GMOメイクショップがEC事業者の補助金・助成金の選定から申請までサポートを実施


GMOメイクショップがEC事業者の補助金・助成金の選定から申請までサポートを実施

GMOメイクショップがEC事業者の補助金・助成金の選定から申請までサポートを実施

ネットショップ構築サービス「MakeShop(メイクショップ) byGMO」を提供するGMOメイクショップ株式会社は、EC事業者の安定した事業運営や労働環境の改善のために活用される補助金・助成金の申請支援体制を強化する事を発表しました。

MakeShop byGMOは、GMOメイクショップ株式会社が運営するネットショップ構築ASPサービスのことです。

2020年には年間総流通額がなんと「2,343億円」に達し、9年連続で業界No.1を獲得したサービスでもあります。

今回のGMOメイクショップの発表では、補助金の申請支援を行うサポート行政書士法人、助成金の申請支援を行うTRIPORT株式会社と2021年9月17日(金)に提携したとのことです。

個人ではなかなか申請などが難しい補助金制度ですが、Makeshopでは専門家のサポートを受けながら申請が可能となっています。

今回発表された支援内容は以下の通りです。

サポート行政書士法人による補助金申請支援

【支援内容】IT導入補助金をはじめとした各種補助金の申請支援
【対象】各種補助金の対象となるGMOメイクショップのサービスを新規に契約を行う事業者
【料金】IT導入補助金の申請支援:無料






TRIPORTによる助成金申請支援

【支援内容】対象となる助成金の選定から申請支援までワンストップで対応
【対象】GMOメイクショップのサービスを利用中の事業者
【料金】助成金診断:無料
    サポート費用:事業者様のニーズに応じて複数のプランを用意







Makeshopはどちらかと言えば法人、企業向け、BtoBに強いECカートサービスだと個人的に思っています。

Makeshopの詳細な情報についてまとめた記事がありますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。


Makeshop(メイクショップ)出店の評判とメリット・デメリット






ネットショップの多店舗展開では、 STORESBASE (ベイス)などのインスタントECサービスや、 カラーミーショップCafe24Shopify(ショッピファイ) などの自社ECサイトのほかに、 Amazonヤフーショッピング楽天市場などの国内三大モールと呼ばれるECモールに同時に出品する方法をいいます。

ネットショップは自社ECサイトだけでは売上を上げるのが難しいという問題がありますが、Amazonや楽天市場などに同時に出品する事で常時アクセスが多いECモールでの需要を取り込み、売上規模を拡大できるというメリットがあります。

ネットショップの多店舗展開についての詳細は以下のページに詳しくまとめておりますのでご興味のある方はご一読いただければ幸いです。


ネットショップの売上アップには多店舗展開は必要不可欠!多店舗出店をする理由とは?




また、多店舗展開には複数のショップを同時運営する必要がある為、GoQSystem のような一元管理システムの導入が必要不可欠となります。

ごくーシステムについてのメリットや機能などは以下のページにまとめております。


受注処理システムのGOQシステム(ゴクーシステム)の評判・メリット・料金・機能


また、多店舗展開に必要不可欠な受注処理システムについてもいかにまとめております。
多店舗展開の為のECサイト受注処理システムの徹底比較



Amazonで高い売上を作るためにはショッピングカートボックスの獲得が必要不可欠となります。

アマゾンでのカートボックス獲得方法は以下のページにまとめております。


【現役店長が教える】Amazonのカート獲得方法




楽天市場とAmazonの大型セールがほぼ同時に開催されている訳ですが、楽天市場とAmazonではどちらの方が食品ジャンルの商品が売れやすいかを、マーケティングツール「Nint(ニント)」を使って調査してみました。

