Makeshopで楽天PAYとAmazonPayを導入するメリットと費用


Makeshopで楽天PAYとAmazonPayを導入するメリットと費用

Makeshopに楽天PAYとAmazonPAY

本格的な卸サイトを構築できるサービスとして、当店でも利用しているのがMakeShop というASP、ネットショップカートサービスです。

Makeshop(メイクショップ)は、自社ECサイトの部類になりますが、自社ECサイトに導入する事で売上アップすると評判の高いのが楽天市場やアマゾンといったショッピングモールのIDを利用したID決済です。

今回は、Makeshopに導入する事ができる楽天ペイとアマゾンペイが、期間限定無料キャンペーンを行っているようですのでご紹介したいと思います。

Makeshopにネットショップを出店している方、またメイクショップをこれから利用しようと検討されている方の参考になれば幸いです。



Makeshopに楽天PAYなどのID決済を導入するメリット

MakeShop 楽天市場 の楽天ID決済、楽天PAYやAmazonのID決済、AmazonPayを導入するメリットは、自社ECサイトによく起こる「カゴ落ち」を防止できる可能性が高まるという点です。

メイクショップやカラーミーショップ は、自社系ECサイトと呼ばれるネットショップで、新規のユーザーがMakeshopで構築されたネットショップで商品を注文する際には、配送先情報や、クレジットカード番号などの個人情報の入力が必要となります。

最近では、ユーザーのクレジットカード情報を盗み取る事を目的としたフィッシングサイトと呼ばれる詐欺サイトも多数存在しているため、ユーザーは、見ず知らずのECサイトでクレジットカード情報を入力することを敬遠する傾向が強くなってきています。

また、自社ECサイトは、最初の注文の際に会員登録が必要となることが多い為、個人情報の入力が非常に面倒になり、結果購入をやめてしまうというユーザーも多いのです。

楽天市場のアカウント情報やAmazonのアカウント情報をそのまま決済方法として利用できる楽天ペイやアマゾンペイは、ユーザーにとっては、個人情報の入力なしで、Makeshopで構築されたECサイトでのネットショッピングが可能になるため、転換率がアップしやすくなるというデータがあります。

楽天PAYなどをMakeshopに導入することは、新規ユーザーからの注文獲得の確率が非常に大きくなるメリットがあると言えます。

楽天PAYについては、以下のページに具体的な情報をまとめていますので、こちらも参考にしていただければと思います。


 data-recalc-dims=ECサイトに楽天PAYオンライン決済を導入するメリットとは?" class="imgCntr">


楽天ペイのメリットと導入費用について

Makeshopに楽天PAYとAmazonPAY

Makeshopの決済方法として、楽天ペイを導入するメリットは先ほどご説明いたしましたが、楽天PAYを導入するともうひとつ大きなメリットがあります。

それは、ユーザーは、MakeShop で構築されたECサイト上のお買い物の際に、楽天スーパーポイントが貯まるというメリットです。

他にもMakeshopに楽天ペイを導入することでえられるメリットは多く、以下のようなメリットを享受することができます。

Makeshopに楽天PAYとAmazonPAY

楽天PAYをMakeshopに導入する費用は、月額2000円の費用と、決済手数料5%が必要となります。

Makeshopに楽天PAYとAmazonPAY

決済手数料の5%のうち、1%は楽天スーパーポイントの原資ですから、実質の決済手数料は4%と、クレジットカード決済手数料とほぼ同じくらいですね。

初期費用が無料というのもありがたいです。

この楽天PAY導入の月額利用料が、最大で4カ月間、約8000円が無料になるキャンペーンを2018年7月1日~9月30日の申し込みまでの期間限定で行っています。

Makeshopに楽天PAYとAmazonPAY

キャンペーンの詳細については、以下のMakeshop公式ページをご確認ください。




Amazon Payのメリットと導入費用について

Makeshopに楽天PAYとAmazonPAY

AmazonPayについても、楽天ペイと同様に、Amazonのアカウント情報を元に、Makeshopでログインするだけで決済ができる機能です。

Makeshopに楽天PAYとAmazonPAY

Amazonのアカウントを所有しているユーザーが、Makeshopで構築されたECサイトでネットショッピングを行う際に、AmazonPayに対応していれば、ユーザーはアマゾンのログイン情報だけで決済と発送依頼が可能となるため、自社系ECサイトのかご落ちを大幅に削減できるというメリットがあります。

AmazonPayをMakeshopのECサイトの決済方法として導入するメリットで特筆すべき点は、アマゾンという世界規模のECサービスの高いセキュリティを利用できるという点です。

また、Amazonマーケットプレイス保証の対象となる点もアマゾンペイならではの手厚い保証だと言えます。

Makeshopに楽天PAYとAmazonPAY

MakeshopにAmazonPayを導入する費用は、こちらも楽天PAYと同様に初期費用に関しては無料です。

月額費用が、楽天PAYよりも1000円高い、3000円が必要となります。

ただし、アマゾンペイでは、ポイント原資が必要ないため、決済手数料は、楽天PAYの5%よりも1%低い、4%となります。

楽天市場の会員とAmazonのプライム会員は、それぞれ別の売場の優良会員ですから、可能であれば楽天PAYとアマゾンPAYは両方導入できると理想的ですね。

Makeshopに楽天PAYとAmazonPAY


メイクショップのID決済のまとめ

今回は、法人とのEC取引に定評のあるMakeShop に、楽天市場の楽天PAYとAmazonのAmazonPayを導入することについて現役メイクショップ店長がご説明いたしました。

メイクショップやカラーミーショップなどの自社系ECサイトのもっとも離脱される要因は、クレジットカード情報などの入力があるという点です。

楽天市場の楽天会員もAmazonのプライム会員も、世界規模では1億人以上の会員数を誇っています。

自社ECサイトが売れないとお悩みの方は、まずは、楽天ペイやアマゾンペイが導入できないかを検討されることをおすすめいたします。

また、Makeshop自体をまだ導入されていない方は、以下のページにメイクショップを実際に使ってみてのメリットや感想をまとめていますのでこちらを参考にしていただければと思います。


Makeshop(メイクショップ)出店の評判

今回の記事の内容が、Makeshopに楽天やアマゾンのID決済を導入検討されている方の参考になれば幸いです。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す