日本版Amazon Business 出品方法やメリット・手数料のまとめ

3,813 views

出店者が解説 Amazon Business 出品方法やメリット・手数料のまとめ


AmazonのBtoB取引専門のサービスとしてAmazonビジネスが2017年9月20日よりリリースされました。

今回、アマゾンの新しい出品サービスについて、実際に大口出品で出店している筆者がAmazonビジネスの登録まで行ってみました。

Amazonビジネスの内容について、現役店長が考察いたします。




Amazon Business出品プログラムとは

Amazon Business出品プログラム

アマゾン・ビジネスとは、アメリカでは2015年4月から開設されている法人対法人、いわゆる「BtoB」取引専用のネット通販サービスの事です。

日本では、2017年9月20日よりサービス開始されました。 最初はAmazon本体が取り扱う商材約2億点をはじめとして、企業、病院、ホテル事業、工場、学校機関、建設関連などの事業者を対象とした販売を行うようです。

また、Amazonで「大口出品」の形態で出店している販売者にも、Amazonビジネスへの出品を可能としています。 サービスの名称としては「Amazon Business出品プログラム」と呼んでいます。

アマゾンはAmazonBusiness出品プログラムのページで以下のようにAmazonビジネスの目的を定義しています。

Amazon Business出品プログラムは、Amazonを利用して事業者間の取引を行い、法人/個人事業主のお客様向けのビジネスの成長に役立てていただけるプログラムです。Amazon Businessの出品者は、法人/個人事業主のお客様に販売する際、便利な機能が利用できる利点があります。通常のサイト機能とは異なり、法人/個人事業主のお客様向けの商品を見つけやすくし、Amazon Businessに特化した価格設定や支払い方法により、大量の商品を購入されやすくしています。

Amazonビジネスをユーザーが利用するためには、ビジネスアカウントの登録手続きが必要です。 登録手続きにより、法人・個人事業主であることが確認されたアカウントでの購入がAmazonビジネスの対象となります。

Amazonの管理画面である、セラーセントラルには、今のところ変更はないようです。 将来的には、事業者間の取引に最適化した管理画面の機能が追加されると公式ページには記載がありました。

Amazonの通常の出品プランである「小口出品」と「大口出品」の違いについては以下のページにまとめていますので参考にしてください。

【参考】Amazonに出店する為の大口出品と小口出品のプランの違いを徹底比較


Amazonビジネスのメリット

Amazon Business出品プログラム

Amazonビジネスに出品するメリットについて、現在わかっている範囲では以下のようなメリットがあります。

  • 大口出品利用者は「無料」で出品できる
  • Amazonビジネスの利用者は「登録事業者のみ」なので、客単価が高い取引が見込める
  • 消費税抜き価格をAmazonが認証する法人/個人事業主の購入者に表示
  • 消費税記載の請求書を自動生成できる
  • 請求書払いで販売機会を拡大できる
  • AmazonビジネスでもFBAの対応が可能

Amazonビジネス最大のメリットは、「登録事業者のみ」に販売できる点です。登録事業者とは法人、もしくは個人事業主で、登録にはAmazonの審査が必要です。

出品した商品の購入対象者が、BtoBに限られているため、一度に大量の注文が入ることが期待できます。

通常の大口出品であれば、顧客の多くは個人消費者であるため、BtoCのビジネスになりがちでしたが、Amazonビジネスならその点が最初から対事業者と限定されているというメリットがあります。

また、Amazonでは、通常販売価格はすべて「税込表示」となっていますが、Amazonビジネスでは、税抜表示が可能となっています。これも事業者にとっては大きなメリットだと言えます。

税別表示が可能になることで、消費税記載の請求書もAmazonで自動的に生成できる機能があります。これまで、別途税別の請求書を発行していた事業者には作業の手間がなくなります。

そして、Amazonビジネスのもう一つのメリットが「請求書払い」が可能という点です。BtoB取引では一般的でもある見積書・請求書による取引がAmazon内でも行えるようです。まだ詳細については管理画面、セラーセントラルでも確認できませんでしたので、請求書払いの詳細が分かり次第、追記にてご紹介したいと思います。

また、Amazonでのネット販売時に非常に強力なサポートとなる「FBA(フルフィルメント・By・Amazon)」については、引き続きAmazonビジネスでも対応可能です。

FBAについて詳しく知りたい方は以下のページに詳細な内容をまとめていますので参考にしてください。

【参考】FBAとは?FBAのメリットとデメリット


Amazonビジネスのデメリット

Amazonビジネスのデメリットについてを調べていたのですが、今のところデメリットという要素は見当たりません。

追加の固定費用などもかかりませんから、大口出品でAmazonに出品している出店者であれば Amazonビジネスへの参加は、売場を増やし、商品露出を増やせる良い機会になると思います。

強いてあげるとすれば、Amazonビジネス用の商品価格の登録作業が必要ですから 作業の手間がかかるという点でしょうか。

また、Amazonビジネスだけで商品を販売したい場合は、別途セラーセントラルから 商品登録作業が必要となります。こちらも手間がかかるというデメリットがあるくらいです。


大口出品とAmazonビジネスの違い

Amazon Business出品プログラム

Amazon Business出品プログラムと通常の「大口出品」との違いについてですが、これは「顧客対象」が違います。

Amazonビジネスでは、販売の対象となる顧客は、「Amazonビジネス登録者のみ」となります。法人、個人事業主であり、アマゾンが審査して承認した顧客のみとなります。

