ペルソナとは(persona)|ECサイト用語集


初心者でもわかるネットショップ用語

ペルソナとは(persona)


ペルソナとは(persona)

ペルソナとは

ペルソナ(persona)とは、心理学的な意味では、カール・グスタフ・ユングの概念。

元々は、古典劇において役者が用いた仮面のことでしたが、ユングは人間の外的側面をペルソナと呼んだことに由来します。

マーケティング用語として利用される「ペルソナ」とは、ある商品やサービスの対象となる象徴的な顧客像のことを言います。

商品やサービスを開発する上で、ペルソナを設定することで、感情移入することができ、より良い製品やサービスを開発できるという手法です。

今回は、ネットマーケティング、ECサイトに関する「ペルソナ」についてご説明いたします。


ECサイトにおけるペルソナとは

ECサイトにおけるペルソナとは、利用者、注文者がペルソナとなります。

特にペルソナを意識する必要があるのは、「特定ジャンルに特化したネットショップ」の場合です。

例えば、「かわいいスマホケース」などは、利用するペルソナとしては、「女性 10代~20代 ファッションなどに興味がある 学生/社会人」などといった人物像が浮かび上がります。

「黒い革製の手帳」などであれば、利用する対象としては「男性 20代~50代 ビジネスマン」などのペルソナが想定されると思います。

ペルソナは、別の言い方では「ターゲット」と呼ばれることもありますが、ターゲットというのは先ほどの事例のように「性別 世代 職業」のような項目をザックリと指すことが多いです。

ペルソナと呼んで人物像を想像する場合は、更に深い要素まで顧客増を絞り込むことがあります。

ペルソナの設定項目について、次に説明いたします。


マーケティング上のペルソナの設定項目

マーケティングにおけるペルソナの設定項目としては、以下のような項目が挙げられます。

  • 名前
  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 居住地
  • 家族構成
  • 趣味
  • ライフスタイル
  • 価値観
  • 消費行動

ターゲットが、「20代 男性 会社員」などという幅広い枠であるのに対して、ペルソナは、まさに、「一人の人格」のような対象増を浮かび上がらせることができます。

居住地や家族構成、ライフスタイルなどを想定することで、ペルソナがどのような消費行動を行い、商品やサービスとかかわっていくのかをシミュレーションしていくわけです。

ターゲットとペルソナの大きな違いは、この細分化された項目にあると言えます。


ペルソナについてのまとめ

ペルソナ、主にマーケティングで使われる「ペルソナ」について説明いたしました。

ペルソナを設定することで、商品やサービスをよりユーザー目線に立って開発、販売することが可能となるほか、非常に絞り込まれた人物像ゆえに、サービスなどのブレがなくなることも期待できるメリットです。

ネットショップの販売でも、実際に購入する消費者像を明確にして、メルマガ配信やバナー画像の作成を行えば、転換率の向上が期待できます。

また、ペルソナを明確にすることで、ECサイトで販売中の商品名やキャッチコピーにも、対象となる消費者に「ささるコピー」「検索されるキーワード」が見えてくるはずです。

参考になれば幸いです。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す