ネットショップとパレートの法則の関係について

211 views

ネットショップと20:80の法則(パレートの法則)について


ネットショップの運営において、
20:80の法則、パレートの法則が
とても当てはまる点が多いのをご存じでしょうか。

20:80の法則(パレートの法則)とは

経済における利益の大部分は、構成要素の一部分によってもたらされるという経済理論。


ネットショップの売上の80%は20%の顧客が生み出している。

また、ネットショップで売れている商品のうち、全体の20%の商品で
売上の80%を構成しているということも言われています。

裏付けるデータをご紹介します。

楽天市場とYahoo!ショッピングでは
登録されている商品数の割合と
モール全体の流通額の割合について、
全体の20%の商品数で、
モール流通額の80%を生み出していると
日経BigDATAで紹介されています。

【参考】
日経BigData|ECモールの通説「ロングテール」は本当か 機械学習による1億件の推計データで検証


参考データをもとにグラフ化してみました。

以下のグラフは、楽天市場とYahoo!ショッピングの
2大ネットショッピングモールにおいて、
商品登録数と流通額の割合をあらわしたグラフです。

楽天市場とパレートの法則

面白いことに、楽天市場、ヤフーショッピングは
それぞれ出店者数は楽天市場が4万5千店舗で、
ヤフーショッピングはその10倍以上、45万店舗に迫ると
言われています。

店舗数が10倍違う、ふたつのショッピングモール。

当然登録されている商品数も異なります。

しかし、データは、ほとんど同じ線を描いていました。

これは、ネット通販の日本最大規模を誇るモールに
おいてもパレートの法則があらわれていることの証明となります。


ネットショップでは、売上の80%を20%の顧客、
すなわち「リピーター」が生み出しています。

リピーターを増やすことがネットショップの運営を
安定させると言われていることも納得ですよね。

いかに、新規顧客をリピーターへと育成するか、
ここに注力することはネットショップの運営の中でも
非常に重要なポイントになります。

20:80の法則のほかに、

1:5の法則

と呼ばれる法則があるのをご存じですか?

【1:5の法則とは】
1:5の法則とは、新規顧客を獲得するには、
既存顧客の5倍のコストがかかるという法則。


新規顧客は獲得コストが既存顧客の5倍もかかる割に、
その「利益率」は既存顧客よりも低い場合が多いです。

ネットショップの運営では商品を販売するために 新規獲得を重視することが多いのですが、
低コストで育成でき、利益率の高い
「リピーター」を育成することこそ
費用対効果の高い、施策であると言えます。

楽天市場でも、買い物回数が多く
利用金額が多いのは
ゴールド会員・プラチナ会員・ダイヤモンド会員
の3会員で70~80%の割合を占める場合が多いです。

「ロイヤルカスタマー」と呼ばれることもあります。

実店舗でいえば、お得意様ですね。

リピーター獲得の施策については
重要なお話になりますので
また別の機会に。

参考になれば幸いです。

【参考】
パレートの法則 - Wikipedia



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

10億店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す