【最新】2016年度 スマホ・モバイル通販売上高ランキング

【最新】2016年度 スマホ・モバイル通販売上高ランキング




スマホ・モバイル通販売上高ランキングとは

ネットショッピングの利用は、これまではパソコンからの利用の方が多い傾向にありましたが、 スマートフォン、いわゆるスマホ・タブレットの登場によって、「モバイルデバイス」からの ネットショッピングが急速に増えてきまし。

今回は、日本ネット経済新聞(2017年7月13日発行)にて発表された 「モバイル通販売上高ランキング」を元に、スマホ・モバイル通販ランキングをご紹介いたします。

ランキングの紹介にあたり、「売上高」「モバイル比率」のほか、当サイト独自に調査した 「ECサイトのアクセス数」も「similarweb」というサイトのデータをもとにご紹介したいと思います。

2016年度 スマホ・モバイル通販売上高ランキングトップ10

第1位:アマゾン(日本事業)

amazon

サイト名 Amazon.co.jp
売上高 5850億円
モバイル比率 75%
ジャンル 総合

amazon

第2位:千趣会

千趣会

サイト名 ベルメゾンネット
売上高 350億円
モバイル比率 47.6%
ジャンル 総合・カタログ通販

千趣会

第3位:ニッセン

ニッセン

サイト名 ニッセンオンライン
売上高 221億円
モバイル比率 ---
ジャンル ファッション・カタログ通販

ニッセン

第4位:丸井

丸井

サイト名 マルイウェブチャネル
売上高 146億円
モバイル比率 68.5%
ジャンル ファッション

丸井

第5位:MOA

MOA

サイト名 PREMOA
売上高 144億円
モバイル比率 50%
ジャンル 家電

MOA

第6位:ユナイテッドアローズ

ユナイテッドアローズ

サイト名 UNITED ARROWS LTD.
売上高 141億円
モバイル比率 70%
ジャンル ファッション

ユナイテッドアローズ

第7位:キタムラ

キタムラ

サイト名 デジカメオンライン
売上高 121億円
モバイル比率 30%
ジャンル カメラ・家電

キタムラ

第8位:ディーエイチシー

ディーエイチシー

サイト名 DHCオンラインショップ
売上高 106億円
モバイル比率 34.6%
ジャンル サプリメント・健康食品

ディーエイチシー

第9位:ワールド

ワールド

サイト名 ワールドオンラインストア
売上高 90億円
モバイル比率 53.2%
ジャンル ファッション

ワールド

第10位:ファンケル

ファンケル

サイト名 ファンケルオンライン
売上高 81億円
モバイル比率 ---
ジャンル 化粧品

ファンケル

スマホ・モバイル通販売上高ランキングのまとめ

スマホ・モバイル通販の売上高第一位はみなさんご存知の「アマゾン」でした。Amazon.co.jpは当店でも 出店しているショッピングモールとなりますが、様々な出店店舗の合計売上高であるという点から、 他の企業とは異なる形態かとも思います。モバイル通販売上高が「5850億円」と桁違いな点も、Amazonに出店しているネットショップ店舗の合計だと 考えてください。

第2位の「ベルメゾンネット」と第3位の「ニッセンオンライン」については、共通点としては、カタログ通販系の老舗企業である点です。ベルメゾンネットのモバイル比率は「47.6%」と他のファッションジャンルのモバイル比率が70%以上なことから考えても、未だにカタログ通販、PCやはがきなどからの売上が多いことも伺えます。

丸井やユナイテッドアローズ、ワールドなどはファッションジャンルのネットショッピングで、利用者が比較的若い世代、女性利用者が多いこともあり、モバイル、特にスマホからの売上が高くなる傾向にあります。

DHCオンラインショップとファンケルは、健康と美容関連のネットショップで、ネット通販の中でも客単価が高く、また継続利用者が多いこともあり、定期購入にもつながりやすいジャンルです。こちらも女性利用者が圧倒的に多いため、スマホからの売上が高くなる傾向にあります。

楽天市場などのショッピングモールでも、スマホ・モバイル流通が70%以上になってきていると、先日の楽天EXPO2017で公式に発表がありました。 これからのネットショップ運営、売上の増加施策としては、スマホ対応が最も重要なポイントだと思います。
参考になれば幸いです。



ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す