【質問】楽天市場で販売禁止の商品と禁止行為・ペナルティについて教えて!

1,940 views

ネットショップでよくある質問・相談

売れるネットショップの教科書に寄せられたよくあるご質問について、現役店長が回答するコーナーです。


【質問】楽天市場で販売禁止の商品と禁止行為・ペナルティについて教えて!

楽天市場に出店されている方から、よく寄せられる質問が、楽天市場での禁止行為、禁止商材についてです。

楽天市場では、2018年1月25日に「取扱禁止商材・禁止行為ガイドライン」とそれに関連するガイドラインが新設・改定されました。

今回は、楽天市場に出店されている方、これから出店を検討されている方に、楽天市場内での禁止行為とペナルティについてご説明いたします。


楽天市場での禁止行為について

楽天市場での禁止行為

楽天市場における、禁止行為ガイドラインを各項目ごとに簡単にご説明いたします。


(1)法令・公序良俗に反する行為

楽天市場に限らず、法令違反行為は即退店のペナルティとなります。

詐欺的な行為/お客様への暴言、誹謗中傷/個人情報漏洩/卑猥な表現/マルチ商法等/特商法にて定める、返品方法の記載をしない/景表法違反(おとり表示)/商品価格設定に関するガイドライン違反/医薬品取扱いに関するガイドライン違反/薬機法違反広告/動物用医薬品取扱いに関するガイドライン違反/など

(2)価格表示に関する禁止行為

価格表示、特に「二重価格について」の表示は、数年前に楽天市場内の一部の店舗が詐欺的記載をしたことで楽天市場が世間からバッシングにあいました。

二重価格については、以下のページにまとめていますので参考にしてください。

【参考】楽天市場の二重価格の表示設定とエビデンスのルールのまとめ


(3)表示全般に関する禁止行為

商品名やキャッチコピーなどに記載する文言についても、禁止行為とされている表現があります。

最近特に厳しいのが、美容、ダイエットに関する表現です。「必ず痩せる」などは即修正対応として楽天より修正指示のメールが届きます。

隠し文字を入れること/虚偽または不正確な表示により他よりも優良、有利であると誤認させる表示をすること/産地偽装/期間を明記せず期間限定・今だけの表記など/迷信もしくは迷信に類し、著しく非科学的な表現を用いること/違法行為、脱法行為、その他法令や規制の適用を免れることを明示・暗示する記載を行うこと/他店舗との価格やサービスの比較行為/最上級表現(No1、一番、トップ、日本一、世界一、最安)/楽天ランキングへのランクイン実績等の表示に関するガイドライン違反/不適切な商品ディレクトリ登録/中古品(古物・海外直輸入古物)取扱いに関するガイドライン違反/食品表示に関するガイドライン違反/必須記載事項未記載(技適マークが貼付されていない無線機器)/ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞実績等の表示に関するガイドライン違反/など

(4)楽天又は第三者の権利を侵害する行為

タレントがテレビで紹介した際に、そのタレントの画像などを使うと肖像権違反となりますので注意しましょう。

特にマツコさん関連は要注意ですね。

著作権、肖像権等を侵害する表記/商標権を侵害する表記/名誉棄損、プライバシー侵害/不適切な楽天市場ロゴマーク使用/看板の作成・変更に関するガイドライン違反/事前申請のない新聞・雑誌等の取材・プレスリリース配信/など

(5)レビューに関する禁止行為

意外にやってしまうのが、レビューが記載された商品ページの使い回し行為です。

商品リニューアルやモデルチェンジなどで、商品が変わった際には、過去のレビューを利用することはガイドライン違反ですので注意しましょう。

また、「レビューを書いて送料無料」など、レビューを書くことによる特典提供も、楽天市場では禁止行為となります。

すでにレビューの書込みがされた商品ページを編集し、別商品のページに変更すること/店舗関係者によるレビューの投稿(サクラ行為)/「おねだりレビュー機能」を用いて、ユーザに自店レビュー書込を促す行為/不適切なレビュー引用・利用行為/レビュー投稿を条件とした特典付与/レビュー記載の強要/高評価のレビュー投稿を促すこと/商品到着前のレビュー投稿を促すこと/など

