STORES.jpで対応可能な決済方法は?フリープランとスタンダードプランでの違いを解説


STORES.jpで対応可能な決済方法は?フリープランとスタンダードプランでの違いを解説

誰でも簡単にネットショップを無料で開業できるサービスとして、BASE (ベイス) と並んで人気のあるサービスにSTORES.jp というインスタントECサービスがあります。

STORES.jpでは、ネットショップをオープンした直後からクレジットカード決済をはじめ、様々な決済方法を利用する事ができます。

今回はSTORES.jp が対応している決済方法について現役ネットショップ店長が詳しく解説していきます。



STORES.jpとは?

STORESとは?

STORES.jp は、個人でもネットショップを簡単に始める事ができるネットショップ開設サービスのことです。

STORES.jpは、難しい知識やスキルがない人でも簡単にネットショップのデザインをする事ができるので初心者の方でも安心のECサービスです。

ネットショップはサービスによっては、非常に複雑なシステムや申請の為の書類提出などが必要なことがありますが、STORESは、個人がメールアドレスさえあれば最短2分でネットショップを作る事ができるサービスです。

初めてネットショップを立ち上げたいという方や、個人でコストをかけずにネットショップを開業したいという方にはおすすめのECサービスだと思います。

STORESのサービスについてのメリットや機能などについては以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


STORES.jp出店のメリットと評判、機能のまとめ


STORES.jpで対応している決済方法

STORES.jpで対応している決済方法

では、STORES.jp が対応している決済方法についてひとつずつ解説していきたいと思います。

STORES.jpでは対応可能な決済方法はかなり豊富なので、ネットショップでのかご落ち対策にもつながると思います。



クレジットカード

STORES.jpで対応している決済方法

ネットショップの決済方法として最も利用されるのが「クレジットカード決済」です。

クレジットカード決済のメリットとしては、注文が入った後、与信、オーソリに問題がなければ即座に商品発送に進められるという点です。

クレジットカード決済に対応できないネットショップは、残念ながら商品が売れる可能性はかなり低いと思います。

STORES.jp で利用できるクレジットカードのブランドはVISA、Master、American Expressの三種類です。



銀行振込

STORES.jpで対応している決済方法

割合的にはかなり少なくなってきていますが、銀行振込を希望されるお客様もおられます。

個人よりも法人など会社からの注文の際に経理の都合で銀行振込を利用したいというニーズも少なくありません。

銀行振込の場合は、支払い手数料が発生しますが、お客様負担となります。

また、支払い期限が注文日の次の日から3日以内に対応しなくてはならない「支払い期限」があることがデメリットですね。



コンビニ決済

STORES.jpで対応している決済方法

コンビニ決済はクレジットカードを所有していない人が選びやすい決済方法のひとつです。

注文完了メールに記載される「コンビニ決済番号」を用いて、最寄りのコンビニで支払いを行う方法です。

コンビニ決済も銀行振込と同じく支払い期限(注文日を含めた3日)があるため期限超過によるキャンセルになりやすいというデメリットがあります。



翌月後払い

STORES.jpで対応している決済方法

STORES.jp における翌月後払いとは決済代行会社Paidyがお客様の代金を一時立て替えという形で支払う決済方法です。

Paidyへの支払いはコンビニ決済・各銀行への振込・Pay-easyでの支払いなど数種類の方法があるため、お客様自身で支払う方法を選択出来るところも大きなメリットです。

また、コンビニ決済を選択した場合は手数料が無料というメリットもあります。

デメリットとしては、Paidyへの支払い期限までに支払いが完了しなかった場合はペナルティ料金が発生する場合があるという事です。



PayPal

STORES.jpで対応している決済方法

PayPalは比較的前から使われている決済方法で、主に海外での取引では主流になっている決済方法です。

PayPalもクレジットカード決済の扱いとなるのですが、決済自体はPayPalが担当するため、購入の際にクレジットカード情報を入力する必要がないというメリットがあります。

