ポンパレモールで商品画像を一括でまとめてアップロードする方法


バックヤード研究所

バックヤード研究所とは、楽天市場 のRMS、ヤフーショッピングのストアクリエイターPro、Amazonのセラーセントラル、Wowma!(ワウマ)のワウマネージャーなどの管理画面の有効活用を研究する現役店長の調査ブログである。

ある有名な店長の言葉にも「バックヤードを制する者は、ネットショップを制す」という言葉があります。

バックヤード、管理画面の機能を100%活用できる日を目指して、店舗運営の記録を残していきたいと思います。


ポンパレモールで商品画像を一括でアップロードする方法


ポンパレモールmanager(ポンパレモールマネージャー)とは

ポンパレモールmanager(ポンパレモールマネージャー)とは、リクルートライフスタイルが運営する「ポンパレモール」に出店している店舗が、日々の店舗運営を行う為の管理画面の事です。

ポンパレモールに出店している店舗さんなら、毎日ログインする管理画面であり、商品登録作業や受注処理作業をポンパレモールmanager上で実施する方も多いと思います。

ネットショップを多店舗で運営されている店舗さんであれば、ポンパレモールmanager上で受注処理などは行わないこともあるでしょうが、お問合せ対応などについては、ポンパレモールmanager上に確認フラグが表示されるため、バックヤードであるポンパレモールマネージャーにログインしないわけにはいかないと思います。

日々の店舗運営の根幹システムであるポンパレモールmanagerにおいて、今回は、商品登録の際に掲載する「商品画像」を管理画面から一括でアップロードする方法をご紹介いたします。


商品画像を一括でアップロードするメリットとは

通常、ポンパレモールの管理画面上で、商品登録を行う場合は、「画像管理」メニュー上で、商品画像などを1ファイルずつ選択して、アップロードする必要があります。

商品登録点数が少ない店舗であれば、この方法でも十分に対応できますが、商品登録数が100点などを一気に行う場合、画像アップロードを1つずつ行っていたのでは、非常に時間と手間がかかります。

商品画像を一括でアップロードするということは、画像管理画面から、ポチポチとファイルを上げる手間と時間がなくなるというメリットがあります。

こうしたルーチンワーク的な作業は、可能な限り機械に自動化させることが、ネットショップの店舗運営の効率化では重要となります。

では、次に実際にポンパレマネージャー上で、商品画像を一括でアップロードする方法を手順を追ってご説明いたします。


ポンパレモールで商品画像を一括でアップロードする方法

では、ポンパレモールの管理画面、ポンパレモールmanagerで商品画像を一括アップロードによって登録する方法をご紹介します。

まずはポンパレモールの管理画面であるポンパレモールマネージャーにログインします。

ログインしたら、管理画面トップページ上のメニュー「画像管理」の中の「画像管理」をクリックします。

ポンパレ画像一括登録方法

「画像管理」のメニューが開いたら、一番下にある「ZIPアップロード」のボタンをクリックします。

ポンパレ画像一括登録方法

アップロードしたい画像については、事前にフォルダにひとまとめにしておき、「ZIP形式で圧縮」しておきます。

フォルダの名称は、アップロードした後の画像フォルダ名となり、URLにも使われるため、「半角英数字」で作成するようにしましょう。

今回はテストアップのため、仮の名前として「tmg48」というフォルダ名を付けてみました。特に深い意味はありません(笑)

「ファイルを選択」のボタンをクリックして、用意していた「ZIPファイル」を選択し、「アップロードする」ボタンをクリックします。

ポンパレ画像一括登録方法

アップロードが完了すると、ポンパレモールに登録しているメールアドレス宛に「【ポンパレモール】画像ファイルのアップロード終了のお知らせ」と言う件名のメールが届きます。

ポンパレ画像一括登録方法

アップロードしたファイルの内容にエラーがあれば、エラー内容を確認して、修正し、再度同じ手順でアップロードしましょう。

ちなみにポンパレモールでは、ベーシックプランでの出店の場合、登録できる画像の容量は、「5GB」が上限となっています。

ポンパレモールManagerの画像管理を再度確認してみると、無事に「tmg48」というZIPファイルが登録されているのを確認できました。

ポンパレ画像一括登録方法

以上が、ポンパレモールで商品画像などのファイルを一括でアップロードして登録する方法となります。


ポンパレモールmanagerのまとめ

今回はポンパレモールに出店されている方に向けて、ポンパレモールの商品登録の際に、商品画像を一括でアップロードする方法をご紹介いたしました。

ポンパレモールは、数年前に比べると、やはり売上減少傾向にあるのは、日々の店舗運営を行っていると強く感じざるをえない状況です。

ただし、売上が下がれば、退店する店舗も増えることになり、ライバル店舗が少なくなるという逆のメリットが生まれます。

運営母体は、リクルートのグループ会社であるリクルートライフスタイルですから、他のショッピングモールと比較しても、決して安定していない経営体制ではありません。

ポンパレモールは、リクルートグループの送客に力を入れているのですが、まだまだじゃらんやホットペッパーなどからの導線は弱いように感じます。

今後、売れるショッピングモールとして再起してくれることを強く期待しています。

今回の記事の内容が、ポンパレモールで商品登録を行う方の参考になれば幸いです。





ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを完全無料で出店するならBASEがおすすめ!

ネットショップBASE

完全無料でネットショップを出店できるBASE は日本国内で90万ショップを超える人気ECカートサービスです。

また、BASEのアプリは600万ダウンロードを突破しており、多くのユーザーがBASEアプリでBASEに出店しているネットショップの商品を検索しています。

ネットショップBASE

お母さんでも開店できるがコンセプトのBASEなら誰でも簡単に無料でネットショップをスタートできます。





ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す