ネットショップのSTORES.jpやBASEが売れないのは当たり前?売れない理由とは?


ネットショップのSTORES.jpやBASEが売れないのは当たり前?売れない理由とは?

STORESやBASEが売れない理由

誰でも簡単にネットショップを無料で開業できるサービスとして、BASE (ベイス) と並んで人気のあるサービスにSTORES.jp というインスタントECサービスがあります。

STORES.jpやBASEを利用しているショップオーナーさんから「商品が売れなくて困っている」という相談が増えてきました。

今回はSTORES.jp BASE (ベイス) でネットショップを出店している方に向けて商品が売れないという理由を現役店長が解説したいと思います。



STORES.jpやBASEが売れない理由は無料だから売れない?

STORESやBASEが売れない理由

STORES.jp BASE (ベイス) は無料でネットショップを開設する事ができるインスタントECサービスです。

よく「BASEは無料で作れるから売れない」「Stores.jpは無料だからたいした機能がない」という声をインターネット上でも見かける事があります。

結論から言えば、BASEもSTORES.jpも無料のサービスだから売れないという事は、全くもってありません。

むしろ、無料で利用できるECカートサービスとして、BASEやSTORES.jpほど優れた機能を多数有しているサービスを私は他に知りません。

ネットショップで商品が売れない理由は、ECカートシステムが無料であるか、有料であるかは一切関係がないと断言できます。

逆のことを言えば、有料のカートサービスを使えば、そのネットショップの商品は必ず売れると言い切れますか?

STORES.jpやBASEでネットショップを出店していて商品が売れない理由は他にありそうです。



STORES.jpやBASEが売れない理由はシステムにある?

STORESやBASEが売れない理由

STORES.jp BASE (ベイス) で作ったネットショップの商品が売れないのは、システムに問題があるのでしょうか?

例えば、BASEにはシステム、機能として以下の機能が無料で利用できます。

BASEで使える機能

  • 配送日設定
  • 独自ドメイン
  • 送料詳細設定
  • シークレットEC
  • 英語・外貨対応
  • 年齢制限
  • 商品検索
  • ショップコイン
  • カテゴリ管理
  • デジタルコンテンツ販売
  • 数量制限
  • ラベル
  • 定期便
  • 販売期間設定
  • 予約販売
  • ショップロゴ作成
  • HTML編集
  • Tシャツ作成
  • スマホケース作成
  • pixivFACTORY
  • monomy
  • Canvath
  • SEO設定
  • Blog
  • BASEライブ
  • おとりよせネット
  • プレスリリース配信
  • 広告出稿
  • Twitter広告「オートプロモート」
  • クーポン発行
  • メールマガジン配信
  • レビュー
  • セール
  • instagram販売
  • GoogleAnalytics設定
  • Yahoo!コンバージョンタグ設定
  • Googleコンバージョンタグ設定
  • 広告効果測定
  • 顧客管理
  • メッセージ
  • 納品書ダウンロード
  • CSV管理
  • CSV一括発送
  • かんたん発送(ヤマト運輸連携)
  • SHIP&CO
  • ChatPlus
  • BizGrowth
  • タオバオ新幹線
  • SpaceEngine
  • 商品の保管・梱包・発送代行サービス
  • 売上管理(freee or マネーフォワード)
  • Googleプロモーションコード
  • ラッピング梱包キット
  • QRコード決済
  • カスタムデザイン名刺


BASEの方だけ列挙してみましたが、これらは全て無料で利用できる機能です。

有料カートサービスでもここまで充実したECカートサービスはなかなかないのではないかと思います。

BASEやSTORES.jpが機能やシステムで売れないというのであれば、これ以上どんな機能があれば売れるというのでしょうか。

そのくらい、インスタントECサービスの機能レベルは高いと言えます。

では、実際にBASEやSTORES.jpを利用しているのに商品が売れないという方のために、なぜ売れないのかその理由をお話したいと思います。



STORES.jpやBASEが売れない理由

STORESやBASEが売れない理由

では、STORES.jp BASE (ベイス) を利用している方で、商品が売れないという方に向けて、売れない理由について考えられる理由をご説明いたします。

今回ご説明する理由は、BASEやSTORES.jp以外の有料のECカートサービスにも言える共通した理由となります。



アクセスが獲得できていない

STORESやBASEが売れない理由

STORES.jp BASE (ベイス) などのネットショップで商品が売れない理由で最も多いのが、アクセスが獲得できていないという理由だと思います。

ネットショップは開店しただけでは、誰にも知られていない状態となっていますから、お客さんが来てくれることはまずありません。

大抵のネットショップは、アクセスが獲得できていない為、商品が売れないという状況が続いている傾向があります。

ネットショップで重要な「売上の公式」という考え方がありますが、「売上=アクセス人数×転換率×客単価」で求められます。

アクセス人数が0人であれば、そもそも何をかけても0円、売上があがるわけがありません。

お店に誰一人お客さんがいないんですから当たり前のことですが、これが意外に分かっていない初心者店長さんも少なくないのです。

ネットショップは作っただけでは売れないのが当たり前という事を理解しておいてください。



商品に需要がない

あなたがネットショップで販売している商品には需要がありますか?

「自社のオリジナルデザインのTシャツだからどこにも売っていない!」

「これは自社開発の特別な機能をもった調理器具だからきっと欲しがる人がいるはず!」

「まだ日本では未発表の商品だからきっと最初に売れるのはうちのショップだ!」

ショップごとに色々な思惑があるでしょうが、残念ながら商品について必要かどうかを決めるのは店舗側ではなく、お客様なんです。

世の中に需要の無い商品をいくら販売してもその商品が売れる事はほとんどないでしょう。

また、先のアクセスの話とも重なりますが、特殊な商品は、それ自体を検索するニーズが少ないため、検索されにくいという点もアクセス数が少ない原因となります。

逆に、商品はメーカーが作っている商品を仕入れているという場合であれば、あなたのショップ以外でも販売している場所は沢山あるわけです。

あなたのネットショップを探し出して購入するよりも、身近な楽天市場Amazonなどのモールでポイントをもらいながら購入する方がメリットが高いと言えないでしょうか?

