メルマガとは?ネットショップのメルマガの重要性

初心者でもわかるネットショップ用語

メールマガジンとは(メルマガとは)

メールマガジン(メルマガ)とは、Eメールで届く、情報コンテンツのこと。マガジン(雑誌)という名称がついているように、読み物系の情報を電子メールで配信すること。 ネットショップにおいては、「追客施策」として非常に有用な施策であり、顧客の囲い込みにも重要である。


メルマガは、ネットショップ運営において、非常に重要な追客施策のひとつです。
FacebookやTwitter、最近ではLINEなどのSNSツールが盛んである現在においても
メルマガ(メールマガジン)による顧客の獲得、囲い込みは、SNSでの集客とはまた別のチャネルとして重要視されています。

メルマガがなぜ重要かといえば、ビジネスシーンやプライベートシーンにおいて、
コミュニケーションツールとして利用するツールの一つに「Eメール」は2017年現在でも
廃れることのない普遍的なツールとして存在しているからです。

特に、ビジネスシーンにおいては、営業マンであれ、デスクワーカーであれ、経営者であれ
電子メールを確認しない日はないと思います。

SNSがどれだけシェアや利用比率を増加させていようとも、
Eメールの価値は、10年前と比較しても、ビジネスシーンにおいては
ほとんど変わっていないという現実があります。

ネットショップの運営においても、このメールマガジンの利用は、
顧客へのアプローチ手法としては、最もポピュラーであり、
最も効果の高い施策であり続けています。

メルマガを定期的に過去の注文顧客に送信することのメリットは
顧客に接触し続ける事ができることです。

定期的に顧客との接点を持ち続けることで、相手に信頼感を与える
心理現象として「単純接触効果」という言葉があります。

【単純接触効果とは】
認知心理学の一つで、人は何かしらの対象物と繰り返し接することで、警戒心が薄れ、好意度が増していくという法則のこと。

ネットショップにおけるメルマガの役割はこの単純接触効果を期待することに他なりません。

一般的なネット通販におけるメールマガジンの開封率は
開封率の高い店舗で10%前後というデータがあります。

100人にメルマガを送信したとして、10人が開封してくれるという割合ですね。

筆者が運営支援しているネットショップのメルマガ開封率も
概ね8%~11%程度ですし、開封率が高い時でも13%程度です。

楽天市場は、一週間に一回まではメルマガの配信が無料で行うことができます。
自社ネットショップを運営されている方であれば、利用してるシステムによっては
メルマガの配信が無制限で行えるものもあるかと思います。

ネットショップにおいて、ある程度の売上を作っているような人気ショップであれば
メルマガを毎日配信している店舗もあります。
顧客との単純接触を繰り返すことは、毎日出会い、挨拶を交わすような関係に近いです。

知らないうちに、顔見知りになり、自然な形で「親近感」を得ることが
いつの間にか日常の習慣となり、メルマガが届くことを待つような状況になるわけです。

日本国内最大手のインターネットショッピングモールである
楽天市場でも、このメールマガジン(メルマガ)の利用は、
楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどの大規模セール企画の際には
セール開始前後の時間帯は、メルマガ配信上限に達するほど
各店舗運営者がメルマガを配信しています。

SNS全盛の時代において、メルマガはオワコンだという人もいますが、
筆者は全く逆に思っています。

どんなに便利なツールやアプリが開発されようとも
ビジネスシーンにおいて、メールを利用している限りは
Eメールによるコミュニケーションが廃れることはないと思います。

ネットショップにおいて、メルマガによる追客施策が
なぜ有効なのかといえば、Eメールは
注文確認時、発送完了時、フォローメール時など、
ネットショップ運営上の進捗状況を伝えるツールだからです。

ネットショップで商品を購入した顧客は、まず、購入したモール(楽天やAmazonなど)から
自動返信メールという形で「注文確認メール」が登録したメールアドレス宛に届きます。

その後、購入したネットショップから、注文内容や顧客の要望について
ショップスタッフが目視で確認したうえでの「注文確定メール」が届きます。

ネットショップの利用者は、自分が購入した商品の行方を
電子メールによって把握しているわけです。

2017年現在においては、一部スマートフォンのアプリによる
通知連絡もありますが、やはりEメールによる通知が圧倒的なシェアを誇ります。

おそらく、5年後も、Eメールの利用者は
現在のビジネスパーソンと同じく、増える事こそないと思いますが
大幅に減少していることはないでしょう。

参考になれば幸いです。


【参考】
メルマガの教科書


ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを手数料無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORESなら 2020年2月10日~3月1日までの間に新規出店すれば、4ヶ月間の決済手数料が「最大2万円分が無料」となるキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン
STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す