PayPalを介して行う場合はクレジットカードの対応ブランドが通常のクレジットカード決済よりも多くなるメリットがあります。

対応しているクレジットカードのブランドは「VISA」「MasterCard」「JCB」「American Express(AMEX)」「Discover」「銀聯カード(Union Pay)」です。



キャリア決済

STORES.jpで対応している決済方法

キャリア決済とは、インターネットで購入した商品の代金を、月々のスマートフォン通信料金に合算させて支払う決済方法のことです。

クレジットカードを所有していないユーザーが利用しやすい決済方法で、スマホを所有している人であれば利用が可能な決済方法です。

「au」「docomo」「SoftBank」のスマホであればキャリア決済に対応していますが、「格安SIM」などのスマホを利用している人は使えないというデメリットがあります。

キャリア決済も右肩上がりで利用者が増え続けている決済方法です。



楽天ペイ

STORES.jpで対応している決済方法

楽天ペイとは、楽天会員登録時に入力したクレジットカードから支払いが行われる決済方法です。

楽天ペイのメリットは、決済時に楽天IDでログインするだけで決済が完了するので、クレジットカード番号を入力する手間を省くことができます。

また、楽天ペイで決済した場合には、楽天スーパーポイントが付与されるというメリットがあります。

楽天ペイを利用するには、楽天会員になっている事が前提となりますし、楽天会員情報にクレジットカード情報を登録している必要があります。



代金引換

STORES.jpで対応している決済方法

代金引換は商品配達時にお客様が商品と交換で代金を支払う方法です。

代金引換を利用するには、ショップ側で配送会社との契約が必要となります。

STORES.jp に支払う決済手数料はかかりませんが、代引き手数料が別途必要となります。

また、代引きでの発送の場合、受け取り拒否などによるトラブルが起こる可能性もあります。



AmazonPay

STORES.jpで対応している決済方法

AmazonPayとは、Amazon.co.jpに登録されたお客様情報を利用して決済できる支払い方法のことです。

その名前の通りAmazonPayはAmazonがサービスを提供していますが、STORES.jp でAmazonPayを利用するには、Amazonの審査が必要になります。

AmazonPayは法人用クレジットカード、本人が特定できる公的証明書があれば審査を受けることができます。

個人ではAmazonPayを利用する事ができないので注意して下さい。




フリープランとスタンダードプランの決済方法の違い

STORES.jp でネットショップを開業する際は、無料で使えるフリープランか、月額1980円のスタンダードプランのどちらかを選ぶ必要があります。

フリープランとスタンダードプランでは、利用できる決済方法が若干異なりますので以下の表を参考にしていただければと思います。


決済方法 フリープラン スタンダードプラン 決済手数料(フリー/スタン)
クレジットカード 必須 必須 5%/3.6%
銀行振込 必須 選択可能 5%/3.6%
コンビニ決済 必須 選択可能 5%/3.6%
翌月後払い 必須 選択可能 5%/3.6%
PayPal 必須 選択可能 5%/3.6%
キャリア決済 必須 選択可能 5%/3.6%
楽天ペイ 必須 選択可能 5%/3.6%
代金引換 × 選択可 (別途)
AmazonPay × 選択可 4%(Amazon)

フリープランは、基本的に決済方法の選択はできませんが、スタンダードプランでは自分の好みの決済方法だけを選択する事が可能です。

STORES.jpのフリープランとスタンダードプランの機能などの違いについては以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


STORES.jpは無料プランと有料プランのどちらがおすすめ?



STORES.jpの決済方法のまとめ

今回は、STORES.jp で利用可能な決済方法について詳しくご説明いたしました。

ネットショップでは、決済方法は多ければ多いほど、ユーザーの離脱率が引き下がるというデータがあります。

STORES.jp では、フリープランでもスタンダードプランでもショップ運営上必須と考えられる決済方法のほとんどに対応しています。

代金引換と、AmazonPayだけは特殊ですが、それ以外の決済方法は管理画面上で一元管理されているので注文の処理の際にも混乱することはほとんどありません。

STORES.jp なら、即日これらの決済方法に対応したネットショップを作る事ができるので初心者の方も安心して利用できるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す