2019年最新 店長が教えるカラーミーリピート出店のメリットと評判 料金 機能 感想


2019年最新 店長が教えるカラーミーリピート出店のメリットと評判 料金 機能 感想

かんたんにネットショップを開業できるサービスとして、BASE (ベイス) と並んで人気のサービスにSTORES.jp があります。

STORES.jpとBASEは、「インスタントECサービス」と呼ばれ、個人ユーザーから法人まで幅広く利用されている人気ネットショップ構築サービスです。

過去にSTORESについて紹介した記事がありますが、機能などの情報が更新されているため、2018年9月時点でのSTORESのメリットや評判を現役ネットショップ店長が徹底考察いたします。



カラーミーリピートとは?

カラーミーリピートの機能とメリット

カラーミーリピート とは、インターネット通販において、現在市場規模が拡大し続けているサブスクリプション、定期購入通販のネットショップを構築できるショッピングカートサービスのことです。

カラーミーリピートを運営しているのは、ネットショップで人気と実績のあるカラーミーショップ を運営しているGMOペパボ株式会社です。

カラーミーショップの簡単かつ本格的なECノウハウを活かして、サブスクリプション、単品リピート通販、定期購入通販に特化させたのがこのカラーミーリピートというサービスです。

カラーミーリピートは、定期購入通販カートとしては、月額9800円という業界最低コストでサブスクリプションを実現できる事で人気が高まっています。

では、実際にカラーミーリピートでネットショップを開設している現役店長がカラーミーリピートのメリットについてご説明いたします。





カラーミーリピートのメリット

では、実際にカラーミーリピート を利用している店長が感じているカラーミーリピートのメリットについてご説明したいと思います。

カラーミーリピートには非常に多くのメリットがあると思いますので、順番にご説明させていただきます。


最短10分!簡単にリピート通販ページを作成可能

カラーミーリピートの機能とメリット

単品リピート通販をインターネット上で開始する為には、ASPサービスの契約から、クレジットカード会社への決済利用申請などを経て、ページ作成、デザイン設定、商品登録などを行う必要がありました。

その為、早くても単品リピート通販で商品を販売するには40日程度はかかっていたと思います。

カラーミーリピートは、クレジットカード決済の審査も不要で、デザイン設定なども直観的に操作できるため、最短で10分程度でネット販売が可能となっています。

この極限まで短縮したスピード感こそカラーミーリピートの最大の強みといえるかもしれません。



無料でお試し利用ができる

ネットショップを新規出店する際に考える事が「失敗したくない」という事ではないでしょうか?

ネットショップを無料で開設できる事で人気のあるBASE (ベイス) STORES.jp などのインスタントECは簡単で無料という手軽さで人気を不動のものにしています。

カラーミーリピート は、月額費用はかかりますが、販売を開始するまでは費用がかかる事はありません。

ネットショップを出店する際に、月額利用料が必要なサービスの場合、ネットショップの開店に関わらず費用が発生するのが通例ですが、カラーミーリピートは、商品を販売開始するまでの間は、費用が一切かからないのです。

安心してネットショップの構築や商品登録に時間を使う事ができるのも大きなメリットだと感じています。

是非、カラーミーリピートでどんなリピート通販サイトが作れるのかをまずは無料体験してみてください。





決済審査不要ですぐにカード決済が使える

カラーミーリピートの機能とメリット

当店では、日本を代表するインターネットショッピングモールである楽天市場 にもネットショップを出店しているのですが、楽天市場ではクレジットカード決済の審査に2~3週間程度の時間が必要でした。

