【質問】高額なLP制作の営業が来たのですが、効果はあるのでしょうか?

853 views

ネットショップでよくある質問・相談

売れるネットショップの教科書に寄せられたよくあるご質問について、現役店長が回答するコーナーです。


【質問】高額なLP制作の営業が来たのですが、効果はあるのでしょうか?

ネットショップを楽天市場 ヤフーショッピングなどのショッピングモールで出店していると、制作会社などから営業の電話やメールが届くことがあります。

売れるネットショップの教科書に寄せられるご相談で、最近増えてきたのが「高額なランディングページ制作の営業の電話が来たけれど、本当に費用に見合う効果があるのかどうか」といった不安からくるご相談です。

ランディングページ、主に単品リピート通販系のネットショップでよくあるケースが、LP、ランディングページの制作の営業です。

今回は、ランディングページ制作の営業により、LP制作を検討されている方に、検討材料となる要素をいくつかご紹介したいと思います。


そもそもランディングページとは何か?

そもそも、ランディングページとはいったい何かということについて、ご説明いたします。

ランディングページとは、最近はやりの単品リピート通販システムなどよりもずっと以前から存在しているウェブサイトの形式のひとつです。

ランディングページとは、その意味からすると「ランディング(着地)するページ」という意味になり、主にはGoogleなどのキーワード検索に対して、流入する最初のページ(着地ページ)を意味します。

これは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンからの検索時に、SEO対策によって上位表示されたページのとび先、リンク先に用意することを目的とした縦長の説明ウェブページの事です。

楽天市場などで売れているネットショップの傾向にも通ずるところがあるのですが、商品説明をしっかりと画像と説明文で行い、ユーザー、消費者の購買意欲をあおるような商品ページを作成するケースが良くある事例です。

ランディングページに着地して、ユーザーの「コンバージョン(転換率)」を獲得することを目的とした特設ページ的な意味あいもあります。

ランディングページは一般的には「LP(エルピー)」と略されることが多いのですが、通販ページであれば、商品の注文につなげることを目的として制作されるページです。

LPにおいて、重要なポイントは、「LP、ランディングページそのものには集客機能はない」ということです。

どんなに費用をかけてランディングページを制作しても、それを見てもらうための集客は別で対策しなくてはなりません。

その為、LP制作と同時に、GoogleやYahoo検索に対するリスティング広告、ディスプレイ広告の提供がセットになって販売されているサービスも存在します。

リスティング広告自体は、Googleなどの検索エンジン提供企業がしっかりとしたルールのもと提供されている仕組みですが、それを「代行する業者」にも、注意が必要です。

2018年におけるリスティング広告、CPC広告などのクリック単価はキーワードにもよりますが、ワンクリック100円というクリック単価も珍しくありません。

そのため、リスティング広告を出稿するには、ある程度まとまった予算が必要となります。

自分で対応してもクリック単価が高額傾向にある上、リスティング広告代行業者に依頼した場合、代行手数料が発生します。

筆者も何度か東京のリスティング代行業者に見積もり依頼を行ったのですが、やはり高い成果を求めるのであれば、月額30~50万円程度の広告予算は必要だと感じました。

ランディングページ制作に加えて、リスティング広告の利用料を合わせると、非常に高額な費用、予算が必要となります。

誰でも名前を知っている一部上場企業であれば、こうした予算も億単位で組めるかもしれませんが、中小零細企業、個人事業などであれば、会社の存続すら危うくなるほどのコストになることもありえます。

特に、小さな会社、個人事業主などの方は、広告掲載に対して、売上規模が小さいという傾向があるため、最初のうちは、とにかくイニシャルコストとランニングコストを抑えることを優先することをおすすめします。

次に、ランディングページの高額請求、高額制作費用を要求されるようなケースの対処法についてご説明いたします。


高額なランディングページ制作の営業が来た場合の対処法

ランディングページは、確かに一般的なネットショップの商品ページよりも、説明画像や商品説明文がしっかりと作り込まれていることもあり、転換率が高まる傾向があります。

ただし、これは、ランディングページだからどうだという話ではなく、商品の説明において、画像と説明文をしっかりとチューニングした結果、説明内容が多くなり、より具体的な説明がページ上で実現しているにすぎません。

