10月21日は「あかりの日」。電気と仮想通貨とネットショップについて考えてみる

323 views

10月21日は「あかりの日」。電気と仮想通貨とネットショップについて考えてみる

あかりの日

10月21日は「あかりの日」です。

1879年10月21日に、トーマス・エジソンが「白熱電球」を発明した日に由来し、照明関連3団体(日本照明工業会・日本電気協会・照明学会)が
設立した「あかりの日委員会」が制定しました。

【参考】あかりの日公式サイト


白熱電球は「エジソンの発明」と一般的に思われているのですが、実はエジソンはすでに世に存在していた「白熱電球」を「改良」することに成功した人なのです。

白熱電球自体は、イギリスの物理学者「ジョゼフ・スワン」という人です。

エジソンは日本、それも「京都」にもゆかりのある人物で、実用性のある白熱電球への改良に際して、京都八幡の竹をフィラメント(電球内の糸状の構造)に利用した功績があります。

京都の嵐山にある「法輪寺」には、電気・電波の祖神を祀る鎮守社として「電電宮」が奈良時代につくられました。
電電宮は、幕末時代に一度焼失していますが、昭和44年に電気・電波関連会社により、再建され、現在の形となりました。

電電宮

店長も何度か電電宮に足を運んだことがありますが、鳥居には日本を代表する電気・電波の事業者の名前がズラリ。近くにある電電宮護持会員の一覧にも有名企業の名前が。

電電宮

テレビ関係の放送局や、家電メーカー、IT関連事業まで幅広くよく見知った名前の鳥居がありました。

そんな電電宮のそばにある「電電塔」にエジソンの功績を称えた肖像があります。

電電宮


電球の発明については、ジョセフ・スワンからエジソンへの流れで広く普及する白熱電球が生まれたことはおわかりいただけたと思いますが
「電気」ってそもそも、人類にとって、どのように発見、発明され、現在にいたるのでしょうか?

気になったのでインターネットで調べてみました。

そもそも、人類最初の「電気」の発見は、紀元前600年頃にさかのぼります。

場所はギリシャで、ターレスという人が「琥珀(こはく)」を布でこすった際に、糸くずなどを吸い寄せる事に気づきました。
「静電気」ですね。最初に発見された電気は静電気、「摩擦電気」といわれています。

●1752年~アメリカのフランクリンが「雷」が電気であることを実験により発見しました。

●1776年~日本の平賀源内が、長崎で「まさつ起電機」を修理して有名な「エレキテル」を発明しました。
エレキテルは、日本の歴史上においては、最も古い電気機械として記録されています。

●1791年~イタリアで動物学者のガルバーニが、カエルの死体の解剖中に、カエルの足の痙攣に気づき、カエルの体内に電気を作る性質があることを発表しました。

●1799年~同じイタリアで、ボルタという人が、電気を作る仕組みは「カエル」ではなく、2種類の金属であることを発見し、世界で最初の「電池」が発明されました。

●1840年~イギリスのアームストロングという人が、水力発電機を発明しました。日本初の水力発電所は、京都の蹴上発電所で1892年に作られました。
ここでも電気と京都には深い関係が生まれていますね。

●1878年~日本の東京で、はじめての「電灯」がともされました。この電灯はアーク灯とよばれ、はじめてともされた3月25日を記念して「電気記念日」が制定されました。

●1879年~アメリカの発明家、エジソンによって、竹をフィラメントにした白熱電球が発明されました。
ようやく、今日のテーマでもある日がやってきました。エジソンは、実用性のある白熱電球を発明した後、世界で初めての「発電所」を作り、電気を世界中の人に使ってもらう
為の会社を設立しました。

