MEO(Map Engine Optimization)とは?

初心者でもわかるネットショップ用語

MEOとは(Map Engine Optimization)


MEO(Map Engine Optimization)とは?

MEOとは

MEOとはのMap Engine Optimizationの略称で、GoogleMapに対するマップ検索エンジン最適化のことです。

検索されたキーワード「地域名+目的」の検索結果としてGoogleMapの地図情報に 自社サービスや店舗の情報を上位に表示させる施策をMEOと呼びます。

MEOは、GoogleMapでの表示において、上位表示を目指すことから実店舗を持つ事業者、飲食店などのサービスやサロンビジネスの方には 顧客の選択肢として、露出できることから、売上に直結する施策でもあります。

今回はMEOについて、実際に設定する手順から、MEOの最適化方法までを解説いたします。


SEOとMEOの違い

MEOに似ている言葉に「SEO(Search Engine Optimization)」がありますが、こちらはGoogleやYahoo!といった 検索エンジン最適化のことで、キーワードに対応して任意のページを上位表示させる施策を言います。

SEOがGoogleやYahooの検索時のウェブサイト、ウェブページとしての検索結果の最適化施策であるのに対して、 MEOは、GoogleMap、「地図」に対しての対象情報の露出最適化施策となります。

SEOは多くの企業や個人があらゆる手法で対策されつくしている傾向にありますが、 MEOについては、2017年10月現在も、まだまだホワイトスペースが残されている領域だと思います。


MEO対策を行うメリット

MEO対策を行うメリットとしては、「実店舗への誘導」の可能性が非常に高まるという点にあります。

MEOはSEOに比べてまだ認知が低いこともあり、多くの企業や事業者の間でも 対策が行き届いていない状況にあります。

また、スマートフォンの登場以来、身近なエリアや旅先の未知のエリアで 「地域名 ラーメン屋」「駅名 ホテル」「エリア名 ネイルサロン」 などの「地名+業種名(目的)」検索を行われる機会が増え続けています。

こうした、地名+業種名(目的)の検索は、

「今すぐ目的を叶えたい」
「今後その場所で目的を実行する」

という潜在需要が高い可能性があります。

同業他社がまだMEO対策を行っていなければ先にMEO対策を行った企業、事業者に 先行者メリットがあります。

新規顧客の獲得方法として、MEO対策は非常に有効な手法であると思います。

また、MEO対策は、自分で行えば「無料で対応可能」というコスト面でのメリットがあります。

制作会社やMEO・SEO対策会社などに依頼すると、月額費用などが発生しますが、 MEO対策は、現状においては、「特殊なテクニック」というのはほぼ必要ありません。

Googleが規定するルールにのっとって、記載すべきことをきっちりともれなく記載し、 利用者やユーザーの声、レビューを集めることに注力していけば、 確実にMEO対策は最適化することができます。


MEOの設定方法と手順

MEOとは

MEO対策を実施するためにはまずは「GoogleMap上に対策する対象(会社・店舗)を登録する」必要があります。

Googleマップへの情報の登録には「Googleマイビジネス」へ登録が必要です。

オーナー確認(ハガキ・メール・電話などから選択)を実施して、Googleマイビジネスの登録を完了させましょう。

マイビジネスの登録方法

MEOとは

GoogleMapへ登録するマイビジネス情報を入力します。

重要なのは「ビジネス名」に「地域+業種」のキーワードを入れることです。 また、「カテゴリ」はご自身の事業について、最適なカテゴリを選択しましょう。 カテゴリの設定をあいまいなカテゴリにすると、潜在顧客からのリクエストに対して最適な表示ができなくなるため注意が必要です。

  • ビジネス名
  • 国/地域
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 住所
  • メインの電話番号
  • カテゴリ
  • ウェブサイト
  • 出張型ビジネスの提供の有無を選択


MEO対策で上位表示を成功させるための7つの秘訣

MEO対策で上位表示を成功させる方法として、5つの秘訣をご紹介します。

MEO対策は、対策できるポイントについては、Googleマイビジネスにある項目への対策となるため SEOと比較すれば、非常に狭い範囲での対策となります。

是非、可能な限り必要情報をしっかりと漏れなく記載しましょう。

  • (1)情報を正確に記載する
  • (2)電話番号はローカル番号(市外局番)を記載する
  • (3)「ビジネス名」に「地域+業種」となるキーワードを入れる
  • (4)サイテーション(citation)対策を行う
  • (5)カテゴリは最適なカテゴリを選択する
  • (6)レビューを集めるためのキャンペーンを行う
  • (7)写真は掲載できる写真は全て掲載する(カバー・プロフィール・店内・外観・職場・スタッフ)


MEOについてのまとめ

MEOはSEOと異なり、GoogleMap上の最適化施策ですから 潜在顧客を実際に店舗へ誘導できる可能性があります。

市街地などで、競合の多いジャンルの場合は、MEOの競争は激しいですが、 地方都市などでは、MEO対策自体を行っていない事業者が非常に多いため、 先行者メリットを享受できる状況だと思います。

参考になれば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す