスになるリスクはほとんどありません。

楽天市場では、一番低価格な通常プラン「がんばれプラン」でも月額2万円弱かかりますし、スタンダードプランでは、月額5万円が固定費用としてかかります。

楽天市場出店について

売れているネットショップであれば、固定費が2万円でも5万円でもあまり影響はありませんが、出店直後のネットショップはよほど認知のある商品を横展開で販売する以外は、最初はほぼ売れません。

楽天市場 に出店してみての実際の感想などは以下のページにまとめていますので参考にしてください。

【参考】楽天出店10年目の現役店長が教える楽天市場出店の評判と感想


楽天市場出店にかかる費用について

具体的な楽天市場出店の費用については、以下の通りです。

楽天市場出店について

出店プランについての目安は、月商規模が132万円以上であれば、スタンダードプランの方が、手数料などを含めると割安になります。

初めてのネットショップ出店であれば、「がんばれプラン」からが無難だと思います。

楽天市場 で月商の壁と呼ばれるジンクスがありますが、月商50万円、月商100万円が最初に越えるべき「壁」です。

自社ECサイトなどで人気のあるオリジナル商品を楽天市場に横展開するというようなケース以外であれば、がんばれプランをおすすめいたします。

実際に月額シミュレーターが公式サイトに掲載されていますので、以下にご紹介します。

【参考】月間費用シミュレーション|楽天市場


楽天市場と他のモールの比較

楽天市場とAmazonの違いについて、質問をいただくことも多いです。

楽天市場とAmazonの出店時のちがいについては、以下のページにまとめていますので参考にしてください。

【参考】【現役店長が検証】楽天市場とAmazonの出店時の違いを比較

楽天市場とヤフーショッピングの出店時の違いについては、以下のページにまとめています。こちらも参考にしていただければと思います。

【参考】どっちがおすすめ?楽天市場とヤフーショッピングの出店の違いと費用の比較


まとめ

楽天市場 の出店に関するご質問について、現役楽天出店者である店長がいくつかのポイントで説明いたしました。

楽天市場は、売れるか売れないかで言えば、当店に関しては、「非常に売れる売場である」と言えますが、ある程度「先行者メリット」を受けているからという理由があります。

ネットショップをコストをかけずに出店されたい方は、BASE(ベイス) イージーマイショップなど無料から始められるネットショップからスタートされると良いと思います。

楽天市場は、コストもかかりますが、売れ始めれば、ある程度安定した売上を作ることができるのもまた事実です。

今回の情報が、楽天市場出店を検討されている方の参考になれば幸いです。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す