カラーミーリピートとカラーミーショップを併用・同時出店すると料金がお得になる新プラン誕生


カラーミーリピートとカラーミーショップを併用・同時出店すると料金がお得になる新プラン誕生

カラーミーリピートとは



カラーミーリピートとは

カラーミーリピートとは

インターネット販売において、定期購入通販を業界最安の月額9800円で運営できるのがGMOペパボ株式会社が運営するカラーミーリピート というサービスです。

カラーミーという名前でピンときた方もおられると思いますが、GMOペパボ株式会社は、ネットショップ構築で実績のあるカラーミーショップ を提供している会社でもあります。

商品を多数出品する一般的なネットショップは、総合通販と呼ばれていますが、総合通販が競争が激しくなり難易度を増す中で、注目されているのが「定期購入」「単品リピート通販」と呼ばれるネット通販の販売方法です。

カラーミーリピートのほかにも、定期購入通販が可能となるサービスとして、リピスト や、サブスクストア 楽楽リピートなどがあります。

今回はカラーミーショップ カラーミーリピート を併用する事で、料金プランがお得になるメリットなどが新たにリリースされましたので詳細をご説明したいと思います。

また、カラーミーリピートを利用してみての感想やメリットなどを知りたいという方はこちらのページを参考にしていただければ幸いです。


定期購入のカラーミーリピートとは?評判や口コミ・事例や料金を徹底解剖





カラーミーショップとは?

カラーミーショップとは

カラーミーショップ とは、カラーミーリピートと同じく、GMOペパボ株式会社が提供するネットショップ構築サービスのことです。

カラーミーショップは、ECサイトの構築に関して、低コストで多機能な本格的ネットショップを開設できるサービスとして人気があるサービスです。

カラーミーショップの特徴としては、EC業界でも比較的古くからリリースされているサービスでもあるため、ネットショップの運営に関するノウハウが凝縮されたサービスであるという点です。

またカラーミーショップは、利用者に対する手厚いサポート体制も人気の秘密と言われていますが、電話やメールなど利用者のニーズに合わせたサポートを実施してくれます。

カラーミーショップ を実際に利用してみての感想やメリット、料金プランの比較などを以下のページで詳しく解説していますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。


カラーミーショップの出店の評判と料金の比較



カラーミーリピートとカラーミーショップの併用のメリット

2019年11月18日からリリースされた、カラーミーリピートとカラーミーショップの併用に関するプランについて、併用するメリットをご説明いたします。

カラーミーリピート カラーミーショップ を併用して利用する事で、カラーミーリピートの出店時の固定費が最低ゼロ円となる新プランができました。


カラーミーショップとは


カラーミーショップはどちらかと言えば、総合通販、様々な商品を同時出品するのに向いているECカートサービスだと思います。

商品を単品でリピート購入してもらいやすいリピート通販の仕組みに特化しているカラーミーリピートを同時出店した場合、これまでは個別に出店の月額料金が発生していました。

今回の新プランによって、カラーミーショップで既にネットショップを開店しているオーナーさんは、カラーミーリピートの出店時の費用が最低ゼロ円から使えるようになりました。

商品の種類別で、カラーミーショップとカラーミーリピートを使い分ける事で、よりコンバージョンが高くなる可能性があります。


カラーミーショップとは


また、カラーミーショップとカラーミーリピートを併用するメリットとして、すでにカラーミーショップで販売中の商品ページに、定期購入用のカートボタンを追加する事ができるようになります。

定期購入に向いている商品に対しては、カラーミーショップ上で定期購入の注文を承る事も可能となるわけです。


カラーミーショップとは


なぜ、カラーミーショップとカラーミーリピートという二つのECサービスを併用した方がいいのかというと、単品リピート通販には、お客様が定期購入を行う際に購入サイクルなどを設定して注文してもらう必要がある為、単品リピートに特化したカートの方が注文しやすいというメリットがあるからです。

もう少し正確に言えば、リピート通販の場合は、配送期間や決済方法など専用のシステムを用意しなければリピート通販の注文を受ける事ができないんです。


カラーミーショップとは


定期購入、サブスクリプションが最近ではトレンド的に言われる事も増えてきていますが、定期購入通販は、確かにネットショップの運営において、売上を安定させるメリットがあります。

また、お客様の購入時期に合わせて、「そろそろ商品が無くなっていませんか?」といった自動送信メールをリマインド的に送信する機能も単品通販カートには備わっている事が多いです。


カラーミーショップとは


総合通販と単品リピート通販は、お客様の注文の仕方、ニーズへのリーチ方法が事なる為、同じシステムを使っていてはどちらもカバーするのが難しいのです。

では、実際にカラーミーリピートとカラーミーショップを併用した場合、どのくらいの費用が必要になるのかを次にご説明いたします。



カラーミーリピートとカラーミーショップの併用時の料金表

カラーミーリピートとカラーミーショップを併用して出店した場合にかかる料金をご説明いたします。


カラーミーショップとは


カラーミーショップを「ラージプラン」「プラチナプラン」で出店している場合、カラーミーリピートの月額利用料は「0円」となります。

通常、カラーミーリピートの月額利用料は9,800円ですから、かなりお得に運営できる事になります。

カラーミーショップを「レギュラープラン」「エコノミープラン」「スモールプラン」で出店している場合、カラーミーリピートの月額利用料は「3,500円」となります。

それでも元々の9,800円からすると、6,300円もコストダウンとなりますので非常にお得だと思います。

2019年においては、総合通販、特に自社ECサイトと呼ばれる、STORES.jp BASE (ベイス) などの無料系ECサービスでネット販売する事は集客面で非常に難易度が高くなってきています。

単品リピート通販の場合、商品ページ自体がランディングページ的な役割を果たす事もあり、コンバージョン率が高くなる傾向があります。

また、Googleなどの検索連動型広告を利用した場合に、ランディングするページとしても効果的な役割を果たすのがランディングページですから、ショッピングカートと一体化しているリピートカートは総合通販よりもユーザーへの訴求力が高くなると思います。

ネットショップのコンバージョン率をアップさせる方法については以下のページにまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


ネットショップのコンバージョン率 CVR アップ方法!転換率を上げる方法




カラーミーリピートのまとめ

今回は、カラーミーリピートとカラーミーショップを併用する事でお得に運営できる料金プランがリリースされましたので詳しくご説明いたしました。

リピート通販、サブスクリプションは、大手企業のECサイトでも注目され導入が増えているネット販売方法です。

リピート通販に特化したサービスは、カラーミーリピートのほかにもリピスト や、サブスクストア 楽楽リピートなど様々なサービスがあります。

サービスごとに特徴が異なり、料金プランや手数料も異なりますが、一つ言えることは、可能な限りコスト、固定費を安く抑える事を優先した方がメリットが大きいという点です。

既にカラーミーショップでネットショップを運営されているのであれば、リピート通販サイトを新設する場合、今回の特別料金プランを利用した方が他のカートサービスから新規で契約するよりメリットがあると思います。

実店舗ビジネスを行っていて、ネット販売自体がこれからという方であれば、カラーミーショップとカラーミーリピートを同時出品するというのもサービスを集約できる事で、作業面でのリソース削減のメリットがあります。

サブスクリプション市場は今後ますます拡大していく傾向にありますので、今のうちからリピート通販サイトを開設されるとよいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す