フィンテックとは(fintech)|ECサイト用語集

642 views

初心者でもわかるネットショップ用語

フィンテックとは(fintech)


フィンテックとは(fintech)

フィンテックとは

フィンテック(fintech)とは、金融(Finance)とIT技術などのテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語です。

ファイナンス・テクノロジーを略して、「フィンテック」と呼んでいます。

フィンテックは、その言葉の意味として、ITにおけるビッグデータを活用した革新的な金融商品やサービスを意味することもあり、既存の金融・サービス事業にとっては、新たな競合的視点での存在となっています。

今回は、現役ネットショップ店長が、ECとフィンテックに対しての視点を中心に、フィンテックのメリットや将来性などを解説していきます。


フィンテック(fintech)のメリット

フィンテックのメリットとしては、これまでの既存の金融機関が行っている金融サービスに対して、主に一部の機能に対してサービスを特価させることで、低コストかつ高精度なサービスを実現できるメリットがあります。

フィンテックのITテクノロジーは、主に「ビッグデータ」と呼ばれる、膨大な顧客情報を元に金融商品・サービスの利用に反映させることができるので、営業面などでもより対象となる顧客を絞り込んだアプローチも可能になります。

2018年1月時点で、特に注目されている「フィンテック」の事例としては、三菱UFJフィナンシャル・グループが、ブロックチェーン技術を利用した独自仮想通貨「MUFGコイン」を発行することを公式に発表しています。

フィンテックは、既存の金融サービスに対しても、IT技術によって、よりコストを引き下げ、リソースも軽減できるメリットがあり、今後の発展も期待されている分野です。


ECにおけるフィンテックの将来性とは

フィンテックとは

Eコマースにおける、フィンテックの将来性としては、2018年1月29日に楽天市場を運営する「楽天」が、野村ホールディングスの傘下にある「朝日火災海上保険」を買収し、損害保険事業に参入することを発表して、大きなニュースとなりました。

楽天はおよそ500億円を投じて、楽天が保有する楽天会員9000万人のデータと、損害保険という金融商材を組み合わせた「フィンテック」を2018年夏頃までに正式子会社化してリリースするとのことです。

【参考】楽天が損保事業に参入!楽天会員データを使いフィンテックを強化!

楽天は、楽天銀行や楽天カードといった金融サービスをすでに保有していますが、楽天市場などのネット通販とも、顧客データの連携が取れる為、顧客の購入履歴などから、世帯状況や趣味嗜好に合わせて、フィンテックにより最適化された保険サービスを提供できる可能性があります。

IT企業のフィンテックを利用した金融業への参入については、スマホアプリの「LINE」が資産運用サービスへの参入をはじめ、YahooもAIを活用した投資信託の販売を開始しています。

ネット通販、ネットショップとフィンテックも、企業規模にもよるところはありますが、今後は他業種からの参入による、新規金融サービスが行われるケースは増えていくことになりそうです。


フィンテック(fintech)についてのまとめ

フィンテックは、昨今の仮想通貨の技術、ブロックチェーンなどと合わせて、インフラ的な役割を果たすことが期待されています。

既存の金融サービスを提供している企業は、IT技術を積極的に取込み、より求める成果の高い顧客へのリーチが可能になることがフィンテックによって可能となりそうです。

また、膨大なビッグデータを活用することで、楽天などは、楽天トラベルなどの利用者に対しても、保険商材を提供できる新しい販路が生まれると期待されています。

2020年には東京オリンピックが控えており、民泊やホテル、宿泊施設に対しても、フィンテックによる商品訴求は効果的に働くと思います。

参考になれば幸いです。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

10億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す