無料出店できるモールとは?ヤフーショッピングとWowmaがオススメな理由とは?


ショッピングモール出店が無料で!?ヤフーショッピングとWowmaがオススメな理由とは?

モール無料出店

先日は、自社ECサイト・本店ネットショップについて、売れるネットショップにする方法は何かをご紹介いたしました。

【参考】自社ECサイト・本店ショップを売れるネットショップにする方法とは


ただ、先週の回答では、自社ECサイトだけの運営にこだわらず、ショッピングモール出店による集客効果を期待して 売上アップを狙いましょうというご説明で終わっていたかと思います。

先週のブログを見て、ひとりの方からこんな質問が寄せられました。

『自社ECサイトだけで、売上を作る方法はないのでしょうか?』

自社ECサイトだけで、売上を作る方法も、無いわけではありません。

ただ、自社ECサイトだけである程度高い売上を作るには、 もちろんのことですが販売する商品によっても変わってきます。

オリジナル商品であれば、自社ECのみでも高い売上を目指す方法はありますが、 日用品や消耗品などの型番商品を販売しているECサイトの場合は、10年前ならまだしも、現在は自社ECだけでは非常に難しいと思います。

型番商品は、いわゆるメーカー製造の商品、言い換えれば、他の誰かが既に販売している商品である可能性が高い商品です。

当然ながら、型番商品というのは「価格比較」が最優先で行われる商品ですから、 価格が安い店舗、ネットショップから購入されることになります。

その上でもうひとつ、型番商品の傾向としては、

『ユーザーが普段使っている場所で探されやすい傾向がある』

という点です。

これは、例えば普段から楽天市場で商品を購入する人なら、まず最初に『楽天市場のなかで検索、比較する』傾向にあることを指します。

Amazon.co.jpで普段買い物をする人なら、最初に『Amazonのなかで、日用品、消耗品を検索、比較する』ことになるでしょう。

普段探している場所、ショッピングモールやネットショプで、お目当ての商品がなかった場合には、 次に行う行為としては、『GoogleやYahooなどの検索エンジンから探す』という流れになるかと思います。

もちろん、楽天市場→Amazon→Yahooショッピング などモール間で商品を検索するユーザーもいます。

最初の場所でお目当ての商品が出てこない、という可能性は、型番商品の場合非常に低いと言えます。

自社ECサイトで型番商品を販売している店舗は、このモール上での最初の検索ではすでに参加権がないわけで、 勝負をGoogleからの検索、SEO対策にかけていたとしても、その戦場までたどり着く前に勝負が決まってしまうという状態にあります。

これは、非常に残念なお話ですが、現実です。

汎用品や消耗品を自社ECサイトで売る方法は、モール、総合商社系ECサイト、ドラッグストア系ECサイト、スーパーマーケット系ECサイトなどの 検索の後に、ようやく訪れることになります。

型番商品なら、モールで販売したほうが良いという点についてもご理解いただけたのではないでしょうか?

ただし、必ずしもモールで販売することがベストというわけではなく、 モールで売ることで、ユーザーの認知を獲得しやすいという意味合いがあることも合わせてご理解いただければと思います。

そこで、今回ご紹介する二つのショッピングモール、「ヤフーショッピング」と「Wowma!」の出番がやってくるわけです。

ヤフーショッピングは、2013年から、ショッピングモールへの出店固定費を全て無料化しました。

出店初期費用や月額利用料が必要だった2013年以前は、ヤフーショッピングはたいした集客力も販促イベントもありませんでした。

それこそ、その頃は、ポンパレモールの方が勢いもあったような時代です。

今では出店店舗数も流通額も逆転していますが、ポンパレモールにも売れる時代がありました。

ヤフーショッピングのメリットとしては、「顧客のメールアドレスがマスク化されないこと」が挙げられます。

「チョット何言ってるかわからない」

と思われる方もいらっしゃると思いますので、インターネットショッピングモールというものについて簡単にご説明いたします。

楽天市場やAmazonなどのショッピングモールでは、注文者情報のうち、 メールアドレスは、「暗号化」されています。

楽天市場なら hogehogexyqzosigo@pc.fw.rakuten.ne.jp
Amazonなら hogehogexoiwmdugio@marketplace.amazon.co.jp

