商品の発送間違い・発送ミスのお詫びメール例文とテンプレート


ネットショップのメール文例集

商品の発送間違い・発送ミスのお詫びメール例文とテンプレート

ECサイトで注文のあった商品を発送する際に、間違った商品を発送してしまう事があります。

商品を間違って発送した場合にはどのような対応が必要なのでしょうか?

今回は、商品発送後の発送間違い、誤発送の際にお客様に送るお詫びメールの例文をご紹介したいと思います。



商品を間違って発送した場合の対応について

商品を間違って発送した場合の対応について

ネットショップで売れた商品を発送する際に、発送後に商品を間違えて送ってしまった事が発覚する場合がありますが、大抵の場合お客様の元に届いた後でお客様からの電話やメール連絡で発覚する事が多いです。

商品の発送を間違う理由としては、商品を間違ってピッキングしてしまったか、ピッキングした商品に対して、間違った配送伝票を張り付けてしまったかどちらかの可能性が高いです。

大手EC企業の物流倉庫などではピッキングをバーコードで管理していたりとシステム化している事がありますが、中小零細企業、個人事業などで運営するECサイトの場合、人が商品をピッキングする事が一般的だと思います。

残念ながら人間はミスをする生き物ですから、どんなに注意を払っていたとしても思い込みなどで違う商品をピッキングしてしまう可能性はあります。

商品の発送間違いが発覚した時点で、まずはお客様にお詫びの電話を入れることをおすすめします。

追ってメールでもお詫びする事になりますが、まずはきちんとした形で直接電話でお詫びを伝えるようにしましょう。

誤まった商品を発送した後の対応としては、物流会社と契約している場合は正しい商品を発送して、受け取り時に商品を交換、返送してもらうという方法が一般的です。

特に物流契約などを行っていない場合は、間違って送ってしまった商品を着払いなどでお客様に返送してもらう必要があります。

誤配送は、店舗側のミスですから、再発送や返送時の送料は店舗負担となるという事も覚えておいて下さい。

では、実際に商品の発送間違いが起こった際にお客様に送るお詫びのメールの例文をご紹介したいと思います。



商品の発送間違いをお詫びするメール例文・テンプレート

メール例文・テンプレート

では、筆者が実際に利用したことがある、「商品の発送間違いをお詫びするメール」の文例を紹介いたします。

コピー&ペーストでテンプレートとしてご利用いただければと思います。


商品の発送間違いをお詫びする時に送るメール例文

【件名】商品誤配送のお詫びと今後のご対応について


〇〇〇〇様

お世話になっております。
●●ネットショップ名●●の店長●●と申します。

この度は商品に間違いがありましたこと大変申し訳ございませんでした。

確認したところ、〇〇様のご注文いただいた商品と
異なる商品を出荷していた事実が分かりました。

誠に申し訳ございませんでした。

ご注文いただきました商品を最短日にて
発送させていただきたいと思います。

つきましては〇〇様には大変お手数をおかけしますが
商品到着時に、間違った商品と交換する形で
配達員にお渡しいただけますでしょうか。

その際、返送用の配送伝票を商品の外箱に封筒にて
貼り付けておりますので、お手数をおかけしますが
配送伝票を取り外して、間違っていた商品と一緒に
配達員にお渡しいただければ幸いです。

また、商品の交換対応についてお受け取り可能な
日時をこのメールへの返信で結構ですので
ご指示いただけますと幸いです。


---------------【商品受け取り希望日】---------------------------

・●月●日(●)●時~●時

----------------------------------------------------


お手数をおかけしまして申し訳ございませんが
何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


---------------【ネットショップの署名】-------------
【ネットショップの名前】 店長○○
ショップURL:http://○○○.com
店舗連絡先:○○○@○○○.com

運営会社:株式会社△△
住所:〒601-0001 京都府京都市○○区○○町321
TEL:075-1234-5678 / FAX:075-1234-5678
営業時間:平日○時~○時まで
----------------------------------------------------





商品の発送間違いをお詫びするメール文例のまとめ

今回は、お客様に間違った商品を発送してしまった際に送るお詫びメールの例文、テンプレートをご紹介いたしました。

ネットショップを運営していれば、商品の発送間違いは必ず一度は起こる事でもあります。

間違った商品を発送した事が確認できた際には、即座にお客様にお詫びの電話を入れるようにしましょう。

トラブル発生時には、他の業務よりも最優先で対応する事が重要となります。

また、型番商品によくあるケースとして、商品がリニューアルされていた為、ネットショップ上の商品画像と実際の商品が異なるというケースも考えられます。

内容に問題がない事が分かっている場合は、その旨をお客様に説明して、そのままお受け取りいただけるか、交換、もしくは返品の対応の確認を行うことをおすすめします。

とにかく迅速丁寧な対応と事実確認を同時進行で行わなくてはならないので、かなり気力も使う対応となりますが、ここでしっかりと対応できれば、お客様がネットショップのファンとなってくれるチャンスでもあります。

本日の内容が、読者の方の店舗運営のお役立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。



他にもあるよ!コピペで使える!メール例文・テンプレート






ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す