ECサイトのオムニチャネルとは

初心者でもわかるネットショップ用語

オムニチャネルとは【Omni-Channel】

実店舗(リアル)とネット(インターネット通販・ECサイト)の境界をなくし、
顧客があらゆるチャネル(販路・顧客接点)から商品を購買できる仕組みのこと。

流通経路をつなげ、バックエンド(商品情報、顧客情報、在庫情報など)を統合することで
業務全体を一つの大きな力として集約させ、顧客満足度の向上と、ブランド価値の向上、
業績全体の向上を図ることが目的

ちなみに、【オムニ】とは、「すべての」「あらゆる」という意味


オムニチャネルに取り組んでいる企業としては
セブン&アイホールディングスメガネスーパー良品計画(MUJI)などが有名です。

これまでの小売業は
実店舗とネット販売はそれぞれが
それぞれの顧客データ、商品・在庫データを
管理していたことで、店舗在庫の偏りや
店舗によって在庫欠品などの事態になりがちでした。

ネット通販市場が拡大成長を続けている現在、
オムニチャネル化を進めることで、
バックエンドのシステムを統合し、
実店舗もネット販売も同じ商品・在庫情報、
顧客情報を共有することができるようになる。

オムニチャネルの一番の目的は、顧客満足度、顧客利便性を最大化することで
企業としてのブランド価値向上を図ることにあります。
結果として、顧客はいわゆる「ロイヤルカスタマー」へと成長を遂げ、
LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を得ることにもつながっていきます。

選ばれ続ける存在になること、これこそが、オムニチャネルがもたらす価値でもあります。

例えば、インターネットで購入した商品を
コンビニなどで受け取ることができるというサービスもオムニチャネルのひとつです。

特に、一人暮らしの方などは、ネット通販で購入した商品を
日中に受け取ることが難しい場合が多いという現状があります。
通勤途中にスマホから注文した商品を
帰宅途中のコンビニで商品を受け取ることができれば
非常に便利ですし、昨今問題になっている
不在による再配達増加の問題の解決にもつながります。

そもそも、オムニチャネルを最初に宣言したのは
アメリカの小売企業で大手百貨店のメイシーズだといわれています。

「オムニチャネルリテイラーを目指して、顧客とのつながりを深め、
顧客がいつでも、どのようなやり方でもメイシーズにアクセスできるようにする」



オムニチャネルは大きくは、
スマートフォン(スマホ)の登場と
普及によって、企業導入が加速していると
いってもよいと思います。

スマートフォンという新しいデバイスの登場により、
一般の消費者(顧客)のライフスタイルが
大きく変わりました。

ネットショッピングなどは、
楽天市場など主要ショッピングモールでは
現在は、スマホからの購入者が
利用者の約50%以上になっています。

今後、パソコンからの購入者は益々減り、
スマホやタブレットといったデバイスからの
購入者はより増えていくでしょう。

パソコンがメインのツールだった時には
ネットショップでの購入は
パソコン利用者に限られていました。
フィーチャーフォン(ガラケー)からも
ネットショッピングは可能でしたが、
画面の小ささや操作性の問題で、
ネットショッピングが普及するきっかけとは
なりませんでした。

現在では、若い世代から主婦やシニア層まで
スマートフォンの所有が当たり前になってきています。

既にデバイスがある状態で、
「アプリ」と呼ばれるアプリケーションを
ダウンロードすることで、
顧客は様々な利便性を手に入れることができます。

また、アプリは開発側からアップデートする
事が可能なため、常に成長、改善を続けることができます。

オムニチャネルの加速要因でもある
スマートフォンとネット通販には
これから先もまだまだ新しい
販路や商機を与えてくれることでしょう。

参考になれば幸いです。


【参考】
オムニチャネル - Wikipedia


ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す