【質問】楽天市場の競合店舗・ライバル店舗の全商品数を調べる方法ってありますか?


ネットショップでよくある質問・相談

売れるネットショップの教科書に寄せられたよくあるご質問について、現役店長が回答するコーナーです。


【質問】楽天市場の競合店舗・ライバル店舗の全商品数を調べる方法ってありますか?

ネットショップ出店に関するご質問でたまにいただく質問が「楽天市場」に出店を検討されている方や、楽天市場にすでに出店済みの方が、ライバル店舗の状況を知りたいというご相談です。

楽天市場の出店前に行う事でもご紹介しましたが、競合店舗の状況をリサーチすることは非常に重要な事前対策です。

中でも楽天市場は、出店歴10年以上のキャリア店舗がジャンル毎の売上シェアを大きく獲得している傾向があります。

今回は、楽天市場出店を検討されている方、楽天市場出店済みで、競合店舗の状況を調べたい方のために、競合店舗の商品数を調べる方法をご紹介します。


楽天市場で競合店舗の商品数を調べる意味

ネットショップでよくある質問・相談

楽天市場で、ご自身が販売を予定する商品ジャンルで、競合店舗がどのくらいの商品数を持っているのかを調べることは、競合店舗の「強さ」を図る目安になります。

例えば、楽天デイリーランキングの常連商品で、いつもランキング入りしているような店舗でも、商品数を調べてみると、意外に出品数が少ない店舗さんもおられます。

ご自身のジャンルのライバルとなる店舗が大量に商品を出品している場合、そのジャンルでは商品露出が難しくなる傾向があります。

当店の場合、日用品が中心なので、競合店舗は「爽快ドラッグ」さんがカテゴリの第一位店舗です。

爽快ドラッグさんは、商社系のネットショップでしたが、2017年に楽天と業務提携をしたため、今は楽天傘下のショップになりました。

ライバル店舗が非常に強力なジャンルでは、商品露出という面でなかなか苦境に立たされることがありますので、事前調査は十分に行うようにしましょう。


楽天市場で競合店舗の商品数を調べる方法

では、実際に楽天市場に出店されている店舗の商品数を確認する方法をご紹介いたします。

意外に思う方も多いでしょうが、楽天市場では、通常トップページなどにはそのネットショップの全商品数は表示されていません。

ある方法を使えば、出店店舗の全商品数を確認することができます。

これから、ライバル・競合店舗の商品数を調べる方法を手順を追ってご紹介します。

楽天市場で競合店舗の全商品数を調べる手順


(1)楽天のショップ一覧ページで競合店舗名を調べる

先ずは下記の「楽天市場のショップ一覧」のページにアクセスします。

【参考】楽天市場のショップ一覧|楽天市場

検索窓から、ご自分が調べたい店舗さんの「店舗名」を検索します。

今回は、当店ライバル(というか雲の上の存在ですが)の「爽快ドラッグ」さんを例にしてみましょう。

楽天の競合店舗の全商品数を調べる方法



(2)「取り扱い商品」のリンクテキストをクリック

楽天の競合店舗の全商品数を調べる方法

店舗名で検索すると、検索結果一覧が出てきます。

店舗名に間違いがなければほとんどの場合は、検索結果は「1件」になると思います。

この時、商品数と同じくらい重要な「出店カテゴリ」も確認できます。

「出店カテゴリ」は、楽天市場のショップオブザイヤーを獲得するには、ライバル店舗が強過ぎないことが重要になりますので出店の際には慎重に選びましょう。

では「取り扱い商品」のテキストリンクをクリックしてみましょう。



(3)現在販売中の商品点数がわかる!

楽天の競合店舗の全商品数を調べる方法

ここで、実際に検索した店舗さんの商品点数がわかります。

爽快ドラッグさんは、この調査した時点では、全販売中商品が225,598点とわかりました。

桁違いの商品点数ですね。これは強いわけです・・・。

以上で楽天市場で競合店舗の商品数を調べる方法は終わりです。


競合店舗の出店カテゴリーの確認も重要です

先ほども書きましたが、楽天市場に出店する際の「出店カテゴリー」は、非常に重要な選択となります。

特に出店カテゴリーは、楽天市場のショップオブザイヤー決定の際のカテゴリーにもなりますので、競合店舗がひしめく出店カテゴリーに出店するとショップオブザイヤーの獲得が非常に難しくなります。

楽天市場に出店すれば、ショップオブザイヤーはいつかは獲得したい輝かしいプライズです。

【参考】楽天市場 ショップオブザイヤー2017 総合賞 ベスト10 ランキング

是非、楽天市場の出店カテゴリは、事前調査して、「ホワイトスペース」を狙って出店するようにしましょう。

もちろんですが、全然関連のない出店カテゴリーには出店審査の際にNGが出ますので、あくまでも出品商品に関連するカテゴリーの中から、ライバルが手薄なカテゴリーを選びましょう。

【参考】【現役店長解説】楽天市場出店審査の条件と審査基準のまとめ


楽天でライバル店舗の商品数を調べる方法のまとめ

今回は、楽天市場におけるライバル店舗、競合店舗の商品数の確認方法をご紹介しました。

ライバル店舗の全商品数を知る方法は、意外に知られていないものなのです。

筆者も、いろいろとデータを集めていた際にたまたま見つけることができたくらいですから、この方法を知らない楽天店長さんも多いのではないでしょうか?

今回の記事が、楽天市場で競合調査したい方の参考になれば幸いです。



ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを低コストで出店するならカラーミーショップがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるサービスに「 BASE (ベイス) 」というサービスが人気がありますが、月商10万円以上のネットショップを目指すのであればカラーミーショップ の方がコストパフォーマンスが高くなるのでおすすめです。


ネットショップBASEとカラーミーショップの月商別手数料・コストを徹底比較


また、カラーミーショップはEC業界の中では、サポート体制が非常に充実しているのでショップ開設後も安心のサービスです。

ネットショップの電話サポートがある「カラーミーショップ」のサポート体制の種類と評判






売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す