その為、ネットショップを開業しようと楽天市場に出店依頼を実施してから、実際に開店できるまでは約2カ月弱の期間が必要となり、その間も月額利用料が発生していました。

カラーミーリピートなら、クレジットカード決済も最初から導入済みのため、個別の審査依頼などが不要なのです。

即日クレジットカード決済が使える単品リピート通販サイトを立ち上げる事ができるのもスピード感というメリットがあります。



後払いなど利用できる決済方法が豊富

カラーミーリピートの機能とメリット

ネットショップの運営におけるセオリーとして、「決済方法が豊富に用意されている」という事は、ユーザーの離脱、かご落ちを防止する意味でも非常に重要なポイントです。

後払い決済は、ここ数年で利用者が増えている人気の決済方法です。

後払い決済も導入可能な単品リピート通販サービスである点は、カラーミーリピートの強みだと思います。

また、クレジットカード決済についても、現在利用できるクレジットカードの種類をほとんど網羅しているので、こちらも安心です。

カラーミーリピートの機能とメリット



ホームページやブログと連携販売が可能

カラーミーリピートの機能とメリット

カラーミーリピートは、ホームページやブログなどをすでに持っている人の場合、そのホームページなどにカラーミーリピートの商品を埋め込む事ができる「どこでもリピート」という機能が実装されています。

これは、ネットショップサービスのカラーミーショップ にも同じ機能があるのですが、ネットショップよりも公式ホームページやブログの方がアクセス数がすでに多いというケースがあると思います。

ホームページやブログからカラーミーリピートへのURLを貼ったりすると、コンバージョン率、成約率が下がってしまう可能性がありますが、ホームページ上からカラーミーリピートの商品を直接購入できるような導線があれば、転換率は大きく引きあがると思います。

余談になりますが、カラーミーリピートを運営しているGMOペパボは、ホームページの簡単構築サービスとしてグーペ というサービスも提供しています。

グーペは本格的なウェブサイト、ホームページを誰でも簡単に構築、更新できるサービスとして人気があるサービスです。

これからホームページを開設しようと思っていたという方は、是非グーペでホームページを開設する事も検討してみて下さい。

費用対効果はもちろんですが、特別なウェブの知識なしでホームページを自分で運営できるメリットがあります。







単品リピート通販カートでは業界最低コスト

現役店長である筆者が最もメリットであると感じているのは、カラーミーリピート の料金体系です。

まず初期費用ですが、驚くことに、カラーミーリピートは初期費用が無料なんです。

そして月額利用料、こちらもサブスクリプションのネット通販サービスとしては現在最低価格の月額9,800円で利用できます。

通常ネットショップのASPを利用した場合、プランによって月額利用料が異なるのが通例ですが、カラーミーリピートは、月額9,800円で利用できます。

料金体系のシンプルさもカラーミーリピートをおすすめできるポイントだと思います。





リピート通販で売上を安定させやすい仕組み

カラーミーリピートの機能とメリット

インターネット上の通販、ネット通販というのは、カラーミーショップ MakeShop などのいわゆる「自社ECサイト」と呼ばれるようなネットショップの場合、売り上げが季節などによって変動しやすい傾向があります。

また、インターネットショッピングモールの楽天市場 ヤフーショッピングをはじめとして、 AUの公式ショッピングモールのWowma!(ワウマ)Amazonなどに出店してネット販売を行う場合、競合店舗にお客さんをひっぱられてしまうという事も非常によくある事例です。

こうしたネットショップを総合通販と呼ぶことがありますが、総合通販のネットショップでは常に新規顧客とリピーターを繋ぎ留めなくては売上が安定しにくい傾向があります。

カラーミーリピート の場合、単品リピート通販、定期購入が前提のショッピングカートなので、ユーザーが注文する際には、次回のお届け予定についても初回購入時に登録されます。

総合通販では毎回お客さんの新規購入、再購入を待たなくてはなりませんが、単品リピート通販は、注文を自動化する事でネットショップの売上を安定させることができるのです。

これを専門用語ではライフタイムバリュー(LTV)と言いますが、一人の顧客がより多くの売上に貢献してくれやすい仕組みがカラーミーリピートには備わっているのです。



今後成長するサブスクリプション市場に参入できる

カラーミーリピートの機能とメリット

株式会社矢野経済研究所の調査結果によると、2018年のサブスクリプションサービスの国内市場規模は、5627億円であるということです。

サブスクリプション市場とは、ファッション系定期宅配、飲食サービス、生活関連、教育、娯楽(音楽・映像サービス他)などの事で、その合計額が5627億円市場であるということです。