その後、日本でも火力発電所や原子力発電所が作られ、現在のように安定した電気、電力が供給される時代になったわけです。

早足で人類の電気の発見から、電気に関する発明の歴史を振り返ってきました。

電気は現在の生活には「なくてはならないもの」となりましたが、原子力発電などには、東日本大震災の福島第一原発事故以来、非常に難しい問題となっています。

電気がなければ、パソコンやスマホは使えませんし、それ以前に、夜は「真っ暗」になり、ろうそくなどで明りを求める必要があります。

電気は「豊かさ」の象徴でもあります。

豊かさはごく一部の特権階級の人だけが得られるものではなく、
貧富の差に関係なく行き届くべきものだと店長は個人的に思っています。

空気はその存在を意識することなく、いつでもだれでも制限なく呼吸という形で取得できます。

水に関しても、浄化されたキレイな水という意味でなければ、雨が降れば誰の上にも降り注ぎます。

食物はどうでしょうか?山へ行けば、食用の植物、わらびやキノコなどを獲得できるでしょうし
海へ行き釣りをすれば、魚が釣れるかもしれません。
ただ、現代において、日常で食する食物を山や海に獲りに行くというのは現実的ではないでしょう。

よほどの山奥でない限り、少し歩けばコンビニエンスストアもありますし、スーパーマーケットもあります。
そこには、野菜も魚もお米もパンも肉もほぼ何でもあります。加工食品なら、調理せずに「料理」を
味わうことができます。

その対価が「お金」です。


昨今非常に注目されている「仮想通貨」という「お金」があります。
代表的な仮想通貨にビットコインという通貨がありますが、
2010年頃、ビットコインは1ビット=5円程度の価値しかありませんでした。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2017年10月現在、ビットコインは1ビット=60万円~70万円という幅で価値が変動しています。

2012年頃は1ビット1000円以下でした。
2013年頃は1ビット1万円代に突入。
2014年頃は1ビット4万円~6万円で取引されていました。
2015年頃はあまり大きな変動がなく、5万円前後。
2016年頃も1ビット=5万円~6万円で取引されていました。
2017年1月に過去最高となる1ビット=11万円を突破。

そしてここが、分岐点ともなりますが、

2017年4月1日に日本でビットコインを初めて法律内で規定する改正資金決済法等が施行されました。

これを受けてビットコインへの投資目的の需要が急増!

電電宮


2017年4月には1ビット=12万円前後だったものが
2017年5月には1ビット=25万円前後
2017年6月には1ビット=30万円前後
2017年7月には1ビット=35万円前後
2017年8月には1ビット=50万円前後
2017年9月には急落して1ビット=40万円前後
2017年10月には1ビット=70万円突破(←いまここ!)

4年前まで1ビット=1万円程度だった通貨が
70万円まで高騰。一部の保有者のなかには
ビットコインで億万長者になったという人も。

株や為替の値動きとはまるで異なり
一日で5万~10万円が増減するという乱高下っぷりが
仮想通貨のよくも悪くもある点です。


もはや「お金の価値ってなんなん?」


と思わされるのがビットコインを代表とする
仮想通貨の存在です。

しかしこの仮想通貨、インターネット上での
ショッピングの際に利用することができます。

ビットコインモールなどは、まだ商品数は少ないですが、
今後、ビットコインの普及に伴い、
ネットショッピングの一般的な場所のひとつとなるでしょう。

特に仮想通貨は、一日の上がり幅が所有している通貨の数によっては
数万円~数十万円で価値が変動することがあります。

日本円に変換すると、売値は若干下がってしまうため
仮想通貨の状態での利用が最も高い価値を活かすことができます。

価値が高いうちに、ショッピングでビットコインを使う。
楽天ポイントやAmazonポイントをビットコインで購入(交換)する。

こういった動きは今後非常に多くなると予測できます。


仮想通貨はやはり「バブル」だと思います。
いつかは、はじけて最悪の場合「ゼロ」になるリスクがあります。

それでも、この新しい通貨の誕生は、
世の中の一部の利用者に「豊かさ」をもたらしているのも事実です。



今日は電気の誕生から、最先端の仮想通貨まで
お話が飛躍しましたが、店長としては、
AIスピーカーなど新しい媒体がでてきても
そこに「人間」が存在する限りは
「顧客を第一に想って商売をする」
という姿勢に変わりはないと思っています。

「現状維持は衰退である」

次の売場は「仮想通貨ショッピングモール」に決めました!

