BASE ベイス のインスタグラムのショッピング機能 Instagram販売App のメリット 使い方

20,897 views

BASE ベイス のインスタグラムのショッピング機能 Instagram販売App のメリット 使い方


2018年6月5日に、写真や動画を共有できるSNSサービスとして人気の「Instagram(インスタグラム)」に、ECサイトへの誘導ができるショッピング機能が日本国内でも実装されることが発表されました。

インスタグラムといえば、10代~20代の若い女性ユーザーを中心として利用されているスマホアプリで、「インスタ映え」などの流行語でも話題となったアプリです。

Instagram(インスタグラム)は、写真や動画を投稿する際に、「ハッシュタグ」という「#からはじまる検索タグ」を追記することで、国内外を問わず、沢山のインスタグラムユーザー(インスタグラマー)に写真や動画を配信することができましたが、アプリの投稿画面上から特定の商品などへの誘導はできませんでした。

投稿した写真ないの商品、例えば、腕時計などをタップすることで、その商品の商品名や価格が表示され、特定のECサイトへ誘導させることができる機能がリリースされたわけです。

そのインスタグラムのショピング機能が、簡単EC構築サービスのBASE (ベイス) にも実装されることが発表されました。

今回はEC市場で待望されていた機能といってもいい、インスタグラムのショッピング機能についてBASE(ベイス)を利用されている方に向けて、現役ネットショップ店長がメリットや使い方などを考察してみます。



インスタグラムのショッピング機能とは

BASEのインスタグラムのショッピング機能のメリット

インスタグラムのショッピング機能とは、現在は一部の企業アカウント、ビジネスアカウントとネットショップ構築サービスなどで限定的に採用されている機能で、ECサイトへの誘導機能の事をいいます。

インスタグラムのビジネスアカウントにて、専用のタグを付けた写真を投稿すると、画像の左下あたりに「ショッピング用アイコン」が表示され、そのアイコンがショッピング機能の目印となっています。

ユーザーは、インスタグラムの投稿内の画像をタップすることで、タップした商品の「商品名」と「販売価格」を確認することができ、さらに表示されている内容をタップすることで実際の商品ページに移動する事ができます。

インスタグラムのショッピング機能とは、インスタグラム内にカート、決済機能が備わっているわけではなく、指定したECサイトの商品ページに誘導することが目的の機能です。

現在は、非常に限定された企業のみにリリースされている機能ですが、かんたんEC構築サービスのBASE (ベイス) でネットショップを運営されている方は、対応が可能となっています。

では次にBASEのインスタグラムのショッピング機能について、具体的なメリットなどを解説していきたいと思います。


BASEのInstagramのショッピング機能「Instagram販売App」について

BASEのインスタグラムのショッピング機能のメリット

個人でも簡単にネットショップを開設できるサービスとして、日本国内で人気のあるBASE (ベイス) でも、いち早くインスタグラムのショッピング機能の対応を発表しています。

BASEにおけるインスタグラムのショッピング機能については、「Instagram販売App」という名称で、サービスが提供されています。

Instagram販売Appとは、BASE(ベイス)にてネットショップを出店している店舗の方を対象としたサービスで、「BASE」の管理画面にログイン後、拡張機能「BASE Apps」より「Instagram販売App」をインストールすることで利用が可能となります。

BASEの管理画面上で、Instagram販売Appの設定が必要ですが、設定が完了し、インスタグラムでの利用審査に通過すれば正式に、ご自身がネットショップ用に開設されたインスタグラムのアカウントの投稿画像からBASEの商品ページにリンク設定を行うことができます。

では、BASEのInstagram販売Appのメリットについてご説明していきます。


BASEのインスタグラムのショピング機能のメリット

BASEのインスタグラムのショッピング機能のメリット

Instagram販売Appのメリットとしては、インスタグラムという人気アプリの投稿写真の中に映った商品をタップすることで、その写真上の商品ページへシームレスに誘導させることができるという点です。

これまで、ファッション雑誌などで、商品が掲載されている場合、記事内に記載されている「ブランド名」「価格」などを元に、ユーザーは、自分でその商品がどこで入手できるかを調べなくてはなりませんでした。

商品の販売店を調べた後は、電話やメールなどで、店舗に在庫があるかどうかを確認して、その店舗まで購入しに行くという手間と労力が必要でしたが、インスタグラムというインターネット上に投稿された写真の中にある商品を直接BASEなどの通販ページに移動させることで、ユーザーはストレスなく自分が気に入った商品をネット注文することができるわけです。

