スマートコントラクトとは 意味(smart contract)|ECサイト用語集


初心者でもわかるネットショップ用語

スマートコントラクトとは 意味(smart contract)


スマートコントラクトとは 意味(smart contract)

スマートコントラクトとは

スマートコントラクト(smart contract)とは、契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図した「コンピュータプロトコル」のことです。

スマートコントラクトは、1994年にNick Szaboという学者により提唱されました。

スマート(賢い)コントラクト(契約)と訳され、第三者を介することなく「信用」が「担保」された「トランザクション処理」を行うのが、スマートコントラクトの特長です。

スマートコントラクトをもう少し簡単に説明すれば、契約を自動化するというとわかりやすいと思います。

今回は仮想通貨やブロックチェーンを語る際に出てくる、スマートコントラクトという言葉の意味とEC市場におけるスマートコントラクトの役割について考えてみたいと思います。


スマートコントラクトのメリット

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトのメリットとしては「契約事に対して、相手の信用が必要なくなる」というメリットがあります。

ビットコインなどの仮想通貨や、暗号通貨で利用されているブロックチェーンの主な用途のひとつに、スマート・コントラクトがあります。

ブロックチェーン技術などでは、暗号通貨の取引履歴などでも使われているように、「取引履歴」が公開・記録されています。

契約事に対して、相手の信用を必要とすることなく、機械的に認証を実現できるため、スマートコントラクトは契約、執行、実行などを即座に実施する事が可能となります。

また、スマートコントラクトは、第三者の介入なしで契約事を実施できるため、第三者介入を行っていた際のコストが大幅に削減できるメリットがあります。

例えば、銀行の窓口で振込を実施した場合、対応する銀行員のコストや振込依頼作業のコストが「振込手数料」と言う形で請求されることになります。

スマートコントラクトは、いわば、「銀行」を介さずに、相手に送金できる仕組みであるため、銀行、銀行員の対応で必要となっていたコストがカットできます。

ビットコインなどの仮想通貨の送金手数料が安い理由は、スマートコントラクトによる恩恵だと言えます。


EC市場におけるスマートコントラクトについて

EC市場、ネット通販業界におけるスマートコントラクトとはどんな事例があるのでしょうか。

スマートコントラクトは、仮想通貨市場においては、イーサリアムなどでの開発が注目されていますが、Eコマースにおいても今後普及していくと思います。

デジタルコンテンツの販売やレンタルなどは、スマートコントラクトとの親和性はかなり高いと思います。

ネット販売の決済には、既に仮想通貨決済が導入されている事例も多くなってきていますので、決済関連では手数料が安くなるメリットが大きく影響を与えそうです。



また、クレジットカードなどの個人情報を保持することが法律で規制される動きがあるため、スマートコントラクトを利用した決済方法は、むしろ今後の主流になると思います。

他にも証券取引や先物取引といった金融業界や、クラウドファンディング、クラウドソーシングなどにもスマートコントラクトは浸透していくと思います。

クラウドファンディングの場合、資金調達が目的ですが、資金調達のためのプロジェクト、企画内容や出資する側の資金などが透明化されることと、目的達成時の出資者への還元なども最適化されることが予想できます。

クラウドソーシングやネット販売などでは、ユーザーのレビューという形で信用が表示されていますが、クラウドソーシングなら対応してきた履歴、実績、ネットショップであれば、商品の販売数、販売実績や顧客からの評価が、データとして蓄積できるため、スマートコントラクトが行いやすいと思います。

また、Amazonは、AI(人工知能)による「注文予測」で特許登録を実施していますが、AIによる注文予測の際にも、スマートコントラクトが非常に重要な働きとなると思います。

インターネット上にあるビジネスの多くは、今後スマートコントラクトが重要なポイントになることがお分かりいただけたのではないでしょうか。


スマートコントラクトについてのまとめ

今回は、今話題の仮想通貨、ブロックチェーンを語る上で、必ず出てくる「スマート・コントラクト」についてEC市場への浸透の可能性についても合わせてご紹介いたしました。

スマートコントラクトは、IoTなどの技術にも親和性が高い為、今後、契約事を伴う事業の多くは、スマートコントラクトが採用される可能性が高いと思います。



今回の記事の内容がスマートコントラクトについて調べられている方の参考になれば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを低コストで出店するならカラーミーショップがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるサービスに「 BASE (ベイス) 」というサービスが人気がありますが、月商10万円以上のネットショップを目指すのであればカラーミーショップ の方がコストパフォーマンスが高くなるのでおすすめです。


ネットショップBASEとカラーミーショップの月商別手数料・コストを徹底比較


また、カラーミーショップはEC業界の中では、サポート体制が非常に充実しているのでショップ開設後も安心のサービスです。

ネットショップの電話サポートがある「カラーミーショップ」のサポート体制の種類と評判






売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す