ワンショットファッション・ワンショット消費とは


初心者でもわかるネットショップ用語

ワンショットファッション・ワンショット消費とは


ワンショットファッション・ワンショット消費とは

シェアリングエコノミーの市場規模

ワンショットファッションとは、ファッションアイテムを購入後、一度着用して、その姿を撮影し、インスタグラムなどのSNSに投稿した後は、メルカリなどでネット販売する一連の消費スタイルのことです。

ユニクロやしまむら、H&Mなど、低価格のファッションを「ファストファッション」と呼んでいましたが、低価格商品よりも、価格が高くてもメルカリなどで販売することを前提としているため、購入の敷居が低くなる傾向にあるようです。

ワンショットファッション、ワンショット消費とも呼ばれるこのトレンドは、若年層を中心にSNSへの投稿を目的としたファッションの新しい消費スタイルが生まれ、広がりを見せ始めています。

ファストファッションからワンショットファッションへと変貌を遂げつつある新しい時代の消費スタイルについて、シェアリングエコノミーなどと合わせてご説明いたします。


SNS普及による消費スタイルの変化

TwitterやFacebookなどのSNSが全盛で流行した時には、まだスマホフリマアプリの「メルカリ」は現在のようにシェアNo.1で、誰でも気軽にネット販売するという時勢ではありませんでした。

現在、インスタグラムなど、若い女性層を中心としたSNSと、フリマアプリ「メルカリ」の二つのアプリのシェアが、最盛期と言えるほど普及しています。

フリマアプリメルカリは、誰でも気軽に商品をネット販売できるアプリです。

これまで若年層は、プチプラと呼ばれる低価格ファッションアイテムを好む傾向が強くありました。

【参考】プチプラとは?プチプラの意味|ECサイト用語集

そこから、今度は、「価格が高くても本当にかわいいファッションアイテム」を自分が着用した姿をインスタグラムなどのSNSに投稿することで「いいね」を求めるスタイルが流行しはじめました。

そこに「メルカリ」などのフリマアプリを使い、例えば3万円のワンピースを購入して、一度着用した姿を撮影しインスタグラムに投稿、その後、メルカリで2万2千円で販売した場合、実質「8千円」で3万円のワンピースを購入できたことになるわけです。

こうした若い世代を中心とした新しい消費形態、ワンショット消費は、一種の「シェアリングエコノミー」の考え方に通じるものがあると思います。

所有から共有の時代へ。モノからコト、体験の時代に変わっていくことは避けては通れない時代の大きな流れに感じます。


シェアリングエコノミーの拡大について

総務省のウェブサイトの記載によると、シェアリングエコノミーとは、個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものを含む)の貸出を仲介するサービスであり、貸主は遊休資産の活用によって、収入を得られるメリットがあり、借主はそのもの(スキル)を所有することなく利用することができるメリットがあると説明されています。

【参考】第2節 ソーシャルメディアの普及がもたらす変化|総務省

世界におけるシェアリングエコノミーの市場規模は、2013年に約150億ドルの市場規模でしたが、2025年には約3,350億ドル規模に成長する見込みとも言われています。

シェアリングエコノミーの流れは、新しい時代のスタンダードになることが想定されていると言えます。

シェアリングエコノミーの市場規模

所有することから、共有すること、体験に消費する時代へと変わりつつある現在において、ネット通販でモノを買うことから、インターネットでモノ(体験)を得る時代へと大きくシフトしていくでしょうね。


ワンショットファッションのまとめ

今回は、インスタグラムへの投稿のための一時的な消費と、それを別のだれかにシェアする新しい消費スタイルとして「ワンショット消費」「ワンショットファッション」について解説いたしました。

シェアリングエコノミー時代の到来により、こうした新しい消費スタイルはますます加速していく事になると思います。

ネット通販事業者としては、商品を購入し所有するという今のスタンダードが終わり、商品やサービスを仲介業者を飛び越えて共有する時代が目の前にやってきていることに危機感も感じています。

薄利多売の時代は間違いなく2025年までには終焉となるでしょう。

大量生産、大量消費から、少量高品質の共有時代へ。

今回の内容がワンショットファッション、シェアリングエコノミーについての参考になれば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを低コストで出店するならカラーミーショップがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるサービスに「 BASE (ベイス) 」というサービスが人気がありますが、月商10万円以上のネットショップを目指すのであればカラーミーショップ の方がコストパフォーマンスが高くなるのでおすすめです。


ネットショップBASEとカラーミーショップの月商別手数料・コストを徹底比較


また、カラーミーショップはEC業界の中では、サポート体制が非常に充実しているのでショップ開設後も安心のサービスです。

ネットショップの電話サポートがある「カラーミーショップ」のサポート体制の種類と評判






売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す