といった具合に、注文者の本来のメールアドレスが分からないようになっています。

そのため、モールで受けた注文に関しては、モール内での販促活動のみしか利用できません。
メールマガジン、メルマガなどがその代表的な囲い込み施策です。
楽天市場の注文者へ、販促メールを送信する場合に、「外部リンク」等の掲載が禁止されていることもあり 楽天内で得た顧客情報は、楽天市場のみで有効となる仕様になっています。

ヤフーショッピングはこの点が、「販促活動自由」と明言している通り、 顧客のメールアドレスは、正規のアドレスのまま注文者情報に記載されています。

また、ヤフーショッピングは、自社ECサイトなどへの外部リンクも正式に許可している珍しいショッピングモールです。

モール無料出店

ヤフーショピングで獲得した顧客に、自社ECサイトのメルマガを送信する方法をモール自体が許可しているわけです。

これが、店長が自社ECサイトとモールの多店舗展開を推奨する理由のひとつです。

もうひとつ、出店の初期費用と、月額利用料が約1年間無料のWowmaというショッピングモールについて。

こちらは、注文時のメールアドレスは、暗号化されているため、ヤフーショッピングのような 外部サイトへの集客施策は利用できません。

Womwaの注文者のメールアドレスは hogehotexouemoisoa@x.wowma.jp

という表記になっています。

Wowma!がなぜおすすめのショッピングモールなのかという点については、 モールが主体となって行う販促費用の大きさが挙げられます。

WowmaはKDDIコマースフォワードというKDDIグループの会社が運営しているショッピングモールです。

携帯キャリアの「AU」が主な集客対象となっているショッピングモールで AUユーザー約3800万人が見込み顧客というわけです。

販促の規模感は非常に大きく、2017年11月にはAUのイベントである 「三太郎の日」をWowma上で行った実績もあります。

【参考】Wowma(ワウマ)激売!完売御礼!三太郎の日の勢い凄すぎ!


その当時、先着限定ですが、2000円以上の購入で使える1000円割引クーポンを Wowmaが負担する形でクーポン発行していたことも印象的でした。

自社ECサイトと無料系ショッピングモールの両輪で店舗運営を行う。

これが、店長がおすすめする、店舗運営スタイルです。

ただし、自社ECサイト同様、ヤフーショッピングもまた、売れるネットショップにするにはそれなりの難易度をクリアしなくてはなりません。
Wowmaも同様に、ある種のコツやノウハウが必要となります。

ヤフーショッピングに出店を検討される方には、以下のページを出店前に確認していただければ、 失敗することなくヤフーショッピングに出店できると思いますので参考にしてください。

【参考】ヤフーショッピング攻略法(1)Yahooショッピングに出品する前に行う3つのこと


Wowma!に関しても同様に、出店前にやるべきことをまとめました。

【参考】Wowma攻略法(1)Wowma(ワウマ)に出店する前に行う3つのこと


以上となります。

参考になれば幸いです。

ネットショップの運営、開業でお困りの方は 遠慮なくどんな些細なことでもお尋ねくださいませ。

現在、非常にたくさんの方から、ネットショップの運営に関するご質問やお問合せをいただいております。 多少お時間はかかりますが必ずお返事させていただきますのでお問合せいただいた方は今しばらくお待ちくださいませ。



より具体的なネットショップの開業・運営に関するご相談については無料カウンセリングフォームをご用意しております。

こちらは店長のリソースが許す範囲ということで毎月3名様に限らせていただいております。ご質問いただければ時間頂戴しますが必ず回答いたします。


本日の情報が読者の方の参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。


今日の釣果
「今日の釣果」とは、筆者が運営しているネットショップの売上目標を「年商10億円」に設定し、その目標を達成するまでの進捗状況を公開することで、本当に年商10億円を達成しようというブログです。年商10億円をネットショップのみで売上達成させる日までブログを更新し続けていきます。