どんどんやってくる新しい時代の波を
真っ向から受けるのではなく、
自分の流れに合わせて、波に乗せていく
波に乗ることから逃げない
という姿勢で、本日もネットショップの運営に
注力していきたいと思います。

週末は超大型台風が日本列島に接近します。

皆様、くれぐれも、田んぼの様子などを見に行かないように
ご自宅、もしくは安全な場所で、台風が行き過ぎるのを待ちましょう。

本日の情報が読者の方の参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。


今日の釣果
「今日の釣果」とは、筆者が運営しているネットショップの売上目標を「年商10億円」に設定し、その目標を達成するまでの進捗状況を公開することで、本当に年商10億円を達成しようというブログです。年商10億円をネットショップのみで売上達成させる日までブログを更新し続けていきます。

年商10億円を達成するためには、平均月商8,400万円の達成が必要です。
楽天市場をはじめ、Yahooショッピング、Amazon、ポンパレモールなどのモールでの販売における日々の気づきや売れ筋の商品などの情報を公開していきます。

ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「俺は今なんだよ!!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


現在の年商(直近1年間の売上総額)

2億9681万8403円

直近1年間の月次売上

2017年9月¥21,494,032
2017年8月¥26,625,083
2017年7月¥37,671,561
2017年6月¥29,834,215
2017年5月¥22,986,507
2017年4月¥24,806,553
2017年3月¥25,416,226
2017年2月¥20,923,165
2017年1月¥20,428,399
2016年12月¥24,203,039
2016年11月¥20,537,935
2016年10月¥21,820,994

本日までの釣果|月次売上

¥8,486,207

今日の釣果

年商10億円のための月次目標達成率(目標月商:8,400万円)

10%


今月の主要モールの受注件数

2017年10月21日(土)

  • 【楽天市場】 876件
  • 【楽天市場2号店】 61件
  • 【Amazon】 229件
  • 【ヤフーショッピング】 115件
  • 【ポンパレモール】 20件
  • 【Wowma!】 58件
  • 【Qoo10】 94件


本日の主要モールのイベント状況

楽天市場 楽天市場では、「勝利をつかめ!楽天イーグルス 秋得キャンペーン第二弾」を開催中。72時間限定でポイントアップ&割引クーポンを発行。
Amazon Amazonではkindle発売5周年セールを開催中。プライム会員ならKindleが最大3,300円OFFとなるセール。
ヤフーショッピング ヤフーショッピングでは11月13日(月)まで総額3億円分が毎日当たる「いい買い物の日くじ~今日のくじ」イベントを開催中。
ポンパレモール ポンパレモールでは、対象商品のポイント還元率が20%の「ゲリラセール」を開催中。
Wowma! Wowmaでは、24時間限定で誰でもポイント最大18%還元されるエントリー制イベントを開催中。Wowmaは11月の三太郎の日のイベントコラボにも決定している。
その他の情報 Amazonは期間限定で「メニューがないBar」と銘打った「Amazon Bar」を10月20日にオープンした。Amazonはネット通販のみならず、リアルイベントへの参画もプライムデーのポップアップストア以来積極的に行っている。

今日は何の日?【10月21日】

◆あかりの日
…日本電気協会・日本電球工業会等が1981(昭和56)年に制定。1879年の10月21日、エジソンが日本・京都産の竹を使って白熱電球を完成させた。

◆国際反戦デー
…1966(昭和41)年の10月21日、日本労働組合総評議会がアメリカ軍のベトナム戦争介入に反対する全国政治ストライキを計画。全世界の労働団体・反戦団体に呼びかけ、10月21日が反戦の日になった。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天デイリーランキングは、「【3形態同時購入特典】赤い果実 (初回盤A+初回盤B+通常盤セット) (CDケース付き) [ Kis-My-Ft2 ]」が初登場で第一位を獲得。第3位には「プラセンタ 只今増量中(約3ヶ月分)」が初登場で3位を獲得。楽天市場ではサプリメント系のランキング20入りは珍しい。



ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、第一位は人気ショップのシードコムスYahoo!店の「トンカットアリエキス配合 タフコンフィデンス 約10日分」22円送料無料の商品が先日に引き続き一位を獲得。本日のヤフーデイリーランキングも、食品のお試し送料無料商品のランクインが目立っていた。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

10億店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す