このサブスクリプション市場は、今後右肩上がりの拡大を継続していく見通しで、2023年には8623億5000万円規模になると予測されています。

成長市場に参加できるというのは、今後少子高齢化が進み、需要が減少していく日本では非常に魅力的な事だと思います。





カラーミーリピートの主な機能について

カラーミーリピートの機能とメリット

カラーミーリピート の主な機能についてご説明したいと思います。

カラーミーリピートの主な機能としては以下の機能があります。


  • カラーミーショップで培ったECノウハウが凝縮したデザインレイアウト
  • ユーザーの離脱率を低減させることに配慮したフォーム
  • 購入ボタンを他サイトに設置可能だからコンテンツSEOとの相性も良い
  • 顧客フォローに重要な自動配信メール機能を搭載
  • 納品書のPDF保存が可能

デザインに関してはサンプルページを見ていただくのが最もわかりやすいと思います。

カラーミーリピートとは

カラーミーショップの運営で長年培ってきたECノウハウを凝縮させたという レイアウトの配置とフォームは、定期購入のLP(ランディングページ)を 作成する上でも重要なポイントです。

特にECの離脱が最も起こりやすいのが「購入フォーム」の入力です。

いかにユーザーにストレスなく購入フォームに必要事項を入力してもらうかが鍵になります。

今後カラーミーリピートに期待できるポイントは、「楽天PAY」や「Amazonログインアンドペイメント」などとの連携です。

ID決済と呼ばる決済方法で、楽天PAYなどは、楽天会員ID情報のみで決済できる仕組みです。

カラーミーショップが、ID決済に対応しているので、カラーミーリピートも時期に対応されることが期待されます。

また、ユーザーとの接触機会は主に「メール」となりますが、カラーミーリピートには 以下の自動配信メール機能が実装されています。

自動配信メールの内容

  • 注文完了メール
  • 発送完了メール
  • お届け予定日が近づいている旨の通知メール
  • キャンセルメール
  • 定期購入の解約メール

また、ネットショッピングでユーザーに提出する納品書もPDFにて発行できる機能がありますので 納品書の発行についても問題ありません。

カラーミーリピートは機能の面でも必要な機能は充実しているので安心して利用できるサービスだと感じています。





カラーミーリピートの料金・費用について

カラーミーリピートの機能とメリット

先ほども少し触れたのですが、カラーミーリピートには初期導入費用が無料という驚きのメリットがあります。

これは同じ業界内のサービスと比較してみても、異例のことで、単品リピート通販以外のASPサービスの中でも異例です。

よくサブスクリプションのカートサービスとしてあげられるサービスにリピスト というサービスがあります。

リピストは、サブスクリプションのネット通販カートとしては、カラーミーリピートよりも以前から業界でサービスを提供してきた実績があります。

機能面やサブスクリプション市場におけるノウハウ面ではやはり優れた点も多々ありますので、カラーミーリピート以外の単品リピート通販サービスを比較したい場合は、リピストというサービスを検討されるとよいと思います。



カラーミーリピートとリピストの違いについて、別の記事に詳しくまとめておりますので、こちらも是非参考にしていただければ幸いです。


業界最安の定期販売カラーミーリピートとは?リピストとの違いも考察




カラーミーリピートのまとめ

今回は2019年4月時点でのカラーミーリピート のサービスの詳細について、現役店長が実際に利用している感想を踏まえてサービスについてのメリットなどをご説明いたしました。

カラーミーリピートは、同じ運営会社が提供しているカラーミーショップ と同じく、わかりやすく、サポートも丁寧であること、また、初期費用が無料で、月額利用料も1万円弱という業界最低コストで運営できる事が魅力であるとお伝えしてきました。

実際に使ってみて、カラーミーリピートの管理画面で分かりづらいと思う事も今のところありません。

単品リピート、サブスクリプション市場は今後ますます成長するといわれていますのでこの機会にぜひ定期購入通販を実現させてください。

今回の記事の内容がカラーミーリピートで単品リピート通販市場に参入されようとしている方の参考になれば幸いです。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す