PLAとは(Product Listing Ads)|ECサイト用語集

1,136 views

初心者でもわかるネットショップ用語

PLAとは(Product Listing Ads)


PLAとは(Product Listing Ads)

PLAとは、Product Listing Adsの略称で、GoogleAdwordsのクリック課金型広告サービスのことです。

PLAは「商品リスト広告」「検索リスト広告」と呼ばれることもあります。

主に、Googleの検索時に、商品を表示させる場合と、Googleショッピングに商品を表示させる2つの掲載箇所があります。

今回は、EC市場が拡大している現在、Googleの検索時に商品を表示させることができるPLAについて現役店長が解説いたします。


商品リスト広告(PLA)のメリット

PLA(Product Listing Ads)のメリットは、運営するネットショップの商品をGoogle検索結果と紐づけて表示させることができるため、ショッピングカートなどのプラットフォームにかかわらずアクセスを獲得できる点です。

また、一般的なリスティング広告と比較した場合、PLAの方が広告コストが低くなる傾向があります。

BASE (ベイス) カラーミーショップなどの自社ECサイトの場合、アクセス数を獲得することが難しいというデメリットがあります。

自社ECサイトの商品を効率よくGoogleの検索結果として表示できるPLA、商品リスト広告はメリットが高いと言えます。


商品リスト広告(PLA)のデメリット

商品リスト広告(PLA)のデメリットは、設定が少々ややこしいという点があります。

PLAを利用するには、Googleのツールである「Google Merchant Center (グーグルマーチャントセンター)」を利用する必要があります。

Google Merchant Center

【参考】Google Merchant Center について|Google

Google Merchant Centerの使い方などは、ここでは割愛しますが、PLAを最適化するには、それなりに運用ノウハウが必要となります。

また、リスティング広告よりも広告費は費用対効果的には高くなる傾向にあるものの、クリック課金型(CPC)広告であるため、やはり高い効果を得るにはそれなりの広告予算が必要となります。


PLA(Product Listing Ads)のまとめ

PLA(Product Listing Ads)について、簡単にご説明いたしました。

商品リスト広告は、以前はあまり効果が期待されていなかったのですが、2018年はウェブ広告市場も非常に大きくなり、EC運営者も増えてきたことで注目されています。

PLAを最適化するには、ある程度の運用経験が必要となるため、素人がいきなり高い効果を目指すのは難易度が高いと思います。

また、CPC広告には変わりないため、広告予算もある程度捻出する必要があります。

今後、商品リスト広告はますます、注目されると思いますので、広告予算があるネットショップ運営者の方は一度利用を検討してみてください。

今回の記事が、PLAについての参考になれば幸いです。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す