ランディングページ、LPとは、特別なシステムでもなんでもなく、商品に対する、愛情が大きければ大きい店舗さんほど、説明文や説明画像が充実する傾向にあり、結果的に縦長スクロールが増える商品ページに仕上がるというだけの話です。

数十万円~数百万円の制作費を請求するような特別な成果物ではないことを、しっかりと理解する必要があります。

また、最近のEC市場で、増えてきている通販トラブルの中に、単品リピート通販の手法が国民生活センターのレポートでも事例がありますので、ここで紹介させていただきます。

これは、単品リピート、定期購入のビジネスモデルに共通している「顧客騙しの手法」ですが、最初の一回目を「お試し無料」や「低価格販売」を実施し、2回目以降の定期購入の際には、通常価格や、高額請求による定期購入を強いるケースが2017年から非常に増えているそうです。

いわゆる「悪徳業者の手法」ですが、最初は無料で購入させておいて、契約内容には、半年間は、高額請求が続くといった、ランディングページの手法が増えているそうです。

特にインターネットにうとい、高齢利用者やシニア層、もしくは、若年層を騙すような手口が増えてきているようです。

初回無料であっても、半年間は通常料金を支払う必要があるという契約内容に「同意」させられている可能性がありますので、怪しいサービスサイトを見つけられた場合は、まず最初に行う事は、家族や友人に、そのサービスが正当なサービスかどうかを確認してもらうことを強くおすすめいたします。

基礎化粧品や健康食品、サプリメント系におおいのが単品リピート通販、ランディングページによるネット通販です。

もちろん、正当なサービスも存在しますが、非常に悪質なサービスサイトの方が多いことにご注意ください。


ランディングページを低コストで実現する方法があることを知る

ランディングページというと、特別な対応が必要なように感じられるかもしれませんが、実際は具体的内容が充実している商品ページに、注文フォームが設置されたウェブページにすぎません。

悪質な企業は、このランディングページ一体型注文フォームを、さも特別な仕組みのように営業活動をおこなったり、無料セミナーにより情報弱者顧客を集客している事例が本当に多いのです。

EC業界においても、この問題は、今後多数表面化されると思いますので、今の内から、高額制作費用を請求するような広告代行会社や制作会社については気を付けられることをおすすめいたします。

まずご理解いただきたいのは「ランディングページと注文フォームが一体化しているサービスは月額1万円以下で存在している」という点です。

大手企業さんも良く被害にあっているようですので、ここで注意喚起させていただきますが、ランディングページ制作に100万円以上を請求する企業は、正直なところ「まともな会社ではない」ということを念頭に置いて下さい。

なぜ、ここまで高額請求を行うような悪徳業者に注意喚起を促すかというと、もっと低価格でほぼ同じレベルの機能が備わっているサービスが存在しているからです。

月額わずか1万円以下、それ以外の販売手数料や継続費用の一切不要のサービスである「カラーミーリピート 」は以下のページをご覧いただければ、良くお分かりになられると思います。

【参考】業界最安のカラーミーリピートとは?リピストとの違いを比較


高額LP制作についてのまとめ

売れるネットショップの教科書サイトに最近特に増えてきた高額請求のLP制作サービスについて、注意喚起の意味を込めて今回はご説明させていただきました。

非常に悪どい商法で弱者を食い物にしている悪徳業者が存在するのは事実です。

高額なランディングページ制作を実施している業者には十分に気を付けてください。

また、低価格で、LP制作を実現できるサービスは、カラーミーリピート などをはじめ、いくつか存在していますので、まずは正しい情報を得ることからはじめて、場合によっては、クラウドワークス などで良心的なクリエイターの方にLP制作を依頼されることをおすすめいたします。

また、どんなにデザイン性の高いランディングページであっても、集客面は全く別で対策が必要という点にも十分に理解しておいてください。

今回の記事の内容で、一人でも多くの方に、高額LP制作の被害から免れることを心より祈っております。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す