NETSEAとは(ネッシー)|ECサイト用語集


初心者でもわかるネットショップ用語

NETSEAとは(ネッシー)


NETSEA(ネッシー)とは

NETSEA(ネッシー)とは

NETSEA(ネッシー)とは、一言で言えば「卸系オンラインサイト」のサービスを提供するサイトです。

主に小売店や個人事業の方が、自分の店舗で販売するための商品を問屋、卸売を行う企業から仕入れることができるオンラインサイトです。

NETSEA(ネッシー)を利用するには、無料の会員登録が必要です。

今回は、卸系ショッピングモールとも言うべき、NETSEA(ネッシー)について、現役NETSEA出店者が、特長なども合わせて解説していきたいと思います。


NETSEAの特長

NETSEA(ネッシー)とは

NETSEA(ネッシー)の特長としては、会員制オンラインサイト、クローズドサイトであるという点です。

ネッシーの目的としては、商品を仕入れたいユーザー(バイヤーと呼びます)と、商品を卸売したいユーザー(サプライヤーと呼びます)の双方をNETSEAの中でマッチングさせることにあります。

NETSEAの歴史は意外に古く、2006年に当時の運営母体であった株式会社DeNAがサービスをリリースしたことが始まりです。現在2018年ですから、約12年前に開業されたサービスですね。

数年前まではNETSEAの会員登録について、個人の方でも登録することができたのですが、現在は、法人、個人事業主以上のビジネスユーザー限定で会員登録が可能となっています。

NETSEAネッシー攻略法

NETSEAでは、主なセールイベントとしては、「ゲリラセール」というイベントがあり、ネッシーの中ではゲリラセールが最も商品を露出できる企画と言われています。


NETSEA(ネッシー)の会員の種類

NETSEAに会員登録を行う際には、商品を卸す出品者としての「サプライヤー」と、商品を仕入れる「バイヤー」としての登録の2つの会員の種類があります。

NETSEA(ネッシー)とは

サプライヤーとは

サプライヤーとは、NETSEAの中では、商品を販売、出品する側の「卸問屋」「卸企業」のことを指します。

NETSEAでは、オンラインサイトのルール上、販売価格は、バイヤーのみにしか表示されません。

消耗品などの型番商品を出品する場合、他の店舗からすでに同じ商品が販売されている可能性があります。

NETSEA(ネッシー)のモール内での価格比較や検証を行うために、サプライヤーで出店する場合でも、「バイヤー」の会員アカウントを取得することをおすすめします。


バイヤーとは

NETSEA(ネッシー)におけるバイヤーとは、商品の仕入れ、購入を希望するユーザーの事を指します。

バイヤーの登録、NETSEAの利用には一切の費用はかかりません。

バイヤーのアカウントを登録すれば、NETSEA内での商品の販売価格、卸価格を確認することが可能です。

NETSEAは会員登録していないユーザーには、卸価格は表示されませんので、必ず会員登録を行うようにしましょう。

また、NETSEAでは、個人の方の登録は審査に通らない可能性があります。

BtoBのオンラインショップですから、法人、もしくは個人事業主以上でなければ会員資格はありませんので注意しましょう。



ネットショップの商品の仕入れ先について

EC市場の拡大が続いていることもあり、ネットショップの出店者は年々増えている傾向にあります。

自社の商品などを持っている店舗であれば、商品の供給にはあまり困ることはないかもしれませんが、商品自体を持っていない状態から「ネットショップを開業する」というケースも増えてきています。

在庫を持たないネット販売の手法として、「ドロップシッピング」というネット販売の方法があります。

【参考】ECサイトのドロップシッピングと方法|ECサイト用語集

ドロップシッピングを利用すれば、ネットショップ出店者は、商品の在庫を持つリスクなしで、注文が入った商品については、商品を保有するメーカーなどに発送依頼を行う事で、商品をメーカーから直送することができます。

ドロップシッピングは、手軽にネット販売の商品を増やすことができる反面、同じように商品をドロップシッピングで販売している競合店舗がいると、価格競争に陥りやすいというデメリットがあります。

NETSEA(ネッシー)以外の商品の仕入れサービスとしては、もしもドロップシッピングなども人気が高いサービスです。

他にも大手では、TopSellerというサービスもネットショップで販売する商品をドロップシッピング形式で販売可能です。

商品の仕入れ先の参考になれば幸いです。


NETSEAについてのまとめ

NETSEA(ネッシー)は、EC市場が規模を拡大させている昨今において、商品の仕入れ先の候補としては、日本最大級の卸ショッピングモールです。

他の商品仕入れサービスを利用するのであれば、まずは、老舗的な卸サイトである、ネッシーに会員登録して、どんな商品が仕入れられるのかを調査するとよいでしょう。

また、商品を提供する「サプライヤー」としての出店の場合も、会員登録は必要となります。

ご自身が出品する予定の商材、商品がネッシーの中では、どれくらいの数が出品されているか、また販売価格はいくらぐらいかを確認して、事前シミュレーションを行えば、出店後の失敗のリスクを軽減できると思います。

参考になれば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す