電子マネー決済とは|ECサイト用語集


初心者でもわかるネットショップ用語

電子マネー決済とは


電子マネー決済とは

電子マネー決済とは、楽天EdyやWAONなどの電子マネーで支払を行うことです。

電子マネーとは、IT技術を利用した電子決済サービスのことで、実際のお金(貨幣)を事前にチャージするプリペイド方式や、後払いにて支払うポストペイ方式などがあります。

コンビニや交通期間、またオンラインショッピングでも決済方法として利用される電子マネー決済について解説いたします。


電子マネー決済のメリット・デメリット

電子マネー決済のメリットとしては、コンビニをはじめ全国共通で幅広い場所での利用が可能な点です。

また、事前にお金をチャージしたり、後払いでの支払により、小銭などのおつりを受け取ることがないため、支払が迅速に行えるというメリットがあります。

電子マネー決済は、クレジットカードなどを所有できない若年層などもプリペイド型などの電子マネー決済なら利用が可能というメリットもあります。

電子マネー決済のデメリットとしては、チャージしたカードやデバイスを紛失すると電子マネーごと失うリスクがあります。

また、カード型の電子マネーは、残高が一見してわからないことや、支払の際に、支払方法を宣言する必要があるという手間の問題があります。

一度チャージしたお金については、基本的には返金ができない(解約時などは返金可能)というデメリットもあります。


電子マネーの種類

電子マネーのタイプ別の種類としては、以下の種類があります。


電子マネー

電子マネーとは、情報通信技術(IT)を活用した、貨幣価値をデジタルデータ化した決済サービスのことを言います。

電子マネーは「マネー」という名称はついていますが、法律的には、「通貨、貨幣」とはことなるとされており、あくまでも企業が提供する「決済サービス」という位置づけになります。


仮想マネー型電子マネー

主にインターネットなどのサーバ内で貨幣価値を電子マネーに置き換えて利用する電子マネーのことを仮想マネー型電子マネーと言います。

ネット通販の電子マネー決済などは、仮想マネー型にあたります。

主な仮想マネー型電子マネーは、WebMoney、BitCash、NET CASH、オフラインデビット、電子マネーちょコムなどがあります。


プリペイド型電子マネー

磁気カードやおサイフケータイなどに、貨幣価値を予め電子データとして、貯めておくことができる電子マネーが、プリペイド型電子マネーです。

代表的なプリペイド型電子マネーとして、Suica、Edy、nanako、WAONなどがあります。


ポストペイ型電子マネー

ポストペイ型電子マネーとは、プリペイドのように予め貨幣価値をチャージするのとは逆に、「後払い」で決済するタイプの電子マネーのことです。

方式的には、電子マネーというよりは、クレジットカード決済と同じタイプになります。

代表的なポストペイ型電子マネーとして、iD、QUICPay、eLIO、VISA TOUCHなどがあります。



電子マネー決済の種類

実際に利用可能な電子マネー決済の種類としては以下の種類があります。


楽天Edy

楽天Edyは日本国内でもっとも広く利用されているプリペイド型電子マネー決済です。


Suica

Suica(スイカ)とは、JR東日本などで導入されている共通乗車カード・電子マネー決済です。


PASMO

PASMO(パスモ)とは、株式会社パスモが発行するサイバネ規格/非接触型ICカード方式の公共交通機関共通乗車カード・電子マネー決済です。


WAON

WAONとは、主にイオングループが発行する、プリペイド型電子マネー決済です。

買い物ごとにポイントがたまるというメリットがあり、支払時に「ワオン!」という犬の鳴き声が決済完了音として鳴る特徴があります。


nanaco

nanaco(ナナコ)とは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが日本国内で展開する非接触型決済方式のプリペイド型電子マネー決済です。


iD

iDとは、NTTdocomoが発行する、ポストペイ型電子マネー決済です。

iDは利用できる場所も多く、ポストペイ型なのでチャージ不足などが起こらないメリットがあります。


QUICPay

QUICPay(クイックペイ)とは、Quick & Useful IC Paymentの略称で、ソニーが開発したFeliCaを採用した電子マネー決済サービスです。

クイックペイには「QUICPay(クイックペイ)」と「QUICPay+(クイックペイプラス)」があります。


au WALLET

au WALLETはプリペイド式の電子マネーカードのことです。

au WALLETへのチャージ方法は、クレジットカード・じぶん銀行・auショップ(現金)などでチャージできます。



電子マネー決済のまとめ

Eコマースでも、クレジットカードと同じように利用される機会が増えている電子マネー決済についてまとめてみました。

クレジットカード決済時の顧客情報保持が禁止となるため、電子マネー決済は、モバイル決済などと合わせて今後ネット通販の決済の主流となる可能性があります。

参考になれば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す