【質問】Amazonで商品が急に売れなくなりました。対策方法はありますか?


ネットショップでよくある質問・相談

売れるネットショップの教科書に寄せられたよくあるご質問について、現役店長が回答するコーナーです。


【質問】Amazonで商品が急に売れなくなりました。対策方法はありますか?

毎月1件程度寄せられるご質問が、 「Amazonで販売している商品が急に売れなくなってしまった。」というご相談です。

Amazonは、楽天市場 などのショッピングモールとことなり、「商品ページがひとつしかない」という特性があります。

Amazonは、商品が売れている間は、恐ろしい勢いで売れ続けますが、売れなくなると一つも売れなくなるという、極端な売場です。

今回は、Amazonに出店されている方の「突然売れなくなった」という原因と対策方法をご紹介いたします。


Amazonで商品が売れなくなる理由

アマゾンに商品を出品している方なら、商品が突然売れなくなったという経験は、必ず体験されているのではないかと思います。

当店でも、Amazon.co.jpに出品していた商品が、ある日突然一つも売れなくなってしまったという経験があります。

Amazonで商品が売れなくなる一番の理由は「ショッピングカートボックスが奪われた」という可能性が高いです。

ショッピングカートボックス、通称「カート」「カートボックス」は、Amazonで販売する商品の「第一候補者」ともいえる「権利の獲得」です。

具体的には、商品ページの以下の箇所を自分のネットショップの商品が獲得している状態を言います。

Amazonで商品が売れなくなる理由

普段からアマゾンを利用されている方なら、あまり意識されずに「カートに入れる」ボタンを押されているかもしれませんが、アマゾン出品者からすると、このボタンを所有できるか否かで、商品が売れるか売れないかという大きな分岐点になります。

アマゾンで今まで順調に売れていた商品が突然売れなくなる理由は、この「カートに入れる」ボタンの所有権(一時的なものですが)が他の商品に移ったと考えるのが一般的だと思います。


Amazonで商品を売れるようにする方法

では、アマゾンで急に売れなくなった商品を再び売れるようにする方法とは一体どんな方法があるのでしょうか?

アマゾンで商品を売れるようにする方法は、売れなくなる方法の逆、「ショッピングカートボックスを獲得する」ことで解決できます。

と、簡単に言いましたが、アマゾンで商品のショッピングカートボックスを獲得することこそ、非常に難しい問題なのです。

売れるネットショップの教科書サイトへのお問合せの中で、「自社製品をJAN無しで登録していたけれど、相乗り販売されてしまった」といった相談をいただいたことがあります。

オリジナル商品であれば、本来は出品者しか販売できないはずですが、いつのまにか販売者が増えていたというケースはAmazon出品者の方なら、一度はあると思います。

Amazonで商品を売れるようにするには、アマゾンのショッピングカートを獲得する以外には正直なところ対応方法が無いのが現状だと思います。

逆に、カートボックスを獲得していないのに、商品がバンバン売れるという方法があれば是非ご教授いただければ幸いです。

Amazonでショッピングカートボックスを獲得する方法は、以下のページに具体的手法をまとめていますのでこちらを参考にしていただければと思います。


ちなみにアマゾンで商品のショッピングカートボックスが獲得できなかった場合、以下の場所に固めて表示されることになります。

Amazonで商品が売れなくなる理由

これでは思うように商品が売れなくなるのも、一理あると思われるのではないでしょうか。

Amazonのショッピングカートは特に型番商品など一般的な商材では、ほとんどが「価格競争」となっており、カート獲得の難易度は非常に高いです。

オリジナル商品であれば、カートボックス獲得の可能性は十分に高いと思いますが、商品登録時の申請が少し手間になっているのはデメリットかもしれません。


Amazonは難易度が高い売場だと知る

Amazonで商品が売れなくなる理由

Amazonは、せどりや転売などを副業で行われている個人の方にも人気のショッピングモールですが、その販売難易度は、年々難しくなってきています。

むしろ、メルカリやヤフオクでの転売やせどり販売の方がアマゾンで販売するよりは、やりやすいかもしれません。

といっても、メルカリもヤフオクも利用者が増加し、誰でも簡単に商品を販売できる時代となってからは、競争が激しくなっているのも事実です。

Amazonでのネット販売の難易度は高いですが、これは、楽天市場 ヤフーショッピングでのネット販売でも同じように言えることでもあります。

インスタントECで人気の、BASE (ベイス) などのかんたんなネットショップの登場で、ネット販売者がますます増えている状況です。

ネット販売の難易度はあがっていますが、ネットショッピングの需要、ネット通販の需要も同じように高まっています。

是非、他のネットショップとの差別化のポイントをしっかりと分析して、ネットショップの運営を最適化することを心がけてください。

ネットショップの運営で大事なことは、売れる商品を売り続け、リピーターを増やし、ネットショップの運営を安定させることにあります。

逆に言えば、それ以外の突飛な手法は、一時的には売れるとしても、その後が続かないことがほとんどです。

また、固定費とランニングコストは極力抑え、少しずつでも利益が残る店舗運営構造を心がけてください。

継続以外には、ネットショップで高い売上を作る方法はありえないと肝に銘じてください。


Amazonで商品が売れなくなる理由と対策方法のまとめ

今回はAmazonに出店されている方からの「アマゾンで突然商品が売れなくなった」というご相談について、その理由と対応方法をご紹介しました。

アマゾンは、売場としては、楽天市場以上のアクセス数を誇る日本屈指のショッピングモールです。

商品ページがひとつしかない、と言う特性上、売れるときはそれこそ飛ぶように売れますが、売れない時はゼロが続くような非常に繊細な売場です。

Amazonのネットショップ運営の難易度は非常に高いですが、ハマれば楽天市場 ヤフーショッピング以上のスピード感で商品がどんどん売れます。

今回の記事の内容が、Amazonでネット販売をされる方の参考になれば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを手数料無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORESなら 2020年2月10日~3月1日までの間に新規出店すれば、4ヶ月間の決済手数料が「最大2万円分が無料」となるキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン
STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. ayves より:


    私も経験しております。少なくとも高いクラシカルのボックスやアニメのボックスなど3万や5万くらいのものが比較的すぐに売れていた状態と今では隔世ですね。勿論人気商品はカートを得るとまるで吸い込まれるように売れておりました。今は背景に不況、競争者の増加、購入者のかたがたの意識の変化、メルカリ等新しい形態のショップの擡頭、季節等様々な要因があると思います。輸入のメディアも軒並み高くなりましたね、xなど海外のアマゾンでも恐ろしいほど高値になっておりますね。サイドビジネスとしてやっていくしかないと思っております。

    • 十億戎店長 より:


      コメントありがとうございます。おっしゃる通りですね。Amazonも競合が増えたことで価格競争が前提となっています。
      また、メルカリなどCtoCの売場が盛況であるため、メディア商品などは、結局のところ個人間の取引で流通している傾向もありますね。
      本当にアマゾンで売上を作るのは難しいと日々モンモンとしております。。

コメントを残す