Makeshopのイーレコメンド機能のメリットと費用


Makeshopのイーレコメンド機能のメリットと費用

本格的な卸サイトを構築できるサービスとして、当店でも利用しているMakeShop(メイクショップ) というASP、ネットショップカートサービスがあります。

Makeshop(メイクショップ)が特に優れていると感じるのは、法人間の取引であるBtoBについてのオプション機能ですが、一般消費者に対しても有効な機能が「イーレコメンド」という機能です。

今回は、Makeshopのイーレコメンド機能について、現在Makeshop利用中の現役店長が徹底解説いたします。

Makeshopにネットショップを出店している方、またメイクショップをこれから利用しようと検討されている方の参考になれば幸いです。



Makeshopのイーレコメンドとは?

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

MakeShop のオプション機能であるイーレコメンドとは、Makeshopの商品ページ上にその商品に関連する商品の一覧を自動で表示させることができる有料の追加オプション機能の事です。

分かりやすい具体例としては、Amazon.co.jpの商品ページの下部に表示される「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」という商品一覧が、Makeshopで言う「イーレコメンド」の機能にあたります。

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

Makeshopでイーレコメンドを実装すると、ネットショップに賑わいを与える事ができる上に、イーレコメンドを導入している店舗の売上が平均で1.18倍アップしているという公式データがあります。

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

では、Makeshopのイーレコメンドでどのような機能があるのかについて、具体的な機能とそれぞれのメリットをご説明いたします。


イーレコメンドの機能とメリット

では、MakeShop のイーレコメンドについて、イーレコメンドの機能を一つずつ解説していきたいと思います。


イーレコメンドの主な機能


新着アイテム表示機能

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

イーレコメンドの新着アイテム表示機能とは、ご自身で設定された期間内に登録された商品を表示することができる機能です。

新商品として、ネットショップに表示させると、主に常連さん、リピーターには真新しい感覚で商品ページを確認してくれる可能性が高まります。

また、新商品が表示されることで、ネットショップが稼働している感が演出できるというメリットもあります。

新着アイテム表示機能では、新商品として販売する期間を設定する事で、登録した日から自動で判定して商品を表示してくれるようになります。



ピックアップ表示機能

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

Makeshopのイーレコメンドで、ピックアップ表示機能という機能がありますが、その名前の通り、おすすめしたい商品を任意で設定して、表示させることができる機能です。

レコメンドで表示される場合、通常は商品が、特定条件のもと自動選出されるのですが、ピックアップ表示機能を使えば、自分がユーザーに見てもらいたい商品を選んで表示させることができます。

先の新着アイテム表示機能と、このピックアップ表示機能については、管理画面上でタグ設定を行う必要がある点には注意が必要です。

売れている商品は、自動表示されることで、より売れやすくなりますが、ネットショップとしては、「売りたい商品」「利益が確保できる商品」などももちろん販売していると思います。

売れ筋商品以外のネットショップが売りたいと思っている商品は、ピックアップ表示機能を使うとよいでしょう。



PVレコメンド機能

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

PVレコメンド機能とは、ネットショップでおすすめしたい商品や、ネットショップの人気商品をユーザーに提案できる機能のことです。

PVを元にレコメンド商品を選出するため、商品点数が非常に多くてユーザーにオススメ商品を提案しにくいネットショップには非常に役立つ機能だと思います。

ページビューが多い、つまりは「人気がある」「需要が高い」商品である可能性が高く、入口商品などは特にページビュー数が多くなる傾向があります。




閲覧履歴機能

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

イーレコメンドの閲覧履歴機能とは、ユーザーがネットショップ内で閲覧した商品を再度表示させる機能です。

インターネット広告の手法で「リターゲティング広告」という広告があるのをご存じでしょうか。

リターゲティング広告とは、ユーザーがインターネットサーフィンに利用するブラウザの閲覧履歴をもとに、様々なページに設置された広告バナーに、閲覧履歴をもとに、過去に閲覧したことのある商品を表示させる広告の事です。

ユーザーが一度商品ページを閲覧しているということは、興味があってクリックした商品である可能性が高いため、再度同じ商品を表示させることで、購入に至る可能性が非常に高いと言えます。

閲覧履歴機能は、リターゲティング広告のように、過去の閲覧履歴から購入される可能性の高い商品を再度表示することができます。



ランキング機能

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

ランキング機能とは、その名前の通り、ネットショップの売れ筋商品をランキング形式で表示させる機能です。

レコメンド機能として、ランキング掲載商品、つまりそのネットショップで売れている商品をユーザーに表示させることで、本来なら購入するつもりのなかった商品が、ランキング上位を獲得している(=売れている商品=お買い得商品)ということで購入に至るケースがあります。

ランキング機能は、ネットショップ運営における鉄板コンテンツとも言えますね。



レコメンドメール機能

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

レコメンドメール機能とは、Makeshopで構築したネットショップ上で、購入した商品の関連商品をメルマガのなかに埋め込み表示させることができる機能です。

過去に購入した商品に関連する商品をリスト表示させることで、売上に直結する可能性があるため転換率が上がりやすいメリットがあります。

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

レコメンドメール機能を利用するには、Makeshopのオプション機能である「MakeRepeater(メイクリピーター)」の契約が別途必要となります。

MakeRepeaterについては、以下のページに詳しくまとめていますのでこちらを参考にしてください。


Makeshopのメイクリピーターのメリット





イーレコメンド機能の費用について

Makeshopのイーレコメンド機能のメリット

Makeshopにイーレコメンド機能を追加する場合は、初期費用2万円に加えて、月額利用料1万円×6ヶ月、もしくは月額利用料1万円×12ヶ月を一括で支払う必要があります。

また、イーレコメンドのタグ設置をMakeshopに依頼する場合、別途税抜1万円の費用が追加で必要となります。

費用に関しては、2018年7月13日時点の情報となりますので、詳細については、Makeshop公式サイトのイーレコメンドのページをご確認ください。




メイクショップのイーレコメンドのまとめ

今回は、本格的なネットショップを構築できるMakeShop のイーレコメンド機能について、現役メイクショップ店長が解説いたしました。

イーレコメンド、関連商品の提案は、ネットショップの回遊性アップには非常に有効な方法です。

また、商品によっては、関連商品を同時購入されるケースもあるため、ネットショップの客単価アップにもつながります。

Makeshopは、特にBtoBオプションなどが優れているので、法人向けのネットショップ構築には非常に高い評価を得ていますし、売れているMakeshopのネットショップ実績も多数あります。

イーレコメンドは、月額1万円でこれだけ豊富な提案機能が実装できるので、Makeshopを利用中の店長さんは、是非イーレコメンドの利用を検討してみてください。

今回の記事の内容が、Makeshopのイーレコメンド機能を検討されている方の参考になれば幸いです。





ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを完全無料で出店するならBASEがおすすめ!

ネットショップBASE

完全無料でネットショップを出店できるBASE は日本国内で90万ショップを超える人気ECカートサービスです。

また、BASEのアプリは600万ダウンロードを突破しており、多くのユーザーがBASEアプリでBASEに出店しているネットショップの商品を検索しています。

ネットショップBASE

お母さんでも開店できるがコンセプトのBASEなら誰でも簡単に無料でネットショップをスタートできます。





ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す