サードパーティーとは 意味(third party)|ECサイト用語集

1,637 views

初心者でもわかるネットショップ用語

サードパーティーとは 意味(third party)


サードパーティーとは 意味(third party)

サードパーティーとは

サードパーティー(third party)とは、一般的な意味としては、第三者団体(企業や機関など)のことを指します。

サードパーティーのサード(third)とは、「第三」と言う意味で、当事者からは独立した立場である団体、企業、機関という意味の「第三者」という位置づけになります。

サードパーティーと言う言葉は、日本国内においては、コンピューター関連の用語として利用されることが多く、Amazonに出品している方なら、注文確認メール内に「サードパーティーの出品」という文面を目にした方も多いと思います。

今回はサードパーティー(third party)について、EC事業関連を中心に解説したいと思います。


主なサードパーティーの事例とメリット

サードパーティーとは

日本国内における、サードパーティーという用語の主な使用事例をご紹介いたします。

サードパーティーという言葉をよく利用する事例として、コンピュータ関連の部品や周辺機器、ソフトウェアメーカーなどの事例があります。

コンピューター関連のメーカーに対するサードパーティーとしては、コンピューター本体のメーカーとは直接関係のないメーカーが「サードパーティー」にあたります。

メーカーが製造、販売する製品を「純正品」と呼ぶのに対して、サードパーティーの企業が製造、販売する商品のことを、サードパーティー製品(非純正品、または社外品)と呼んでいます。

ここで気を付けいたいのが、純正品を販売するメーカーに対してのサードパーティーの存在が「サード」、「第三」とついているため、「ファースト」「セカンドパーティー」が存在するように感じることがあります。

実際には「ファーストパーティー」や「セカンドパーティー」という存在は基本的にはなく、純正品か、非純正品かの違いというのが、コンピューター関連におけるサードパーティーの位置づけとなります。

また、販売しているソフトウェアやツールによっては、ソフトウェアのサードパーティーはISV(Independent Software Vendor)、ハードウェアのサードパーティーはIHV(Independent Hardware Vendor)と呼び分けられる場合があります。

サードパーティーのメリットとしては、純正品に比べて、販売価格や利用料金が安いという傾向があります。

サードパーティーの存在により、純正品を販売するメーカーも、商品の独占的販売ができないため、販売価格をサードパーティーに多少合わせる形で、値下げする必要があるという点でも、市場におけるサードパーティーの存在は非常に重要であると言えます。

サードパーティーのデメリットとしては、メーカー製造の純正品と比較した場合に、トラブル時の保証の範囲が明確でない場合があるという点です。

メーカーが製造、販売する純正品の場合は、トラブルや不良品などの場合は、改善のためのサポート体制が用意されていますが、サードパーティー製品の場合は、サポート体制がまちまちだったり、保証がしっかりとしていないこともあります。

サードパーティーは、2018年現在においては、各業界にとっても必要不可欠な存在となっていると言えます。


EC市場におけるサードパーティーの例

EC市場におけるサードパーティーという言葉が良く利用されるケースをご紹介いたします。

最近、Amazon.co.jpで注文者宛に送信したメール内に「サードパーティの出品者からのメッセージ」という表記が追記されるようになりました。

Amazonでは、我々のようなアマゾン出品者のことを「マーケットプレイス」と呼んでおり、Amazon.co.jpが出品している商品と差別化しているのは、アマゾン出店者であれば周知のことと思います。

マーケットプレイス出品者のことを、Amazon.co.jpの立場から見ると、第三者団体、サードパーティーとなるわけですね。

また、楽天市場 などのショッピングモールでは、受注処理をRMSで行うことが一般的ですが、多店舗展開を実施している場合は、受注処理を外部のソフトウェア、受注処理サービスを利用することがあります。


楽天市場 からすると、外部の受注処理ソフトや商品連携ソフトなどは「サードパーティー」という扱いとなります。

EC市場においてもサードパーティーという立場は、必要不可欠な存在であることがよくわかりました。


サードパーティーのまとめ

今回は、最近Amazonのバックヤードである、セラーセントラル上から注文者に送信するメール内に「サードパーティー」という表記が入ってきたこともあり、サードパーティーについて言葉の意味をまとめました。

サードパーティーは、正規品を販売する立場のメーカーからすれば、非正規品という意味合いになりますが、必ずしもメーカーの正規品がクオリティ、価格面で優位であるとは限りません。

むしろ、サードパーティーが存在することで、市場価格が適正化され、サービスレベルも向上しやすい傾向があります。

サードパーティーについては、各業界ともに、今後とも様々なサービスが増えていく傾向は続いていくと思います。

今回の記事の内容が、サードパーティーについて調べられている方の参考になれば幸いです。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す