ビジネスにおけるボトルネックとは 意味(bottle neck)|ECサイト用語集


初心者でもわかるネットショップ用語

ビジネスにおけるボトルネックとは 意味(bottle neck)


ボトルネックとは(bottle neck)

ボトルネックとは

ビジネスシーンやマーケティング用語として使われる「ボトルネック」という言葉があります。

ビジネスにおけるボトルネックとは、ある作業や仕組みが、パフォーマンスが著しく低下する箇所、またはキャパシティが低く能力や作業効率などが落ちる部分のことを意味します。

ボトルの形は、ビンの下の方は広く、入口(ネック)にいくほど、狭い形状になっているため、ボトルから液体を出す際には、一定の量以上は出ないようになっていることを模して「全体のパフォーマンスを著しく低下する場所」をボトルネックと言う言葉を使って表現しています。

利用方法としては、「この企画のボトルネックとなっているのは●●だ」のように、全体の成果、成績に対して、成果を低くしている一部要因を特定して「ボトルネック」と表現することがあります。

今回は、主に、EC市場におけるボトルネックという言葉が使われるシーンと、ボトルネックの解消方法などを解説していきます。


ボトルネックの解決法

ボトルネックとは

ボトルネックは、全体の結果、成果にたいして、一部の要因が処理能力の低減などが起こっている際に使われる言葉であることは先ほどご説明いたしました。

では、ボトルネックとなっている問題が発生した際に、ボトルネックを解消、解決する方法とは一体どんな方法があるのでしょうか?

もちろんのこと、ボトルネックとなっている内容によって、対処方法はことなりますが、まずは、全体の成果に対して、ボトルネックとなっているポイントが具体的にどのような処理能力、スピードの低減が起きているのか、事実確認を行う事が先決だと思います。

例えば、ネットショップの注文が殺到した場合、注文の処理が追いつかず、出荷遅延が発生しているという場合を例にあげてみます。

この場合、「出荷遅延」を解消することが重要ですが、出荷遅延のボトルネックとなっているのは「注文の処理が追いついていない」ということになります。

ネットショップによっては、楽天市場 なら、注文の処理をバックヤードシステムであるRMSで行っていると思います。

注文数が少ないうちは、あまり気にならないかもしれませんが、一日あたりの注文数が100件以上になると、ある程度「システム化」した「受注処理マニュアル」のような作業ルールが必要となります。

普段は一日あたり10件程度しか注文がないため、比較的のんびりと受注処理できる店舗さんの場合でも、楽天スーパーセールなどの大セールイベントの際には、注文数が3倍以上になるケースも良くある事例です。

注文が増えた際に、いつもと同じような注文の処理の流れを作っておくことで、この出荷遅延の原因となるボトルネックは解消できるでしょう

次に、EC市場における、よくあるボトルネック事例についてご紹介いたします。


EC市場におけるボトルネックについて

ボトルネックとは

EC市場で、よく起こるボトルネックの事例としては、「人手不足」「システム未対応」などによる処理能力の低下があると思います。

当店では、楽天市場 をはじめ、Amazon、Wowma!(ワウマ)ヤフーショッピング など複数のインターネットショッピングモールに多店舗展開を行っています。

各売場ごとに、売れる商品もことなり、注文数も楽天市場が最も多く全体の50%、その他のショッピングモールが残りの半分といった割合で注文が入ります。

ネットショップを多店舗展開していると、楽天市場はRMS、ヤフーショッピングはストアクリエイターPro、Amazonならセラーセントラルとバックヤードシステムがすべて異なり、注文の処理を各バックヤードで実施していては時間と手間、人手が必要となります。

売上が少ない店舗さんによくあるのが、こうした多店舗展開の対応のために、人手を増やし、固定費があがり、結果として売上以上の固定費がかかって、ネットショップを退店、廃業してしまうというケースです。

このケースのボトルネックは、確実に「受注処理の効率化ができていないこと」になりますから、受注連携システムを導入することで解消することが可能となります。

受注連携システムについては、以前筆者が最新のシステムのスペックや費用を調査し、比較した記事がありますのでこちらも参考にしてみてください。



ネットショップ、EC市場におけるボトルネックは、往々にして、人手不足によるものや、システム対応していないことによるケースが多いと感じています。


ボトルネックのまとめ

今回は、ビジネスシーンや、マーケティング用語として使われることがあるボトルネックと言う言葉について意味と解消法などをご説明いたしました。

EC市場は、現在では国内市場規模が16兆円規模にまで成長している、非常に活気のある業界ですが、慢性的な人手不足の問題は未だ解決できていません。

ネット通販市場が盛況になればなるほど、物流面での負担は増え、物流業界でも人手不足が慢性的に起こっているため、EC市場が伸び悩む要因となっています。

ネット通販市場におけるボトルネックは、物流面のコスト問題が今最も重視されている問題です。

当店でも2017年10月から、物流コストが大幅に上がり、商品によっては、2000円以上の送料値上げとなり、売上が半減するという厳しい店舗運営状況に陥っています。

ネットショップごとに、問題となるボトルネックはことなりますし、解消方法もまた異なります。

ネットショップの運営でお困り事があれば、いつでも当サイト、売れるネットショップの教科書までお気軽にご相談くださいませ。

ネットショップの相談やご質問については、完全無料でご相談いただけますのでご安心くださいませ。

今回の記事の内容が、ボトルネックについて調べられている方の参考になれば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す