Makeshopの予約販売機能で売上アップ!メリットと導入費用

3,794 views

Makeshopの予約販売機能で売上アップ!メリットと導入費用

本格的な卸サイトを構築できるサービスとして、当店でも利用しているのがMakeShop というASP、ネットショップカートサービスです。

Makeshop(メイクショップ)は、カラーミーショップ ショップサーブ などと同じ、自社ECサイトというくくりになります。

ネットショップで商品を販売する際に、需要を早期獲得できるメリットがあるのが「予約販売」という販売方法です。

今回は、Makeshopでネットショップ構築を検討されている方に向けて、売上アップにつながる機能でもある予約販売機能についてご説明いたします。

Makeshopにネットショップを出店している方、またメイクショップをこれから利用しようと検討されている方の参考になれば幸いです。



Makeshopの予約販売機能とは?

Makeshopの予約販売機能とは

MakeShop の予約販売機能とは、実際に発売する前の商品を先行販売として予約注文を受け付ける事ができる機能の事です。

ネットショップでの商品販売において、予約販売は、楽天市場 などのショッピングモールでも実装されている定番の機能です。

予約販売は、発売前に商品の注文を獲得できることから、商品需要を先取りして、売上を拡大させることができるネット販売方法でもあります。

今回は、当店の本店ECサイトでも利用しているメイクショップにて、予約販売機能のメリットや導入費用をご説明いたします。

実際にMakeshopにてネットショップを開設してみての感想やメリットなどは、以下のページにまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


Makeshop(メイクショップ)出店の評判


Makeshopの予約販売機能のメリット

Makeshopの予約販売機能とは

Makeshopの予約販売機能のメリットについて、4つのメリットをご紹介いたします。

予約販売自体に大きなメリットがありますが、Makeshopで行う予約販売機能におけるメリットとしてご説明したいと思います。

(1)発売日が未定なのに売れる

例えば、季節商品などで、特に農産物、果物などは、具体的な発売日を決定する事が難しい商品ですよね。

お米などは、毎年新米として販売されますが、その年の天候や気候の影響によって、収穫時期は毎年異なります。

予約販売機能であれば、概ね○月頃発送というアバウトな設定で商品を販売する事ができるため、需要を先取りすることができます。



(2)季節イベントの事前予約受付ができる

ネット通販における、季節イベントとしては、クリスマス商戦やバレンタイン商戦、お正月のおせち料理などが挙げられます。

おせち料理などは、実際に利用するのは、年末年始、12月31日~元旦にかけての需要が高いですが、ネット通販、特におせち料理の販売に強い、楽天市場 などのショッピングモールは、11月頃から、おせち料理の予約販売を受け付けている店舗が多いです。

おせち料理やクリスマスケーキなどは、一年に一度の需要商品でもあるため、他のネットショップで注文をしてしまうと、他の店舗のおせち料理やクリスマスケーキを探さなくなる傾向があります。

予約販売機能を利用して需要を先取りする事は、競合店舗よりも早く注文を受け付ける事ができるというメリットがあります。



(3)運用の手間を削減できる

予約注文が入った場合、通常商品と同時に注文されると、注文の処理が混乱する場合がありますが、Makeshopの予約販売機能なら、通常注文商品だけを先に発送したり、予約販売商品と同時に発送したりという処理が可能です。

管理画面も予約注文と通常注文で同じ画面で完結できるメリットがあり、管理の煩雑さなどはありません。



(4)受注発注ができ、管理もラク

予約注文のメリットとしては、商品を仕入れる前にある程度、需要の確認ができるため、余剰在庫を確保する必要がなくなるというメリットがあります。

これはネット通販に限らず、一般的なマーケティングでも行われることがありますが、特定地域などに限定して商品を先行販売して、売れ行きをシミュレートすることがあります。

ネットショップの運営で失敗する要因のひとつが「過剰在庫」ですから、需要を先に確認して、ある程度まとまった段階で発注をかけることでコスト削減につながるメリットがあります。




Makeshopの予約販売機能導入の費用について

Makeshopの予約販売機能とは

Makeshopに、予約販売機能を導入するには、通常の出店料金とは別にオプション料的な費用が必要となります。

導入費用は、一年間で6万円(税抜)を一括払いする必要があります。

月額にすれば、5000円ですから、さほど高いコストというわけではなく、一般的なオプション料金だと思います。

ただし、注意点は途中解約はできず、1年契約となりますので、その点は気を付けてください。

Makeshopには他にも法人向けに強いBtoBオプションなど、魅力的なオプションサービスが多数あります。


Makeshop(メイクショップ)出店の評判


メイクショップの予約販売機能のまとめ

今回は、Makeshopの予約販売機能について、メリットや費用についてご説明いたしました。

ネットショップの運営において、需要を先取りすることは競合店舗との顧客獲得争いにおいては非常に重要なポイントです。

特に、一年に一度しか購入しない季節限定商品は、どのネットショップから買うかを決めた段階でそのユーザーは新たに商品を検索しなくなりますから、予約販売は非常に有効な方法です。

また、予約販売を行う際には、「早期割引」という特典をユーザーに提示することで、転換率が上がりやすくなる傾向がありますので、早割の導入も検討してみてください。

季節商材は、その年の商品を気に入ってもらえると、翌年以降のリピート注文にもつながる可能性がありますので、是非予約販売機能で需要を先取りしてみてください。

リピート注文なら、単品リピート通販という特定商品に特化した販売方法も有効ですので、こちらも合わせてご検討いただければと思います。


単品リピート通販のおすすめ

今回の記事の内容が、Makeshopで予約販売機能の導入を検討されている方の参考になれば幸いです。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す