2017年度 ECサイト ネット通販売上高ランキング トップ10

7,219 views

【最新】2017年度 ネット通販・ECサイト売上高ランキング




ネット通販売上高ランキングとは

2017年度のネット通販・通信教育の売上高のランキングが通販新聞社より発表されました。

今回は、通販新聞社が発表した「第68回通販・通教売上高ランキング調査」の結果をもとに、ネットショップ、オンラインサイトの売上高トップ10をランキングで紹介いたします。

対象となる集計期間は2016年6月期~2017年5月期で、対象期間における売上高の総合流通額でランキングの売上額が算出されています。

ちなみに2016年度のスマホ・モバイル通販の売上高ランキングは以下のページにまとめていますので参考にしてください。

2017年度ネット通販売上高ランキング トップ10

第1位:アマゾン(日本事業)

1兆1,768億円

amazon

サイト名 Amazon.co.jp
売上高 1兆1,768億円
前年比率 +17.6%
ジャンル 総合


第2位:アスクル

3,359億円

アスクル

サイト名 ASKUL
売上高 3,359億円
前年比率 +6.6%
ジャンル 総合・カタログ通販


第3位:ミスミグループ本社

2,590億円

ミスミグループ本社

サイト名 MiSUMi-VONA
売上高 2,590億円
前年比率 +7.9%
ジャンル BtoB・工具


第4位:ジャパネットホールディングス

1,783億円

ジャパネットホールディングス

サイト名 JapanetTAKATA
売上高 1,783億円
前年比率 ---
ジャンル テレビショッピング・家電


第5位:ベネッセコーポレーション

1,682億円

ベネッセコーポレーション

サイト名 ベネッセ
売上高 1,682億円
前年比率 ▲6.8%
ジャンル 通信教育


第6位:ジュピターショップチャンネル

1,549億円

ジュピターショップチャンネル

サイト名 SHOPチャンネル
売上高 1,549億円
前年比率 +11.1%
ジャンル テレビショッピング


第7位:大塚商会

1,460億円

大塚商会

サイト名 たのめーる
売上高 1,460億円
前年比率 +5.0%
ジャンル 総合・事務用品


第8位:セブン&アイ・ホールディングス

1,392億円

セブン&アイ・ホールディングス

サイト名 セブンネットショッピング
売上高 1,392億円
前年比率 ---
ジャンル 食品・総合


第9位:ベルーナ

1,162億円

ベルーナ

サイト名 カタログ通販ベルーナ(Belluna)
売上高 1,162億円
前年比率 +8.8%
ジャンル ファッション・カタログ通販


第10位:ヨドバシカメラ

1,080億円

ヨドバシカメラ

サイト名 ヨドバシ.com
売上高 1,080億円
前年比率 +8.8%
ジャンル 総合・家電


ネット通販売上高ランキング2017のまとめ

2017年度のネット通販売上高ランキングは、Amazonの日本法人、「amazon.co.jp」が昨年の結果に引き続き第1位となりました。

Amazonは、プライム会員向けの特典、主にプライムお急ぎ便や送料無料、アマゾンビデオなどのコンテンツサービスが充実していることもあり、プライム会員数を増やし続けることに注力しています。

【参考】Amazonプライム会員の特典のすべて

第2位のASKULと第7位の大塚商会「たのめーる」は、オフィス用品など法人向けの需要が高いことも売上増に貢献していると思います。

第3位のミスミグループ本社の「MiSUMi-VONA」は、主にBtoB向けの工具類の需要がたかいネットショップですね。特殊な製品も扱っていることもあり客単価も高めの傾向があると思います。

第4位のジャパネットと、第6位のジュピターショップチャンネルは、主にテレビショッピングでおなじみの企業ですが、オンラインサイトの需要も認知が高いこともあり売上に寄与しているのでしょうね。

第5位のベネッセコーポレーション は、通信教育では、国内シェアNo.1ということもあり、売上高も高いのも納得です。

第8位のセブン&アイ・ホールディングスは、知らない人はいないセブンイレブンのネットショップです。セブンイレブンの実店舗ネットワークを利用した店頭受け取りなどオムニチャネルの強みがあります。

第9位のベルーナは「カタログ通販」の力が大きいネットショップです。

第10位のヨドバシカメラの「ヨドバシ.com」は、独自の物流網を使った当日配達や、全品送料無料という非常に強いインフラを持っています。

2017年度のネット通販市場は、このような結果となりましたが、どのネットショップも名前の認知度が高く、商品点数も非常に多いECサイトが多いという感想を持ちました。

ちなみに、日本のネット通販の最大手ショッピングモールである「楽天市場」がランクインしていないのは、楽天市場は、出店店舗の集合体ですので、総合での流通額は算出の対象外となっているようです。

日本のEC市場は、物流クライシスで大きく揺れていますが、まだまだ市場規模の拡大はつづいていくことが期待されますね。

参考になれば幸いです。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す