PayPayモールの出店条件とは?出店方法のまとめ


PayPayモールの出店条件とは?出店方法のまとめ



PayPayモールとは?

PayPayモールとは?

PayPayモール(ペイペイモール)とは、ヤフー株式会社がスマホ決済サービスの「PayPay 」のブランドを冠して新たに創設したインターネットショッピングモールのことです。

PayPayモールは、スマホ決済のPayPayと連携したお得な特典やキャンペーンを実施するだけでなく、ネットショッピングとしての使いやすさも追及する事を表明しています。

PayPayモールは、2019年10月に開業予定で、ヤフー株式会社がすでに運営しているインターネットショッピングモール「ヤフーショッピング」の出店の有無を問わず、Yahoo!Japanが定めている安全、安心の出店基準を満たしたストアのみが出店できるプレミアムなオンラインショッピングモールです。

PayPayモールでは、例えばファッションジャンルのショップや家電ジャンルのショップなどのジャンル別に適切なデザインを採用する事で、検索のしやすさ、価格比較のしやすさといった商品情報の見やすさなどを重視しています。

また、PayPayモールは将来的に、PayPayモールを利用するユーザーが、商品を自宅や職場などの近辺の店舗で受け取れる実店舗との在庫連携機能も提供する予定です。

また、PayPayモールに出品した商品は、ヤフーショッピングの検索上にも同時に表示される想定だそうですから、既にアクセス数、既存顧客数には実績のあるヤフーショッピングの顧客への露出も用意されています。

この秋に最も注目されている新しいショッピングモール「PayPayモール」に出店するにはどのような条件を満たせばよいのかについて次にご説明いたします。



PayPayモールの出店条件

PayPayモールとは?

PayPayモールに出店する為には、ヤフーが用意している「プレミアムプラン」への契約が必要となります。

プレミアムプランとは、ヤフー株式会社が定める基準に基づいた規約、出店基準をクリアする必要があります。

PayPayモールに出店する為に公表されている出店基準としては以下の条件があります。



ベストアワード受賞歴がある事

PayPayモールに出店できる基準としては、2018年以降にベストアワード受賞歴があり、なおかつ過去約90日間において、80%以上の期間「優良店」でなければなりません。

「優良店」とは、ヤフー株式会社が指定するストアパフォーマンスに基づいて、優良店と認定されている出店者のことを言います。

ご自身のアカウントが優良店かどうかを確認するには、ヤフーショッピングの管理画面であるストアクリエイターProのトップページ「評価」メニューから確認する事ができます。



Yahoo!ショッピング経由での年間流通額が1.2億円以上ある

PayPayモールに出店する為の出店基準としては、ヤフーショッピング経由での年間の売上金額が税込みで1.2億円以上でなければなりません。

ヤフーショッピングだけで年商1.2億円ですから、月商1000万円以上の売上が必要となります。

ヤフーデイリーランキングのトップ10常連店舗さんなどのようにかなり売れているネットショップであれば、この条件はクリアできる方もおられるのではないでしょうか。



上場企業または上場グループに属する企業

PayPayモールに出店できる条件としては、法人であることは前提ですが、上場している企業でなくてはならないようです。

上場企業のグループ会社であれば出店できる可能性はありますね。

法人であっても上場していない企業さんはPayPayモールに出店する事はできないようです。



企業年商が100億円以上である

企業年商が100億円以上ある事が、PayPayモールに出店できる基準となっています。

また、「家電」カテゴリのみは、企業年商が500億円以上と更に年商が高く設定されています。

やはり大手企業でなくてはPayPayモールには出店する事は難しようですね。



PayPayモールに出店するには、かなり高いハードルが設定されている事がわかりました。

では、上記の条件を満たしていても出店できない出店対象外条件についても次にご説明いたします。



PayPayモール出店対象外の条件

PayPayモールへの出店基準を満たしていても、以下の条件に当てはまる場合は出店対象外となります。


  • ヤフー株式会社が指定するカテゴリに並行輸入品を20%以上出品している場合
  • 並行輸入品を該当カテゴリに 1点以上出品している場合
  • 中古品を 20%以上出品している場合
  • 金券を 1点以上出品している場合
  • その他、本プランにふさわしくないとヤフーが判断した場合

並行輸入品や中古品、金券を販売している場合は、PayPayモールには出店できない可能性がありますので注意して下さい。



PayPayモール出店方法のまとめ

今回は、2019年10月にヤフー株式会社が新規開業するプレミアムなオンラインモール「PayPayモール」について、出店する為の条件をまとめてみました。

PayPayモールは、大手上場企業であり、年商100億円以上あるような優良企業のネットショップでなければ出店する事は出来ない事がわかりました。

また、2018年以降のベストアワード受賞歴も必要であり、そもそもPayPayモールに出店できる対象者には、おそらくですがヤフーから連絡が入る事になると思います。

つまり、われわれのような一般ネットショップ運営者では出店できないショッピングモールという事ですね。

条件に合うという企業さんは担当のECコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

今回の記事の内容がPayPayモールの出店基準を調べておられる方の参考になれば幸いです。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す