ネットショッピングとショールーミングとは

初心者でもわかるネットショップ用語

ショールーミングとは【showrooming】

商品を実際に販売店で確認し、店頭では購入せず、インターネットで検索し、店頭価格より安い価格で購入する行為。

小売店では、店頭販売のためのコスト(場所代、人件費)がかかるため、ネット通販の方が、商品の価格が安くなりやすい傾向にある。


ネット通販が当たり前になった現在、
小売店の問題として「ショールーミング」の問題があります。

特に顕著に影響が出ている業界としては
家電量販店があげられます。

ヨドバシカメラやビックカメラ、エディオンやジョーシン、
ヤマダ電機などはショールーミング問題でよく
引き合いに出されることがあります。

しかも、上記の家電量販店は、
すべて、自社のネットショップを持っています。

家電量販店系ネットショップ


そして、店頭販売の価格よりも
ネットショップの価格の方が安いということも
このショールーミングを引き起こしている原因でもあります。

ショールーミングの問題において、
インターネット上で価格を調査、比較する必要がありますが
価格比較については最大手でもある
価格.com が有名ですね。

価格.com

価格.comは以前は、パソコンなどの家電を中心とした価格比較サイトだったのですが、
現在では、日用品から保険、自動車から公共料金、建築関連までなんでも価格を
比較できてしまうサイトに成長しています。
インターネット上における、商品、サービスにおいて、
「安い場所」を探すのには価格.comは便利ですが、
必ずしも「一番安い場所」ではないこともあります。
これは筆者の経験からなのですが、
価格.comは実は一部が「広告」として利用されています。
広告を出していない店舗の商品が
ネット上の「最安値」であったとしても
価格.comに掲載されていないというケースがいくつもあります。
価格.comは便利ですが、やはり自分の目で
楽天市場やAmazonに商品を探しに行って
市場価格を比較すべきだと思います。
鵜呑みにしてはいけないということですね。

【参考】価格.com - 「買ってよかった」をすべてのひとに。


ショールーミングは、小売店、販売店の
利益を減らし、場合によっては倒産という
最悪の事態にまで陥ってしまうほど大きな問題です。

ただ、このショールーミングを逆手に取った企業がありました。

上記にも出てきていましたが、ヨドバシカメラです。

ヨドバシカメラ

2015年9月にヨドバシカメラは全店で
無料Wi-Fiの提供を始めました。

そして、こともあろうか、
スマホでどんどん価格比較してくださいと
ショールーミングを受け入れる提案をしたんです。

実際に商品を手に取ってみて、
商品をよく確認してください。

そして、購入は「ヨドバシ.com」で買ってください。

という自社ネットショップでの購入を
すすめるという提案です。

ヨドバシ.comはヨドバシカメラ店頭の
販売価格よりも安い商品が多いですが
他の家電量販店と比較すれば、
商品によっては、他の量販店の方が安い商品も
当然ながら出てきます。

ここでヨドバシカメラは
「ポイント還元率」による
囲い込みを実施していきます。

Amazonも家電などを販売していますが、
その販売価格は、ネット通販上でも
かなり安い商品が多いです。

Amazon自体が在庫を持って販売している商品もあれば、
一般出品者による商品も混在しています。

ただ、これは現状でも言えるのですが
Amazonには「ポイントがほとんどつかない」
という弱点があります。

今でこそ少しはポイントが付与されるように
なりましたが、楽天市場やヤフーショッピング、
ヨドバシカメラなどと比較しても
Amazonはポイント還元のネットショップという
印象はほとんどありません。

ショールーミングという問題を
いち早く対策を講じたヨドバシカメラ。

今後もこのショールーミング問題は
ネット通販が盛んであればあるほど
付いて回る問題だと思います。

小売店はショールーミングに向き合い、
ヨドバシカメラのようにショールーミングを
逆に利用して自社ネットショップの売上に
つないでいくような対策が望まれます。

参考になれば幸いです。


【参考】
ショールーミング - Wikipedia


ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す