(6)課金を回避することを目的とする行為

課金回避とは、楽天市場での注文成立時の「販売手数料を回避する行為」です。

例えば楽天市場内で、大口の注文が入った際に、注文者と電話などで直接連絡を取り、楽天市場上では注文をキャンセルし、楽天の外で直接取引を行う行為などがこれに該当します。

また、最初の商品を発送した際に、商品の梱包の際に、FAXなどによる直接注文を促すような行為もガイドライン違反となります。

サイト外取引およびそれを誘導する行為/外部リンク、外部サイト誘導(当社が特に認めた場合を除く)/など

(7)決済に関する禁止行為

決済においては、ユーザーの利便性を中心としたガイドラインが設定されています。

例えば、クレジットカード決済手数料を惜しんで、「現金払いのみ」などという販売方法は楽天市場では受け付けられません。

商品発送前にクレジットカード売上請求処理を行うこと/楽天市場決済基本規約違反/決済方法としてクレジットカード決済を設定しないこと/決済方法を限定すること(「現金払いのみ」と記載するなど)/

(8)不正なシステム利用

店舗運営者による架空注文などは、不正システム利用のガイドライン違反となります。

また、同じ内容の商品を複数登録する行為は、広告入稿時にコピーページを作る程度の対応以外では、ガイドライン違反対象となります。

架空注文/不適切な検索対策(同一商品複数登録)/楽天市場機能の目的外利用/楽天市場のシステムに障害をきたすおそれのある行為/文面や差出人を別店舗のものにしてR-Mailを送信すること/配信枠を押さえることを目的としたR-Mailの配信予約/など


楽天市場での販売禁止商品・取扱禁止商材

楽天市場での禁止行為

楽天市場において、販売が禁止されている商品をご説明します。

ほとんどの販売禁止商品は、一部商品(アダルトコンテンツなど)を除き楽天市場以外の場所であっても禁止されている商品となります。


(1)法令で販売・所持が規制されているもの

法令、法律で規制されているものは、楽天市場以外の売場でも販売禁止です。

銃刀法違反商品/麻薬全般/人体、臓器、細胞、血液/偽造文書等/密猟された動植物、販売禁止鳥獣/窃盗、強盗、詐欺、恐喝などにより取得された商品/宝くじ、富くじ、公営競技投票券、スポーツ振興くじ/医薬品成分入り健康食品、医薬品成分入り化粧品/高度管理医療機器としての承認を得ていないコンタクトレンズ/医療用医薬品(処方せん医薬品に指定されている医薬品)/厚生労働省の定める要指導医薬品/特殊開錠用具所持禁止法に抵触する道具/不正な改造を施された自動車車体及び自動二輪車/法令が定める規格・基準に適合していることが確認できない商品/違法行為(ダフ屋行為等)により入手したチケット、金券/医薬品・医療機器・医薬部外品・化粧品の定義に該当するにも関わらず、薬機法上の承認・届出がなされていない商品/など

(2)公序良俗、モラルに反するもの

公序良俗に反する商品も販売禁止商品です。

主に危険ドラッグや生物、アダルトコンテンツなどが該当します。

危険ドラッグ/シンナーなどの有機溶剤、ガス/生体/汚物、排泄物、廃棄物、動物死体/グロテスクな商品、嫌悪感または不快感を与える商品/使用済みの下着、制服、水着、体操服/盗撮写真、盗撮ビデオ、盗聴もしくは無断録音されたテープ類/モザイク除去機器/一度使用されたことのある鍵、マスターキー/反社会的勢力の名称またはロゴ等が入っている商品/交通取締を免れる等の脱法目的に利用されるおそれのある商品/犯罪方法やテロ行為の手引き、爆発物や武器の製造方法を伝授する商品/など