BASEのインスタグラムのショッピング機能のメリット

また、インスタグラムという世界5億人以上がアクティブユーザーである人気のアプリと連携させることで、これまでBASEだけでは獲得が難しかったユーザー層へのリーチが可能となります。

ネットショップの運営において、売上アップに必ずと言っていいほど重要とされるのが「アクセス数」を増やすという対応があります。

BASEはこれまでは、ショッピングアプリを経由した検索ユーザーか、もしくは自分のネットショップで開設していたTwitterやFacebook、インスタグラムといったSNSによる集客がアクセス数増加対策の中心でした。

もちろん、GoogleやYahooといった検索エンジンのキーワード連携広告、リスティング広告などによって集客するという手法は、王道的な集客対策ですが、この方法は、近年、クリック単価が上昇している傾向にあるため、広告費用が高額になる傾向があります。

その為、小さなネットショップ、個人のネットショップの規模では、リスティング広告を出稿すれば、広告費用で赤字化してしまうというケースが非常に多いのが現状です。

インスタグラムをはじめ、SNSの多くは無料で利用でき、更にユーザーによって、投稿内容がシェアされることで、より多くのユーザーに費用をかけることなくリーチできるというメリットがあります。

また、検索広告とことなり、SNS経由の拡散は、拡散元となるユーザーのファン、フォロワーに直接投稿が届くため、いわゆるインフルエンサー的なユーザーのシェアは、そこからの拡散力も非常に大きくなるという特長があります。

また、ファッションモデルなどが紹介するファッションアイテムの場合、その商品が売れやすくなるというメリットもあるため、インスタグラムのショッピング機能は、多くのファッション、アパレル系EC運営者が注力していくことが予想されます。

これは一種の「革命」的な機能であると言っても言い過ぎではないほどに、これまでのEC業界が待ち望んでいた機能というわけです。


Instagramのショッピングの承認を受ける方法とは?

BASEのインスタグラムのショッピング機能のメリット

では、BASEでインスタグラムのショッピング機能を利用するために、インスタグラムの承認を受ける方法とはどうすればよいのでしょうか?

インスタグラムのショッピング機能の承認を受ける方法について、公式サイトの説明を元にご説明いたします。

Instagramショッピングがインスタグラムのショッピング申請に承認されるには、ビジネスとアカウント設定が以下の要件を満たしている必要があります。

  • 提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な製品を販売しているビジネスであること
  • Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済みであること
  • ビジネスプロフィールがFacebookカタログにリンクされていること

以上の要件が満たされてはじめて、インスタグラムのアカウントにショッピング機能の利用を許可するかどうかが審査されるそうです。

審査プロセスは通常数日で終了するようですが、アカウントの詳細を審査する必要がある場合はそれ以上の日数がかかる可能性があります。

インスタグラムのアカウントが正式に承認されるとInstagramからお知らせが届き、インスタグラムの「設定」から製品のタグ付けをオンにすることができるようになります。

以上が、インスタグラムのショッピング機能の承認を受ける流れです。

その他のインスタグラムのショッピング関連のFAQなどは公式サイトを確認すれば、疑問点などは解決できるかと思います。



BASEのインスタグラムのショッピング機能のまとめ

インスタグラムのショッピング機能は、リリース直後からEC業界では話題沸騰となりました。

今回ご紹介した、BASE (ベイス) をはじめとして、 ASPショッピングカートサービスを提供しているカラーミーショップ MakeShop でもインスタグラムのショッピング機能の対応を表明しています。

ファッションジャンル、アパレル系商品を取り扱っているEC事業者さんは、今回のインスタグラムのショッピング機能の日本リリースは待ち望んでいた機能の一つだと思いますから、是非できるだけ早くにご自身のインスタグラムアカウントと連携されることをおすすめいたします。

インスタグラムは世界5億人のアクティブユーザーが利用しているアプリですし、インフルエンサーマーケティングなどもこれから期待できる市場です。

リスティング広告などのCPC広告が高騰する現状において、一種のファンマーケティングを展開する方法は、今後非常に有効となると思います。

BASEにネットショップを出店済みの方は、商品のジャンルにもよりますが、是非今回のインスタグラムのショッピング機能「Instagram販売App」の導入を検討してみてください。

まだ、ネットショップ自体を開設していないという方は、BASEは無料でありながらもかなり本格的なEC運営の機能が網羅されているカートシステムとして筆者もイチオシのサービスです。

今回の記事の内容が、BASEでインスタグラムのショッピング機能の利用を検討されている方の参考になれば幸いです。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す