インデックスとは(index)|ECサイト用語集


初心者でもわかるネットショップ用語

インデックスとは


インデックスとは(index)

インデックスとは

一般的なインデックスとは「索引」「見出し」の事をいいます。

インターネット上で使われる「インデックス」とは、索引データの意味で使われ、クローラーが収集したウェブページのデータを検索エンジンデータベースに格納することを「インデックスする」と呼ぶことがあります。

検索エンジンデータベースにインデックスされることで、ユーザーのキーワード検索時に、ウェブページが表示される可能性が高くなります。

このインデックスされたウェブページを、より検索結果の上位に表示させる施策を「SEO対策」と呼びます。

【参考】SEO対策とは

また、ホームページなどのウェブサイトで、トップページのHTMLファイル名を「index.html」にすることがありますが、この「index.html」はまさに「牽引・見出し」の意味でつけられる「index」です。

また、HTMLの表示ルール上、「index.html」はURLを入力する際に、「index.html」を省略することが可能です。

つまり、「hogehoge.com/index.html」 というトップページURLは「hogehoge.com」だけでトップページを表示させることができるというhttpの表示ルールがあります。

多くのウェブサイトで、トップページを「index.html」と命名するのは、そのためです。


SEOにおけるインデックス

SEO(Search Engine Optimization)における、インデックスの意味とは、検索エンジン対策の効果をより早期に実現させるためには重要な項目です。

ブログサイトなどで、公開した記事がGoogleなどの検索クローラーにインデックスされるまでには、通常であればある程度日数がかかります。

Googleにできるだけ早くインデックスしてもらう方法としては、Googleの提供するツール、「Search Console(サーチコンソール)」を利用した方法があります。

Search Consoleの「クロール」のなかに「Fetch as Google」というメニューがあります。

Serch Consoleの使い方については、多くの方がより詳しく紹介しているので割愛しますが、「Fetch as Google」を使えば、最短で即日ウェブページをインデックスすることが可能です。

インデックスとは


ECサイトにおけるインデックス

ECサイトやネットショップにおける、インデックスについては、ブログの記事と同じく、新しく追加した商品ページをGoogleなどの検索エンジンにインデックスさせることが商品露出において重要なポイントです。

自社ECサイトの場合は、通常のウェブサイトと同じく、SearchConsoleを利用して、商品ページURLをGoogleにインデックスさせる「Fetch as Google」の機能が有効です。

楽天市場やAmazonなどのショッピングモールでは、そもそも商品ページをインデックスさせるというのが、手動では行えない為、登録された商品ページが、各モールのデータベース上に登録、インデックス化されるのを待つ必要があります。

よほどデータベースに不備の状況が起こっていない限りは、24時間以内に新規商品ページは各モールのデータベース上にインデックスされるはずです。

ただし、モールの場合、商品ページがインデックスされることと、キーワード検索で上位表示されることは全く別の問題となります。

Amazonの場合、ニッチな商品や、オリジナル系の商品であれば、Amazonセラーセントラル上の商品の詳細情報内にある「キーワード」のタブメニュー「キーワード」、「検索キーワード」に設定したキーワードが重要となります。

インデックスとは

ただし、Amazonでは、型番商品などは一つの商品(JANコード/ISBNコード)に対して商品ページは「1つ」というルールがあるため、検索対策があまり有効ではない場合もあります。

また、楽天市場やヤフーショッピングなどの店舗出店型のモールの場合は、各モールのSEO対策が重要となります。

【参考】[2018年最新]現役店長推薦の楽天SEO対策における商品名の攻略法


インデックスについてのまとめ

インデックスという用語について、SEOの観点とECサイト、ショッピングモールにおけるインデックス、商品ページ情報の登録についてまとめてみました。

自社ECサイトであれば、SEOの観点のインデックスが有効ですが、楽天市場などのモール系の商品ページであれば、モール内のインデックスよりも検索対策、モールSEO対策が重要となります。

また、同じショッピングモールでも、楽天市場とAmazonでは商品ページの構造が異なるため、インデックス後の商品露出は、楽天市場なら楽天SEO対策、Amazonならスポンサープロダクト広告などの施策が有効となります。

ECにおける商品ページ、ネットショップのインデックスについては、それぞれの売場毎にインデックスの重要度がことなりますので注意してください。

特に自社ECサイトの商品ページのインデックスは、商品ページの露出難易度も高いですので、リスティング広告などの利用も同時に検討することをおすすめします。

参考になれば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す