初心者でもわかるネットショップ用語|SEMとは?SEOとの違い

92 views
初心者でもわかるネットショップ用語

SEMとは?【Search Engine Marketing】

SEMとは、Search Engine Marketing(検索エンジン・マーケティング)の略で、検索エンジンから特定のウェブサイトへの訪問者を増やすマーケティング手法のこと。

SEMは、検索エンジン経由でのウェブサイト訪問者数を増やす手法のことで、 SEMの方法として、リスティング広告を利用することや、SEO(検索エンジン対策)を実施することなどが含まれる。 また、SEMは「ウェブマーケティング」の手法のひとつとして考えられる。




SEMの手法

SEM(検索エンジンマーケティング)の手法として、
大きく二つの手法があります。

ひとつは、「SEO」で検索エンジン対策と呼ばれる
GoogleやYahoo!でのキーワード検索時に、
ウェブサイトと上位表示させるための手法です。

もうひとつは、「リスティング広告」と呼ばれる
GoogleやYahoo!などの検索時に、連動して表示される
クリック課金型の広告があります。

リスティング広告に関連するものとして「PPC広告」があります。

PPC広告とリスティング広告の違いは、リスティング広告が検索連動型なのに対し、
PPC広告は、検索連動とは限らず、クリック単位(Pay Per Click)での支払の意味になります。

SEOとリスティング広告について簡単にご説明いたします。

1.SEOとは(Search Engine Optimization)

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、
検索エンジン最適化対策のことを言います。

SEO対策は、基本的には「Googleの検索対策」を意味します。
以前は、Yahoo!の検索エンジンは、独自の検索エンジンをもっていたため、
SEO対策は、Google向けの対策と、Yahoo!向けの対策の二つの対策が必要とされていました。

現在は、Yahoo!検索の場合でも、検索エンジンは「Google」の検索エンジンと同じ仕組みになっているため SEO対策といえば、Googleの検索対策を指します。

SEO対策とは、ユーザーがGoogleやYahooからキーワード検索を行った時に、
いかに1ページ目の上部に自分のウェブサイトを表示させられるかということを目的として
ページの最適化を図る対策のことを言います。

具体的には、コンテンツの質と量を意識して、
ライティングを行うことと、ウェブサイト構造の最適化、
HTMLの適正な構造化を実施することがSEO対策の基本と言われています。

SEO対策は、リスティング広告と異なり、やり方次第では費用をかけることなく
検索上位表示を行うことが可能です。

ただし、SEOは効果が表れるまでに非常に時間がかかるというデメリットがあります。


2.リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでの
ユーザーの検索結果に対して、検索結果に連動して表示される広告のことを言います。

リスティング広告は、SEOと異なり、選定したキーワードに対して
即時に上位表示させることができる点が大きなメリットです。

Google検索時におけるリスティング広告とSEOの表示

リスティング広告とSEOの違い

リスティング広告のデメリットとしては、
Googleなどの検索結果に対して、
上部表示が「広告であること」にユーザーが慣れてきているため、
リスティング広告による表示の場合、クリック率が非常に低いという点です。

リスティング広告の種類と違い

リスティング広告は、検索連動型の広告であると
先ほど説明しました。

リスティング広告が掲載される場所として
GoogleとYahoo!があります。

Googleが提供している「GoogleAdWords(Googleアドワーズ)
Yahoo!が提供している「Yahooプロモーション広告

この二つのリスティング広告について
簡単に説明いたします。

GoogleAdWords(Googleアドワーズ広告)

Googleアドワーズを利用すると、Googleをはじめ、gooやBIGLOBEなどの
検索エンジンの検索結果ページに表示させることができます。

Googleアドワーズのメリットとしては、検索エンジンとしては
Yahooの検索エンジンもになっているGoogleの精度の高いシステムを
利用した、きめ細かい広告設定が可能という点にあります。

GoogleAdWords(Googleアドワーズ広告)



Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!JAPANでの検索結果ページを中心に、日経ネットやエキサイトなどの検索結果に表示されます。
日本国内においては、GoogleよりもYahoo!JAPANの方がページビューが高いため、
Yahooの検索を利用するユーザーが多い傾向にあります。

