不要なメールマガジンの配信停止を依頼するメール文例とテンプレート


ネットショップのメール文例集

不要なメールマガジンの配信停止を依頼するメール文例とテンプレート

ネットショップの運営において、お客様をリピーターに育てる方法で最も有効な方法が「メルマガの送信」です。

メルマガ、メールマガジンは、LINEやFacebook、インスタグラムなどのSNSが流行している現在においても、ネットショップの追客施策としては有効です。

楽天市場 の楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどのイベント時にも、メルマガ配信予約は、セール開始直前からすぐに埋まっていくほど、多くのネットショップ運営者の方が、メルマガの作成、配信に注力し続けています。

ただし、人によってはこうしたショップからのメルマガが迷惑と感じる場合があります。

今回は、不要なメールマガジンが届いた時に、メルマガ配信を断る為のメール文例をご紹介します。



ネットショップ運営におけるメルマガ配信の意味

ネットショップのメルマガの意味

2019年の時点でもメルマガ、メールマガジンという手法は、今から10年前と変わらず沢山のネットショップ、それも売れているネットショップほど、しっかりと定期的にメルマガを配信するという傾向があります。

なぜ、LINEやFacebook、インスタグラムやTwitterといったSNSツールや、スマホアプリが全盛の今でも、メールマガジン、メルマガという手段をネットショップ運営者は利用しているのでしょうか?

ネットショップの注文確認や発送完了のお知らせは、今でこそスマホアプリによるプッシュ通知などでの連絡が可能となりましたが、基本的には、注文時には、楽天市場 などのショッピングモールであれば、モールからの自動返信メールという形式で、注文が完了しましたということを注文者に伝えています。

各ショッピングモールもスマホアプリに移行しつつあるものの、メールに関しては今でも送信されており、今でも重要な役割を果たすツールとして利用されているのです。

売れているネットショップほど、メルマガを軽視しておらず、毎週欠かさずメルマガを配信し続けている傾向があります。

その理由は、メルマガには一定の開封率があり、集客効果があるからにほかなりません。

ただし、人によってはメルマガを迷惑と感じる人もいるのは事実です。

楽天市場ヤフーショッピングなどのインターネットショッピングモールを利用したメルマガの場合、メルマガ内に「メルマガ解除はこちら」といったテキストと解除URLが記載されていますから、ユーザーは自分の意思で、メルマガの解除を行う事ができます。

自社系ECサイトを運営していて、メルマガを独自の配信システムを利用している場合、メルマガの解除URLは手動で入力しなくてはならない場合があります。

もちろん、ネットショップ運営者としては、メルマガ解除リンクを追記しておく事がマナーでもありますが、ごくまれにメルマガの解除リンクを掲載していないショップのメルマガが届く事があります。

こうした迷惑メルマガに対して、配信を停止してほしい場合に送るメールの例文を次にご紹介したいと思います。



不要なメルマガの配信停止を依頼するメール例文・テンプレート

メール例文・テンプレート

では、筆者が実際に利用したことがある、「不要なメルマガの配信停止を依頼するメール」の文例を紹介いたします。

コピー&ペーストでテンプレートとしてご利用いただければと思います。


不要なメルマガの配信停止を依頼するメール例文

【件名】メルマガ配信停止のお願い


〇〇〇〇様

お世話になっております。
株式会社△△の●●と申します。

現在、当方のメールアドレス(●●)宛に
「●●●●●●」という件名のメルマガが届いております。

大変恐れ入りますが、メルマガに登録した覚えもございません為、
メルマガの配信を停止していただきますようお願い致します。

メルマガ内も確認したのですが、配信停止方法が不明でしたので
こちらのメルマガに返信させていただいております。

お手数をおかけいたしますが至急メルマガの
配信停止のご対応をお願い申し上げます。


---------------【自分の署名】-------------
株式会社△△
名前●●●●

住所:〒601-0001 京都府京都市○○区○○町321
TEL:075-1234-5678 / FAX:075-1234-5678
営業時間:平日○時~○時まで
----------------------------------------------------





不要なメルマガの配信停止を依頼するメールのまとめ

今回はネットショップのメルマガについて、不要なメルマガが届いた時に配信停止を依頼する際のメールの例文をご紹介しました。

メルマガは、2019年においては、開封率などは確かに低下しているのは事実です。

インターネットショッピングモールでの購入も、スマートフォンが普及してから、各社ともにスマホアプリへの利用推進を実施してきた事もあり、スマホアプリでの通知で発送完了や到着予定日などを知る事ができるようになりました。

ただ、メルマガが完全に廃れてしまうかと言えば、決してそうとは言い切れないと思います。

月商数千万円を超えるような売れているネットショップの多くは、メルマガも配信し続けている傾向がある事は先ほどもご説明しました。

メルマガはネットショップ運営者にとっては、ネットショップを利用してくれたお客様とつながり続けることができる有効なツールです。

不要と感じる人が増える反面、根強いファンはメルマガを楽しみにしていたり、メルマガだから他の人よりも先におすすめ商品情報が得られると感じているユーザーも少なくありません。

どんなに新しいSNSやスマホアプリが登場してきても、ビジネスシーンでメールが使われる限りは、メルマガも同じく利用され続けることになるでしょう。

今回の記事の内容が、読者の方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。




他にもあるよ!コピペで使える!メール例文・テンプレート






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す