(3)商品に関する契約等で譲渡・転売が禁止されているもの

クレジットカードや預金通帳などがこのガイドラインの対象となります。

また、特定サービスのポイントなども基本的には譲渡禁止商品です。

預貯金または証券の口座、預貯金通帳、クレジットカード、キャッシュカード、ローンカード/航空会社のマイレージ、その他各種ポイントカード、会員証/航空券、乗車券、入場券/サンプル盤、デモ盤として貸与されているCD、DVD、ソフト/企業が販促のために頒布しているポスター、パンフレット、看板/開通済みの携帯電話、PHS、ポケットベル/など

(4)悪用されるおそれのあるもの

主に個人情報の観点から悪用される可能性のある商品の販売を禁止しています。

例えば卒業アルバムや免許証、保険証、特殊な職業の制服、盗撮の恐れのあるカメラなどもこのガイドライン違反となります。

個人情報、プライバシーに関する情報/身分証明書/官公庁または企業の入館証、社員章、役職や資格、身分を示すバッチ、制服/盗聴または盗撮に悪用されるおそれのある商品/印影から印章を作成するサービス/など

(5)青少年の保護育成上好ましくないもの

児童ポルノやアダルトコンテンツがこのガイドライン違反となります。

児童ポルノ作品/当社が指定する青少年の保護育成上好ましくないビデオ、DVD、写真集、ゲームソフト、書籍、雑誌、フィギュア等/アダルトグッズ/性風俗店の宣伝広告、チケット/など

(6)危険なもの

危険物も楽天市場では販売禁止となっていますので注意してください。

爆発物、危険物/火薬、爆発物、灯油、ガソリン、各種高圧ガス、液化石油ガス/劇物・毒物/注射針のついた注射器/武器として使用されるおそれのある商品(多節棍、トンファー、バタフライナイフ、手裏剣、ボーガン、クロスボウ、洋弓銃、スタンガン、スピアガン、水中銃、スリングショット、催涙スプレー、秘匿性の高い刃物、ヌンチャク、ナックルガード、メリケンサック、警棒)/など

(7)他人の権利・利益を侵害する可能性のあるもの

偽ブランド商品などは、このガイドライン違反となります。

また、著作権に保護されているものについてもガイドライン違反となる商品があります。

権利侵害品(偽造品)/権利侵害品/CD・DVD・ビデオ・テープ・ソフトウェア・ゲームソフトなどのコピー/ブランド品とデザインやロゴマークが類似する商品/アイドルコラージュ、有名人の生写真、有名人の画像や名前を無断で使用した商品/コピーガードキャンセラー、スクランブルキャンセラー/など

(8)その他当社が不適切と判断したもの

他にも以下のような商品は販売禁止商品となります。

身体への安全性が確認できない食品/「消費期限」の切れた食品/使用期限切れ医薬品/医薬品以外の性的機能の強化・改善を目的とする商品(精力剤)/鯨、イルカの部位を用いた製品/招待代行等、ゲームに関するデータや特典その他の利益/中古エアバッグ/反社会的宗教団体と関連する商品/スクリプトを使用するなどしてRMSその他当社のシステムに悪影響を及ぼす可能性のあるソフトウェア/海外出店者向け取扱禁止商材ガイドライン違反/希少動物やその加工品/など


まとめ

楽天市場でのガイドライン違反となる、販売禁止商品と禁止行為について現役楽天店長がご紹介いたしました。

多くの禁止行為は、禁止されている理由も明確ですので問題ないと思いますが、レビューの依頼行為などは、以前は禁止されていなかったため、まだおこなわれている店舗さんも一部存在しています。

禁止行為を行うと、最初は楽天市場からの警告がありますが、改善対応がなされなければ、最悪の場合強制退店となりますので注意してください。

また、メルカリ感覚で販売している商品の中には、楽天市場では禁止商品になっているものも多数存在しています。

十分に注意して、不要なペナルティを受けないようにしましょう。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す