ヤフーショッピングのSEO対策|キーワードを最適化させるためのルール

■ヤフーショッピングのキーワード対策 SEO対策 キーワードの適合順



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■YahooショッピングのSEO対策 どこに入力すると検索対策になるのか?
Yahoo!ショッピングの検索対象項目はこちら

■YahooショッピングのSEO対策 検索結果の表示順位の決定基準 おすすめ順
おすすめ順の検索結果の仕組みについて

■YahooショッピングのSEO対策 検索結果の表示順位の決定基準 売れている順
ヤフーショッピングの売れている順の表示結果について

■ヤフーショッピングのキーワード対策 SEO対策 キーワードの適合順
Yahoo!ショッピングのキーワードの評価基準

■安い順と高い順の表示順位
Yahoo!ショッピング 価格の安い順、高い順の表示順位

■yahooショッピングの検索対策 レビューが多い順
yahoo!ショッピング レビューが多い順の表示順位について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

yahoo!ショッピングでキーワードを最適化させるには?

Yahoo!ショッピングの商品検索において、
キーワード検索を実施した際、
検索結果の画面上部に
「キーワードの適合順」
というボタンがあります。

これは、検索したキーワードに対して、
Yahooショッピングが
キーワードが最適化されている
順番に表示させる仕組みです。

この「キーワードの適合順」については
単に、キーワードの適合を判断する以外に
実際の検索結果のキーワードの評価
にも利用されていると思われます。

よく、楽天市場やYahooショッピングで
商品をさがしているユーザーが
以下のようなことを不満点に挙げているのを耳にします。

「商品検索が精度が低い」
「商品が探しにくい」

逆にAmazonでは

「商品が探しやすい」

ということを聞いたりもします。

これは、そもそもの
モールの販売方法に
大きな違いがあるためです。


楽天市場やYahooショッピングは
商品単位ではなく店舗単位
で商品を掲載することが可能です。

たとえば、同じ商品として

「アクエリアス」

で検索したとして、
楽天市場やYahooショッピングでは
異なる出店店舗の出品している
アクエリアスというキーワードに
適合した商品がずらずらっと
たくさん表示されます。

それぞれ、販売価格も違えば
送料も異なります。

ユーザーはどのお店から
アクエリアスを買えばいいかで
迷うこともおこるわけです。

Amazonで「アクエリアス」を
検索した場合、
アクエリアスというキーワードで
適合した商品ページが表示されますが
そのほとんどは「ケース数違い」などの
「容量違い」の商品が表示されていると思います。

Amazonでは、基本的に
一つの商品(同一JAN)は
一つの商品ページとする。

というルールがあるからです。

出品している店舗は、
Amazonのひとつの商品ページに
ぶら下がるような形で
商品を出品しているわけです。

ユーザーがAmazonで
商品が探しやすいという理由はここにあります。

では、探しにくいといわれている
楽天市場、Yahooショッピングでの
商品検索について話を戻しましょう。

今回、Yahooショッピングでの
キーワードによる商品検索において、
「キーワードの適合順」
という項目をわざわざ用意しているのには

Yahooショッピングが

「キーワードによる表示を最適化したい」

という意図があるからだと思います。

もちろん、その大きな理由は

ユーザーの利便性の向上、
ユーザビリティの向上にあります。

Googleの検索アルゴリズムと
同じく、Yahoo!ショッピングにおいても
同じような評価基準を設けて
商品ページの検索適正を数値化していると
考えるのが普通だと思います。

各項目にそれぞれ加点、減点を
していくことで、商品ページの
「スコア」を決めているわけです。

最終的には、その「スコア」が
高いページが、
「売れている個数」
「ページビュー数」
「在庫数」
等の要素も加味されたうえで
総合的な順位を決定しているように思います。

では、「キーワード適合順」について
それぞれの項目別評価基準を確認していきましょう。

【在庫あり商品を優先する】

「在庫あり」→「在庫なし」の順に並べる。
当然在庫数が多いものが優先的に表示されます。

【商品名内の先頭キーワードとのマッチ】

検索キーワードが最初にマッチした単語の位置を
見て、前にあればあるほど加点、後ろになるほど徐々に減点。

重要なキーワードは、商品名の先頭に配置したほうが
効果的ということですね。

【単語同士の近接具合】

2単語以上で検索された際、検索結果で、単語間の
距離が近い場合に加点。
単語間の距離が離れるにしたがい、徐々に減点。

これは、キーワードが複数ある場合に、
そのキーワード同士が隣り合っていればいるほど
優先度が高まるということのようです。

例えば・・・

「お米」というキーワードを軸とした場合、

「産地直送」
「10kg」
「こしひかり」
「無洗米」
「送料無料」

などの複数キーワードを設定すると思います。

どのキーワードを隣に持ってくるかによって
優先度の評価が変わってくるということですね。

【販売個数】

商品の販売個数に応じた加点。
これもそのまま、販売数量が多い順に優先されるということです。

【商品ページのページビュー(PV)数】

商品ページのページビュー(PV)数に応じた加点。

【商品名内の修飾文字】

減点対象文字が含まれた回数で減点。
(減点対象の修飾文字)
【】[]!!★☆◆≪≫■<> ♪◎●※◇○□△▲▼▽

これは意外に気づかずやってしまっている
店舗さんも多いのではないでしょうか。

特に【】などは、キーワードの区切りに
よく利用したりします。
また、商品名を目立たせるために
☆や★、◎などもよく利用している店舗を目にします。

楽天市場では上記の記号がマイナス評価となる
という話は聞いたことがありませんので
現状ではYahooショッピング独自の
判定基準といえるでしょう。

ただ、減点対象とYahooショッピングが
公表しているわけですから
可能であれば、上記の記号は利用しないほうがよいでしょう。

【商品名の文字列(文字数)】

商品名が平均分布(※)以上に長いものは減点。
※Yahoo!ショッピング内での商品名の文字数の平均

商品名の文字数については諸説あります。
現状で最も有力といわれている文字数については
Yahooショッピングの「スマートフォン表示」の
商品名の表示数が「30文字」とされています。
30文字前後が最適化された商品名ではないか?
という憶測がありますが、これについては
参考までにしておいてください。

【プロダクトカテゴリ名マッチ】

検索キーワードが、商品の登録されている
プロダクトカテゴリ名とマッチしている場合、加点。

【送料無料対応】

送料無料設定をしている場合、カテゴリリストで加点。
※「条件付き送料無料」は対象
※キーワード検索時には加点されないです。

【ポイント倍率設定】

ストア負担のポイント設定をしている場合、カテゴリリストで加点。
※キーワード検索時には加点されないです。

【きょうつく・あすつく対応】

きょうつく設定または、あすつく設定をしている場合、
カテゴリリストで加点。
※キーワード検索時には加点されないです。

【ベストストア】

月間または年間ベストストア受賞実績がある場合、
カテゴリリストで加点。
※キーワード検索時には加点されないです。

【迷惑行為・違反行為】

迷惑行為、違反行為ありの場合、大幅減点。
これについては、店舗運営上、当然といえば
当然のペナルティとなります。

商品と関係ないキーワードを埋め込んだり
同一商品を大量に登録したりするのは
ペナルティの対象となりますので注意しましょう。

※記載内容は2017年4月時点での確認となります

[PR]

ECエヴァンジェリスト

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す