DEXとは(分散型取引所)意味 メリット


初心者でもわかるネットショップ用語

DEXとは(分散型取引所)意味 メリット


DEXとは(分散型取引所)

DEXとは(分散型取引所)

DEXとは、分散型取引所のことで、特定の中央管理者のいない取引所のことです。

DEXとは、Decentralized EXchange(ディセントラリゼッド・エクスチェンジ)の略称です。

主に仮想通貨を取引する取引所を指します。

DEXが分散型取引所であるのに対して、中央集権取引所という一般的に仮想通貨を管理する企業が運営する取引所が存在します。

中央集権取引所の具体例としては、bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)などがあります。

次に、DEXの機能、役割とDEXのメリットについて解説いたします。


DEXの機能とメリット

DEXとは(分散型取引所)

DEX(分散型取引所)については、中央集権取引所と異なり、中央管理者が存在しないことが重要なポイントです。

DEX(分散型取引所)の主なメリットとしては、仮想通貨の秘密鍵を自分自身で管理するため、中央集権取引所のようなセキュリティ面でのリスクが軽減されるというメリットがあります。

DEX(分散型取引所)の機能としては、個人間での仮想通貨の取引が挙げられます。

またDEXの他のメリットとして中央集権取引所のような売買手数料が不要であるという点も大きなメリットと言えます。

DEX(分散型取引所)についてのデメリットとしては、流動性の低さゆえに、取引があまり活発化していないという点があります。

また、仮想通貨の取引ができるペアが少ないというデメリットもあります。

そういった意味では、DEXはまだまだ過渡期であり、中央集権取引所に比べると利用者も少ない状況にあると言えます。


DEXについてのまとめ

今回は、仮想通貨の取引所として、中央集権取引所からDEX(分散型取引所)への期待が高まっていることもあり、DEXについて紹介いたしました。

現在日本における仮想通貨は、中央集権取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)などに対して金融庁からの業務改善命令などによって、非常に難しい局面にあると言えます。

ただし、ブロックチェーン技術は、様々な業種、業界での活用が期待され、新しいサービスなどが開発され続けていますから、まだまだ期待できる分野であることは間違いないと思います。

EC市場、ネット通販市場においても、一時期は、ビットコインやモナコインによる仮想通貨決済の流れが加速すると思われていましたが、キャッシュレスへ向けた流れはもう少し先になりそうな状況です。

日本では仮想通貨事情は少し停滞期に入っていますが、海外ではどんどん新しい技術が生まれていますので、今後ネット通販の決済方法として仮想通貨決済、それも価値変動がないステーブルコインなどを利用した形での実現は期待できると思います。

ネットショップにビットコインなどの仮想通貨決済を導入されたいという方は、以下のページに方法などをまとめていますので参考にしていただければと思います。


ECサイトにビットコイン決済など仮想通貨決済を導入する方法

今回の記事の内容が、DEX(分散型取引所)について調べられている方の参考になれば幸いです。




ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す