BtoB取引は、注文数などが非常に多くなる傾向にありますので、少ない受注数で大きな売上を作りやすいメリットがあります。

大口出品とAmazonビジネスの機能的な違いとしては、この後、追加された新機能で紹介いたします。管理画面であるセラーセントラルなどには違いはないようです。


Amazon Business出品プログラムに追加された新機能

Amazon Business出品プログラム

Amazonビジネスに新機能として追加された機能は大きく4つあります。


Amazon Businessマーク

Amazonプライムマークと同じく、事業者のアカウントの健全性が重視され、条件を満たす出品者のみがアマゾンビジネスマークを掲載できます。

Amazonが規定する「Amazon Businessマーク」の条件は以下の5つの項目となります。

  • (1)高いパフォーマンス基準
  • (2)Amazon税額計算サービスを利用している場合、出品者はAmazon免税プログラムを使用して、免税の対象となる購入者を受け付けること。
  • (3)法人/個人事業主のお客様からの注文は、梱包ごとにお問い合わせ伝票番号が必要。
  • (4)法人/個人事業主のお客様からの注文は、梱包ごとに納品書が必要。
  • (5)法人/個人事業主のお客様からの注文は、梱包ごとに発注番号が必要。

(1)の高いパフォーマンス基準については、以下のように定められています。

Amazon Business出品プログラム


法人限定出品

法人限定出品とは、法人価格のみが登録され、一般購入者向けの販売価格が設定されていない出品を指します。

法人限定出品を購入できるのはAmazon Businessに登録した法人/個人事業主の購入者のみです。Amazonのすべての購入者が購入できるわけではありません。

以下のような商品が、Amazon Businessの登録購入者に対する法人限定出品の利用に適しています。

  • 製造元からの販売経路に制限があり、購入者への販売が限定される商品
  • 特別な取り扱いまたは設置を必要とする商品
  • 事故防止の観点から、特別な取り扱いまたは設置を必要とする特殊商品

※簡単に言えば「一般販売できない理由のある商品」ということですね。


法人価格と数量割引

法人価格や数量割引を設定すると、通常の販売価格に加え、法人・個人事業主に向けて販売価格が提示できるようになります。

さらに、大手の取引を行う出品者として信頼性も高まるため取り引きを成立させやすくなります。

Amazon Business出品プログラムには、2種類の割引機能があります。

【法人価格】
Amazon Businessを利用する購入者に対して、購入する数量にかかわらず適用される割引価格。

【数量割引】
Amazon Businessを利用する購入者が商品を複数個購入をする場合に適用される割引金額。
数量ごとの割引金額は、Amazon Business出品プログラムに参加している各出品者が指定します。


◆法人価格と数量割引の設定方法

法人価格と数量割引を出品商品に設定するには、テンプレートファイルをダウンロードして、法人価格と数量割引を追加します。フィードの手順は通常のフィードと同じ方法で行います。

この操作によって、それまでの出品に変更や入れ替えが生じるわけではありません。法人/個人事業主向けの価格設定機能が追加されるだけです。 法人/個人事業主のお客様のみを対象とした出品を作成するには、法人限定出品を作成してください。

基本的には、大口出品の際に利用している一括登録と同じ仕組みを利用できるようです。 テンプレートファイルが予め用意されているので、ご自身の商品の形態にあったテンプレートを選択して フォーマットをダウンロードして編集しましょう。

参考までにテンプレートファイルの3種類の名称を紹介しておきます。

  • 法人価格/数量変更ファイル
  • Amazon Business在庫ファイル
  • Amazon Businessカテゴリー別在庫ファイル


Amazon Business販売手数料

Amazon Business出品プログラムは、大口出品者に無料で提供されていますので別途固定費用などはかかりません。



Amazonビジネスの手数料

Amazonビジネスを利用する際に発生する各手数料をまとめました。


商品ごとの手数料

商品毎の手数料については、大口出品と小口出品で異なります。

  • 大口出品形態:商品ごとの手数料なし
  • 小口出品形態:販売された商品ごとに100円の手数料


販売手数料

Amazonビジネスでの販売手数料については出品カテゴリによって異なります。以下の一覧表を参考にしてください。

Amazon Business出品プログラム


カテゴリー別成約料

カテゴリーによっては、別途成約手数料が必要なものもあります。以下が成約料が必要なカテゴリーとその成約料になります。

Amazon Business出品プログラム


大量出品手数料

Amazonで商品を出品する際、本やCDなどのメディア以外の商品の場合、200万点以上の出品に関しては、大量出品手数料が発生します。

大量出品手数料は、その月内で該当SKU数が200万点を超えた場合に限り、期間内のSKU数の最大数のうち、200万点を超過した分に適用されます。

具体的には1SKUごとに0.05円の手数料が発生します。

大量出品手数料については、200万点以上という膨大な商品数の場合に限る手数料ですので、通常の商品数の方は気にする必要はないでしょう。



Amazonビジネスへの出品方法と手順

Amazon Business出品プログラム

実際に大口出品を行っている筆者が、Amazonビジネス出品への登録を行ってみたところ手順は非常に簡単でした。

大口出品者であれば、ボタン一つでAmazonビジネスへの出店申請が完了します。

Amazonビジネスに出品登録を行うには以下のページの「今すぐ登録する」ボタンから申請が可能です。

【参考】Amazon出品サービス|Amazon business


Amazon Business出品プログラムのまとめ

Amazonビジネスは、購入者もAmazonビジネスへの登録を行っている法人・個人事業主であるため、 一般的なBtoCの販売よりも、大口注文を取りやすいメリットがあります。

日本では2017年9月20日に始まったばかりの新しいサービスですから、 請求書払いなどはまだセラーセントラル上でも確認できていない状態です。

今後、Amazonビジネスがどのような展開を見せるか、 注目し続けていきたいと思います。

また、実際にAmazonビジネスでの販売におけるレポートも ある程度のデータがたまりましたら報告したいと思います。

参考になれば幸いです。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

10億店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す