年商10億円を達成するためには、平均月商8,400万円の達成が必要です。
楽天市場をはじめ、Yahooショッピング、Amazon、ポンパレモールなどのモールでの販売における日々の気づきや売れ筋の商品などの情報を公開していきます。

ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「俺は今なんだよ!!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


現在の年商(直近1年間の売上総額)

2億7263万1786円

直近1年間の月次売上

2017年12月¥16,619,471
2017年11月¥13,753,050
2017年10月¥12,002,830
2017年9月¥21,494,032
2017年8月¥26,625,083
2017年7月¥37,671,561
2017年6月¥29,834,215
2017年5月¥22,986,507
2017年4月¥24,806,553
2017年3月¥25,416,226
2017年2月¥20,923,165
2017年1月¥20,428,399


本日までの釣果|月次売上

¥11,741,675

今日の釣果

年商10億円のための月次目標達成率(目標月商:8,400万円)

14%


今月の主要モールの受注件数

2018年1月22日(月)



本日の主要モールのイベント状況

楽天市場 楽天市場では、1月19日(金)10:00~1月22日(月)9:59まで開催されていた「スーパーポイントDAY」が終了した。毎日○○DAY!の企画として本日は「新生活応援DAY」のイベントを開催。卒業、新入学シーズンを目前に、新生活の需要も先取りする企画。
Amazon Amazonでは「バレンタイン特集2018」の特設ページを公開。ブランドチョコレートから、義理チョコ・友チョコ、手作りチョコレートの材料やレシピ本から、チョコレート以外のギフト商品も紹介。
ヤフーショッピング ヤフーショッピングでは、ヤフープレミアム会員限定のイベント「プレミアム会員セール」を1月22日(月)0:00~1月25日(木)23:59まで開催。
ポンパレモール ポンパレモールでは、ゲリラセールが昨日で終了した。現在は「バレンタイン特集」の企画ページを公開中。
Wowma! Wowma!では、2018年の3月末まで、Wowma出店初期費用、月額利用料が無料のキャンペーンを開催中。Wowma!出店の詳細はこちら
その他の情報 レオパレス21は1月19日に、同社物件に導入している「LeoRemocon(レオリモコン)」が、Amazonが提供するAIスピーカー「Amazon Echo」に対応したことを発表。レオリモコン導入物件は、音声による家電操作が可能になった。

今日は何の日?【1月22日】

◆ジャズの日
…東京都内の老舗ジャズクラブ「バードランド」「サテンドール」「オールオブミークラブ」のオーナーらによる「JAZZ DAY実行委員会」が2001年から実施した日。

◆カレーライスの日
…1982年の1月22日、全国学校栄養士協議会で1月22日の給食のメニューをカレーにすることに決められ、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたことに由来する日。

◆飛行船の日
…1916年の1月22日に、初の国産飛行船である陸軍の「雄飛号」が、所沢~大阪で実験飛行を行った日に由来。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天市場では、楽天ブックスの「ももいろクローバーZ 10周年記念BEST ALBUM (初回限定 -モノノフパックー) (仮) [ ももいろクローバーZ ]」が第一位を獲得した。第二位には松屋フーズの「【1月20日10時~】12,000円→6380円 エントリーで1200ポイントや、ランク別最大10倍も!牛めしの具~プレミアム仕様~」がランクイン。人気商品が約半額でセールされたことで注文が集中した模様。



ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、ランキング常連の「iPhone充電ケーブル」が第一位を獲得した。本日のデイリーランキングでも麺類のお試し商品が多数ランクインしていた。


Yahoo!検索ワードランキング

ヤフー検索検索ワードランキング



ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す