商品に需要がなければ、ネットショップで販売しても売れる事はないですし、商品の需要があったとしてもあなたのショップで購入すべき明確なメリットがなければ売れる事はないでしょう。



商品ページに不備がある

せっかく売れそうな商品を登録しているのに、商品ページに不備や記載漏れがあるがために売れない状態になっている場合も考えられます。

特にファッションジャンルなどはサイズやカラー展開、素材などが不明だと商品の購入率は大幅に引き下がる傾向があります。

また、商品写真があまりよくない、メーカーが提供するようなカタログ写真のままを掲載している場合も転換率が引き下がる傾向があります。

あと、そのショップの販売者情報が不明確であったり、返品や返金のルールが書いていない、発送までの予定日数が不明、送料がいくらなのかわからないなどといった記載漏れがあると、ユーザーはお店に質問する前に商品ページから離脱してしまう傾向があります。

意外に思うかもしれませんが、ユーザー、お客様はそれほどあなたのネットショップの商品だけにこだわってはいないのです。

他で買えばいいかと思われて離脱してしまう方が圧倒的多数なのです。

お客様に質問される事がないくらい、不明事項を取り除くように心がけてみて下さい。






STORES.jpやBASEを売れるショップにする方法

STORES.jp BASE (ベイス) でネットショップを出店している方に向けて、ショップで商品が売れる為の方法を現役店長がご紹介したいと思います。

売れる為の基本的な方法はたったのひとつなんです。

それはネットショップへの「集客力をつける」という事です。

これは、STORES.jpやBASEだけでなく、自社系ECサイトと呼ばれるMakeShop カラーミーショップ などにも共通して言える施策です。

ネットショップで商品を購入してもらうには、まずは「来店してもらう」事が前提条件です。

それも、一人二人といった少数ではなく、数百人、数千人という単位でアクセス人数を獲得する事を目指す事が重要です。

ネットショップに集客力をつける方法として考えられる方法は以下の通りです。


ネットショップの集客方法

  • 検索広告を利用する
  • SNSを利用する
  • ブログを利用する

検索広告とは、グーグルやヤフーが提供する検索連動型広告を利用する方法です。

リスティング広告やディスプレイ広告などという名前を聞いたことはないでしょうか?

広告を利用すれば、強制的に関連キーワードでネットショップのページURLを検索上部に表示させることができます。

ただし、最近の傾向として、検索広告の広告単価は高騰を続けている傾向があります。

月額数十万円以上の広告予算があって初めてスタートラインに立てるかどうかというレベルの話になりますので、初めてネットショップを立ち上げた方が検索広告を利用する事は現実的とは言えないでしょう。

その為、私がおすすめするネットショップへの集客方法としてはSNSによる集客方法をおすすめしています。

SNSとは、インスタグラムやTwitter、LINEなど基本的に無料で使う事ができるツールが大半です。

もちろん、SNSアカウントを作ればそれで集客できるというものでもありませんので、簡単な方法ではない事をあらかじめご理解下さい。

ファッションジャンルのネットショップであれば、インスタグラムの運用はもはや必須の対応ともいわれています。

BASEでインスタグラムを利用して集客する方法と、インスタグラムとの連携については以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


BASE ベイス のインスタグラムのショッピング機能 Instagram販売App のメリット 使い方


SNSを利用して集客するには、とにかくブランドイメージを統一する事、フォロワー数を増やす事に注力しながら投稿を続けていく必要があります。

最後にご紹介する方法が「ブログを利用した集客方法」ですが、いわゆるSEO対策という方法です。

SEO対策も、SNS集客同様に一朝一夕で何とかなるというものではなく、非常に長い期間、記事を投稿し続けていく必要があります。

ただし、ブログと言っても日記のような記事を書いていてはSEO対策としてはほとんど意味を成しません。

ブログで集客する方法として有効と思われる方法は、コンテンツマーケティング、コンテンツSEO対策を行う事だと私は考えています。

コンテンツSEOについては以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


コンテンツSEO・ECサイトの集客SEO対策成功へのたった1つの方法





STORES.jpやBASEが売れない理由のまとめ

今回は、STORES.jp BASE (ベイス) を利用しているショップオーナーさんに向けて、なぜネットショップで商品が売れないのか、その理由で最も考えられる理由をご紹介しました。

ネットショップは、インスタントECサービスの登場以来、個人でも即日実現可能となりました。

その反面、ネットショップで商品が売れないという状況に陥ってしまう方もまた沢山増えている状況にあります。

良い商品を持っているのに、なぜか売れないという方は、自社ECサイト以外の楽天市場 Amazonなどのインターネットショッピングモールへの出店も検討されるとよいと思います。

自社ECサイトとインターネットショッピングモールでは元々からの来客数が異なる為、商品力さえあるのであれば、ヤフーショッピングなどに出店するだけで売れる可能性もあります。

自社ECサイトの場合はとにかくアクセス人数を稼ぐ方法を確立しない事には商品が売れるという状況を作り出す事が困難なのです。

これは、BASEやSTORES.jpだけの話ではなく、自社ECサイト全般に言える課題でもあります。

また、今回紹介したBASEとSTORES.jpについてサービスの比較もまとめております。


BASEとSTORES.jpを徹底比較してみた


最後までお読みいただきありがとうございました。






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す