マルチシグとは(Multisig)|ECサイト用語集


初心者でもわかるネットショップ用語

マルチシグとは(Multisig)


マルチシグとは(Multisig)

マルチシグとは

マルチシグ(Multisig)とは、「マルチ(multi)」と「シグネチャ(signature)」が合わさった造語で、仮想通貨のセキュリティにおける「秘密鍵」が2つ以上あることを指します。

マルチ(複数の)シグネチャ(署名)という意味で、複数の署名=複数の秘密鍵 によって仮想通貨を管理する方法です。

マルチシグの対義語として「シングルシグ」という言葉がありますが、シングルシグは、1つの公開鍵に対して、秘密鍵が1つの状態を指します。

ハッキングされた際に、シングルシグの場合、鍵をあけられて、通貨を盗まれるリスクが高いのに対して、マルチシグの場合、一つの秘密鍵だけではロックを解除できないため、セキュリティが高くなるというわけです。

今回は、仮想通貨のセキュリティで注目されている「マルチシグ」について、メリットや実際にマルチシグに対応している取引所などを紹介いたします。


マルチシグ(Multisig)のメリット

マルチシグとは

マルチシグのメリットは、仮想通貨の公開鍵と秘密鍵が複数存在することで、セキュリティを高めることができるという点です。

先日、国内二番手の取引所だったコインチェックが、不正アクセスによりNEM580億円相当を盗まれるという大事件が起こりました。

コインチェックのNEMの管理状態において、マルチシグの対応ができていなかったことが、NEM流出の大きな原因ではないかと言われています。

マルチシグのもうひとつのメリットは、実際に複数ある秘密鍵のうちの一つがハッキングされた場合に、ハッキングされた秘密鍵を破棄して、新しい秘密鍵を再発行することができるという点です。

シングルシグの場合、秘密鍵を紛失した場合、保管してある仮想通貨を取り出せなくなるというリスクがあります。

マルチシグの場合、例えば、秘密鍵を3つ用意しておいて、そのうちの2つが合えば、鍵を開けることが可能です。

マルチシグで、秘密鍵の個数を3つと、仮想通貨を保管しているウォレットなどに利用するのに必要な鍵を2つ設定する方法を「2-of-3」といいます。

マルチシグなら、鍵の紛失やハッキングのリスクも回避できるというわけです。


マルチシグに対応している取引所

では、実際にマルチシグに対応している取引所についてご説明したいと思います。

先日のコインチェックのNEM流出事件の際に、マルチシグに対応していなかったことで、コインチェックのセキュリティ問題が話題となりました。

仮想通貨は、金額の大小にかかわらず、送金が一瞬で行えるというメリットがあります。

今回は、そのメリットを逆手に取られた形で、580億円という盗難された金額としては、史上最大額となる被害額が一瞬で盗まれてしまったわけです。

コインチェックには国税庁より業務改善命令が出ていますが、2018年1月30日現時点では、事業は継続する方針のようです。

ただ、今回の流出騒動で、取引所としての信用はほぼ「ゼロ」に等しくなったと思いますので、コインチェックからの出金が可能になった際には、利用者は別の取引所に試算を移すか、もしくはコールドウォレットなどに移すことになると思います。

セキュリティについては、まだまだ日本国内のリテラシーは高いとは言い難い状況ですね。

では、本題のマルチシグに対応している仮想通貨取引所をご紹介いたします。

マルチシグに対応している取引所


中でも筆者が特におすすめするのは「bitFlyer(ビットフライヤー)」と「Zaif(ザイフ)」です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerはセキュリティ面に関して言えば、業界No.1という評判がありますし、Zaifは、取扱銘柄も多く、積立投資も可能という取引所です。

ただし、bitFlyer(ビットフライヤー)は、取引の際のスプレッドが広いので、セキュリティが高いというメリット以上に、取引手数料が高いというデメリットがあります。手数料面ではZaif(ザイフ)の方が割安ですね。


マルチシグ(Multisig)のまとめ

マルチシグ(Multisig)について、対応している取引所も合わせて紹介しました。

仮想通貨は、その性質上、金額が莫大であっても一瞬で送金できるメリットがあります。

今回のCoinCheckのNEM流出問題では、マルチシグに対応していれば、避けられた可能性が高いだけに非常に残念な結果となりました。

今後、仮想通貨取引所は、マルチシグへの対応は前提となるでしょうし、金融庁の認可も、マルチシグなどのセキュリティ面の対応が重要になりそうです。

ビットコインをはじめとるす仮想通貨は、価格の乱高下が激しく、良い時もあれば、悪い時はとことん下落するという傾向があります。

仮想通貨の購入は、余剰の余剰、「なくなってもいいか」という程度の資金で行う事を強くおすすめいたします。

また、マルチシグに対応していれば100%安全というわけではありませんので、自分の資産は「 暗号通貨ハードウェアウォレット」などで守ることも重要だと思います。

参考になれば幸いです。



ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す