こちらの記事では具体的な商材をピックアップして楽天市場とAmazonでのシェア比率や流通金額の比較を行っております。

楽天市場やAmazonで食品ジャンルの商品を販売されている方、もしくはこれから販売を予定されている方の参考になれば幸いです。


楽天市場とAmazon、生鮮食品はどちらが売れるのか?流通規模を分析してみた



Nint ニントの評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較




楽天市場への出店は初期費用と月額利用が必要となりますが、無料でネットショップを出店する方法もあります。

無料でネットショップを作れるサービスには、BASE (ベイス)のほかにSTORESCafe24などが あります。各サービスの詳細な情報は以下のページにまとめております。


BASE(ベイス)出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察



STORES出店のメリットと評判、機能のまとめ



Cafe24の評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較


また、同じく低コストのネットショップとして人気のあるShopify(ショッピファイ)とインスタントECサービスを比較した記事もございますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。

BASEとShopifyの手数料や機能を店長が徹底比較!どちらがおすすめ?



storesとShopifyの手数料や機能を店長が徹底比較!どちらがおすすめ?


BASEとCafe24、STORESとCafe24のサービスの比較については以下のページに詳しくまとめております。


無料ネットショップはBASEとCafe24のどちらがおすすめか?徹底比較してみた



無料ネットショップはSTORESとCafe24のどちらがおすすめか?徹底比較してみた



最後までお読みいただきありがとうございました。




令和最新!無料でネットショップを出店できる方法

令和になって改めて調査した結果、店長がおすすめする無料でネットショップを出店する方法を厳選して6つに絞りました。

この方法なら失敗しない出店ができると自信をもっておすすめできます。

【令和最新版】無料ネットショップのおすすめ6選!有料との違いを比較



売れるネットショップの極意メルマガ配信中!

売れるネットショップの極意メルマガを無料登録


店長のツイッターで「ガチ売れEC論」をツイート中!売れるヒントが毎日届く!

ネットショップを運営する上でのテクニックや知識などを現役店長がつぶやいています。

また、楽天市場とヤフーショッピングのデイリーランキングTOP3も毎日調査して発信しています。

是非ツイッターのフォローもお願いします!





最新のEC市場動向をLINEに配信中!


売れるネットショップの教科書のLINEアカウントでは、主にネットショップ運営に関する最新情報を週一回配信しています。
もちろん、LINEのフォローについても完全無料ですのでご安心ください。

フォローしていただいてもあまりご迷惑にならないと思いますので是非ともフォローしておいてくださいませ!

友だち追加


ネットショップの運営、開業でお困りの方は 遠慮なくどんな些細なことでもお尋ねくださいませ。




より具体的なネットショップの開業・運営に関するご相談については無料カウンセリングフォームをご用意しております。

こちらは店長のリソースが許す範囲ということで毎月3名様に限らせていただいております。ご質問いただければ時間頂戴しますが必ず回答いたします。

ネットショップ無料カウンセリングフォーム


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天市場のデイリーランキングでは  Dyson公式キャンペーン特設ストア  の「【45%OFF】【楽天市場限定セット】ダイソン Dyson V8 Slim Fluffy サイクロン式 コードレス掃除機 dyson SV10K SLM」が第一位を獲得した。




ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、  KOISAMA  の「【総合ランキング1位受賞】【血色不織布マスク】(17枚1パック×3)\2タイプ選べる/ 不織布 カラー 血色カラー 50枚+1 夏用マスク 不織布 送料無料 cicibella」が第一位を獲得した。



Amazon売れ筋ランキング

Amazon売れ筋ランキング

Amazonの各カテゴリーの売れ筋商品ベスト3を紹介します。Amazonで今何が売れているのかの参考になれば幸いです。





ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを低コストで出店するならカラーミーショップがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるサービスに「 BASE (ベイス) 」というサービスが人気がありますが、月商10万円以上のネットショップを目指すのであればカラーミーショップ の方がコストパフォーマンスが高くなるのでおすすめです。


ネットショップBASEとカラーミーショップの月商別手数料・コストを徹底比較


また、カラーミーショップはEC業界の中では、サポート体制が非常に充実しているのでショップ開設後も安心のサービスです。

ネットショップの電話サポートがある「カラーミーショップ」のサポート体制の種類と評判






売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す