カラーミーリピートで未発送の注文を一括で発送完了方法とCSVの仕様

カラーミーリピートで未発送の注文を一括で発送完了にする方法とCSVの仕様



カラーミーリピートとは

カラーミーリピートとは

ネット通販の中で、サブスクリプションと呼ばれる「定期購入」を実現できるサービスとしてサブスクリプション市場、もっとも低コストで運営できるのがGMOペパボ株式会社が運営するカラーミーリピート というサービスです。

GMOペパボ株式会社と言えば、ネットショップ構築サービスで人気と実績のあるカラーミーショップ を提供している会社でもあります。

現在の日本国内において、多くの企業やメーカー各社がネット通販に参入している事もあり、インターネットショッピングモールの楽天市場 Amazonに出店しても、型番商品の場合は価格競争にさらされ、思うように売れないという状況下にあると思います。

そんな総合通販が難易度を増す中で、注目されているのが「定期購入」「単品リピート通販」と呼ばれるネット通販の販売方法です。

今回は定期購入通販をサブスクリプション業界で最も低コストで運営できるカラーミーリピートについて、新しい機能として実装された「未発送注文に対して、一括発送完了処理を実現する方法」についてご説明いたします。




未発送の注文を一括で発送完了にする事とは?

カラーミーリピートに限らず、ネットショップを運営している方なら、日常的に行っているのが、注文の処理業務だと思います。

ネット販売している商品が、お客様から購入されると、利用しているショッピングカートサービスのバックヤード、管理画面内に注文がデータとして上がってきます。

注文の処理の内容は、お客様が注文した商品が何か、在庫はあるのか、決済方法は何か、配送希望日などの指定はあるか?といった事を事細かにチェックする必要があります。

注文された商品の在庫があり、お客様の決済が完了している(代引きや後払いも含む)場合に、商品の発送の為の配達伝票の作成、商品の梱包から実際に出荷作業と業務が進められる事になります。

商品の発送が完了した後に、お客様に商品発送の連絡を行う必要があるのですが、注文数が多いショップの場合、送り状番号の連絡を、注文数連絡する必要があるわけです。

システムが一括登録、一括発送連絡などに対応していれば問題ないのですが、一括発送システムがなければ、一件ずつ注文詳細を開いて、お問合せ番号を入力し、発送完了メールを送る必要があります。

一日10件程度の連絡ならそれでも対応できますが、100件以上となると、とても人の手でやる作業では追いつきませんよね。

今回、カラーミーリピートで、未発送の注文を一括で発送完了できるようになりましたのでその方法を次にご説明いたします。



未発送の注文を一括発送する方法と手順

カラーミーリピートで未発送の注文を一括で発送完了にする方法をご説明いたします。

一括で発送完了にする際に、配送会社や伝票番号も一括で登録するには一括発送App用のCSVを利用します。

まず、カラーミーリピートの管理画面左側のサイドメニューより[Apps]をクリックします。

カラーミーリピートの一括発送完了方法

【一括発送】をクリックし、設定画面から追加します。

カラーミーリピートの一括発送完了方法

注文ページ> 一括発送したい注文を選択し[一括発送]をクリックします。

カラーミーリピートの一括発送完了方法

CSVテンプレートをダウンロードし、内容を入力して一括登録します。

配送会社や配送伝票番号の指定がない場合は、この作業は不要となります。

カラーミーリピートの一括発送完了方法

内容を確認の上、 [確認]ボタンをクリックすれば完了となります。

カラーミーリピートの一括発送完了方法

次に、カラーミーリピートで一括発送完了を行う際のCSVファイルの仕様についてご説明いたします。



カラーミーリピートのCSVの仕様

カラーミーリピートで一括発送完了の為に利用するCSVファイルの仕様、ルールについてまとめました。

カラーミーリピートの一括発送完了方法

項目名 仕様
名前 配送先の名前が入ります(全角可)
注文ID 注文IDが入ります(半角英数)
決済方法 決済方法の名称が入ります(全角可)
配送会社 配送会社名は入力せず、該当の数字を入力してください(半角数字)

1・・佐川急便
2・・クロネコヤマト
3・・西濃運輸
4・・日本郵便(郵便書留・特定記録郵便)
5・・日本郵便(ゆうパック)
6・・福山通運
7・・エコ配
8・・日本郵便(レターパック・新特急郵便)
配送伝票番号 配送伝票番号が入ります(5桁以上の半角英数字)



アップロードの際によくあるCSVエラー原因

CSVファイルをアップロードして起こるエラー原因について考えられるエラー事例をいくつかご紹介いたします。


  • CSVファイル内のヘッダーの名前を変更・削除した
  • 選択した注文とCSVファイルの注文が一致していない
  • 配送会社がカラーミーリピートに存在しない
  • 配送会社を登録していない、かつ、伝票番号を登録している
  • 配送会社を登録している、かつ、伝票番号を登録していない
  • 伝票番号で、アルファベット(大文字・小文字)と数字以外の文字を使っている
  • 伝票番号が、5~20文字の範囲外である
  • 後払いの注文で、配送会社・伝票番号を登録していない

CSVファイルの一行目に書いてある名称はアップロードの際に必要となりますので削除しないように気を付けて下さい。

また、配送会社については、配送会社名ではなく番号で登録する必要がありますのでこの点についても注意してください。

CSVファイルを編集する際によくあるエラーの例が、アルファベットや数字を「全角」で打ち込んでしまうというケースです。

データの処理のルールとしては「半角英数字」が基本となりますので覚えておいてください。




定期購入のカラーミーリピートとは?評判や口コミ・事例や料金を徹底解剖


カラーミーリピートのまとめ

今回は単品リピート通販、サブスクリプションを低価格で実現できるカラーミーリピートについて、一括配送完了機能についてご説明いたしました。

ネット通販市場は、2018年には16兆円規模となりましたが、単品通販市場も右肩上がりで市場規模を拡大し続けています。

サブスクリプションのメリットとしては、やはり総合通販のように常に選ばれて購入されるという状況から、定期購入、一種の自動購入サイクルを顧客に提供する事で、ネットショップの売上が安定しやすいというメリットがあります。

カラーミーリピートとは

単品リピート通販をうまく使えば、ネットショップの売上を安定させ、新規顧客を自動的にリピーターに引き上げる事が可能です。

商材との相性もありますが、単品リピート通販、サブスクリプションにはまだまだ伸びしろ、可能性が沢山あると思いますので、自社でサブスクリプションを実現しようと検討されている方は、コスト面で最もパフォーマンスが高いカラーミーリピートの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

今回の記事の内容がカラーミーリピートについて調査、検討されている方、または定期購入通販をはじめようとされている方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す