LINE@公式アカウントの友達数ランキング【2017年7月更新】

LINE公式アカウントの友達数ランキング【2017年7月更新】


LINEショッピングで話題沸騰中の「LINE」ですが、LINEには公式アカウントが存在します。
LINE公式アカウントの友達数について、現時点での友達数を調査し、ランキングとしてご紹介いたします。



LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは
LINE公式アカウントとは、主に大企業向けの商用アカウントの事を言います。
LINEには個人向けのLINEと、中小企業向けのLINE@(ラインアット)、そして大企業向けの「公式アカウント」の3種類があります。

普段一般ユーザーが利用している「LINE」は個人対個人のメッセージの交換や、グループでのメッセージを送受信することができますが、
LINE公式アカウントとLINE@については、商用アカウントとして、主にメルマガ的な情報配信を目的として利用されています。


LINE公式アカウントとLINE@(ラインアット)アカウントの違い

LINE公式アカウントとは
LINE公式アカウントとLINE@(ラインアット)の違いについて主な違いをまとめました。

LINE公式アカウントについて

  • 利用料金は月額250万円
  • 初期費用は800万円
  • LINEスタンプの発行が可能(ただし1回3500万円必要)
  • LINEビジネスコネクトが利用できる(データベース連携のマーケティング機能)
  • プロモーションスタンプが発行できる
  • フリーコインを発行できる
  • LIVE CAST機能が利用できる(リアルタイムの映像ストリーミング機能)

LINE@(ラインアット)アカウントについて

  • 利用料金は無料か月額5000円のベーシック、月額2万円のプロから選べる
  • メッセージの一括配信ができる(無料の場合は月1000通まで)
  • クーポンが発行できる
  • ショップカード機能が利用できる
  • スマホ対応のホームページがもてる
  • 無料スタンプの発行はできない(公式のみ可能)
  • プレミアムIDを有料で取得できる(初年度1296円)

LINE公式アカウントは開設に非常にコストがかかりますが、大手企業はこぞって開設を行っています。
理由は、LINEのとてつもない集客力にあります。

LINEアプリの国内利用者数はおよそ6800万人と公式に発表されています。
現在はさらに増えていると思います。

利用者の年代層もほぼ、全年代に均等に利用されており、
スマホ利用者の8割以上が「LINE」を使っていると言われています。

これだけ利用者が多いアプリであれば、
その影響力も非常に強いことが想像できるかと思います。

LINE公式アカウントの友達数ランキング



第1位:楽天市場

40,485,642人

LINE公式アカウント友達数ランキング


第2位:LINE Pay

32,237,676人

LINE公式アカウント友達数ランキング

第3位:ソフトバンク

30,758,812人

LINE公式アカウント友達数ランキング

第4位:DHC

29,037,264人

LINE公式アカウント友達数ランキング

第5位:TOYOTA

28,180,759人

LINE公式アカウント友達数ランキング

第6位:オルビス

27,680,755人

LINE公式アカウント友達数ランキング

第7位:サントリー

27,788,204人

LINE公式アカウント友達数ランキング

第8位:Amazon.co.jp(アマゾン)

26,531,360人

LINE公式アカウント友達数ランキング

第9位:ユニクロ

26,014,150人

LINE公式アカウント友達数ランキング

第10位:au

25,484,818人

LINE公式アカウント友達数ランキング

第11位~20位

第11位コンタクトのアイシティ25,475,183人
第12位LINE NEWS25,167,016人
第13位資生堂ワタシプラス23,056,308人
第14位ジーユー22,724,161人
第15位ローソン21,878,433人
第16位LINEポイント21,695,374人
第17位コカ・コーラ21,254,520人
第18位キリン20,295,392人
第19位LINE英語通訳20,273,668人
第20位アフラック19,331,497人



LINE公式アカウントのまとめ

LINE公式アカウントは、大手企業は続々と参入を続けています。
友達獲得の手段としては、無料スタンプの配布が最も効果的と言われています。
現に、楽天市場では、メインキャラクターの「お買い物パンダ」のスタンプが
女性層に非常に人気があり、友達数も4000万人を超えています。

LINE公式アカウントは基本的には、大資本のある団体や大手企業しか利用できないアカウントですが
中小企業や小売り、店舗型事業の方でも開設可能なアカウントとして「LINE@(ラインアット)」があります。

LINE@は、実店舗型の事業との親和性が高く、特に小さなサロンや居酒屋などの飲食店との相性が良く成功事例もいくつも出てきています。

参考になれば幸いです。

【参考】LINE公式アカウントランキング





ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す