Yahoo!プロモーション広告でリスティング広告を出すには
「スポンサードサーチ」というサービスを利用することになります。

Yahoo!プロモーション広告



SEMとSEOの違い

SEM(Search Engine Marketing)と
SEO(Search Engine Optimization)の違いについて。

その考え方という意味では、
SEMの手法のひとつとして、SEOがある
といえばわかりやすいかと思います。

SEMとSEOの違い

また、SEMの定義としては、
特定のウェブサイトに対して、
キーワード検索によるユーザーの訪問を促す方法を
総じて「SEM」と呼びます。

SEMを実現させる方法として、
検索エンジンの上位表示対策である「SEO」を実施することや
GoogleアドワーズやYahooプロモーション広告などの
「リスティング広告」を利用することにより
即時上位表示を行う方法があります。

リスティング広告のなかには、
検索連動型広告、ディスプレイ広告、動画広告やアプリ広告などが含まれています。

SEMは、ウェブマーケティングを考える際の手法のひとつでもあります。


SEMに便利なツール

SEMを実施する際に、非常に便利なツール、サービスがありますので
いくつかご紹介いたします。

基本的に無料で使えるツール、サービスですが、
より高度な機能を利用したい場合は、有料版を使われることをおすすめします。


キーワード毎のサイト順位を知りたい

SEM、主にSEO対策を実施する際に便利なサービスが
「SEOチェキ!」というウェブサービスです。

SEOチェキ!

対象のウェブサイトについて、
入力したキーワードの順位が何位かを確認することができます。




SEO対策するキーワード候補を知りたい

対象のウェブサイトにSEO対策を実施する際、
どんなキーワードが候補になるのかを調べる方法としては、
Googleの検索窓にキーワードを入力して「スペース」をあけると
Googleのキーワードサジェストが表示されることはご存じだと思います。

検索結果の例

この際、キーワード候補として確認できるのは、
「10キーワードまで」しか表示されていません。

キーワードに対して、もっと多くの検索候補となる
キーワードを確認したい場合に便利なサービスが
「グーグルサジェストキーワード一括DLツール」です。

グーグルサジェストキーワード一括DLツール

筆者もよく利用していますが、キーワードを入力することで、
入力したキーワードに対する、ミドルキーワード、スモールキーワードの候補を
1回の操作で表示することができます。

更に、表示させたキーワード候補を、CSV形式で一括ダウンロードできる点も非常に便利です。

キーワード事のボリュームまではこのツールではわかりませんが、
SEO対策を実施していく上で、ユーザーが検索しているキーワードのパターンがわかるため
非常に役に立ちます。




ウェブサイトの順位を継続的に調査したい

SEOツールラボというサイトで提供している、SEO/SEMツールで
「GRC」と呼ばれているツールです。

GRC

GRCは対象となるウェブサイトが検索エンジン(Google/Yahoo/Bing)で
入力したキーワードで、サイトの順位を調査し、順位の変動履歴を記録することができます。

無料で使える検索順位調査ツールとしては、筆者の感想ですが、一番便利だと思います。
無料版には、検索対象URLが1つ、キーワード候補が20キーワードまでですが、
無料版でも十分に役立ちます。

また、有料版といっても、年間1万円程度で非常に多くのキーワードのチェックができるため
リーズナブルなツールだと思います。




競合サイトのアクセス数を知りたい

これもSEMを実施する際に気になるポイントだと思います。
SEO対策を行って、対象キーワードで自分のウェブサイトがGoogleの1ページ目に表示されるようになるまでには
非常に長い時間と、キーワードチューニング、ページメンテナンスが必要となります。

その間、対象キーワードですでに、1ページ目上位に表示されているウェブサイトが
どのくらいアクセス数、ページビューがあるのかは気になりますよね。

大まかではありますが、競合サイトの月間PV数を確認できるウェブサービスとして
「SimilarWeb(シミラーウェブ)」というサービスサイトがあります。

シミラーウェブ

ウェブマーケティングを行う際に、事前に競合調査を行うことは非常に重要です。





SEMのまとめ

SEMについて、SEOとリスティング広告を中心に
ご紹介してきました。

SEMを効果的に行うために様々なツールやサービスが
存在していることもお分かり頂けたかと思います。

リスティング広告には費用がかかりますが、
まずは、ウェブマーケティングの実施として
市場調査、競合調査から始められるといいと思います。

参考になれば幸いです。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

10億店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す