最大100万円支給!?STORES個人支援プログラムの利用条件・応募方法


最大100万円支給!?STORES個人支援プログラムの利用条件・応募方法

かんたんにネットショップを開業できるサービスとして、BASE (ベイス) と並んで人気のサービスにSTORES.jp というサービスがあります。

STORES.jpでは最大で100万円もの金額を個人ストアに支援してくれるプログラム「ストアーズ・アシスト・プログラム」が開始されました。

STORES.jpのストアーズ・アシスト・プログラムについて詳細をご説明いたします。



STORES.jp(ストアーズジェーピー)とは?

STORESの機能とメリット

「すべての人にオンラインストアを」というキャッチコピーを掲げている、「STORES.jp 」という簡単ネットショップ構築サービスがあります。

STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)とは、誰でも簡単にネットショップを開業できるインスタントECサービスと呼ばれるサービスのことです。

STORESは、ネットショップのデザインのカスタマイズについても、HTMLなどの専門知識や特別な技術などなくても誰でも簡単に変更する事が可能な点も、STORESが沢山のユーザーに支持されている理由だと思います。

インスタントECと呼ばれるサービスとしては、STORESと並んで人気のあるサービスが「BASE (ベイス) 」というサービスです。

STORES.jpとBASE(ベイス)のサービスの比較については、以下のページにより詳しくまとめていますのでこちらを参考にしてください。



今回は、STORESが個人ストアの支援プログラムを始めた事について現在分かっている事をまとめてご説明いたします。


ストアーズ・アシスト・プログラムとは?

STORES.jpのストアーズ・アシスト・プログラムとは?

STORES.jp は、才能のある個人ショップオーナーや、スモールビジネスを飛躍させたいとう思いを持っているショッピングサービスです。

STORES ASSIST PROGRAM(ストアーズ アシスト プログラム)とは、ECサイト運営に関するノウハウの提供を始め、ネットショップの運営において必要とある資金の援助、支援を行う事を目的としたプログラムです。

個人がネットショップを運営する時に、ある程度大きな事業に取り組みたいと思っても、資金調達を実現する方法は非常に少ないのが現状です。

クラウドファンディングという資金調達方法はありますが、やはりある程度の組織や団体、企業などのように準備から広報までしっかりと手が出せない個人という小さな事業では資金調達はうまくいかない事が多いのが実情だと思います。

STORESでは、こうした個人がより自分の想いや熱意をもってチャレンジできる環境づくりの支援をしてくれるというわけです。

STORES ASSIST PROGRAM(ストアーズ アシスト プログラム)に参加する事で得られる特典としては以下の特典があります。


STORES ASSIST PROGRAM(ストアーズ アシスト プログラム)の参加特典

  • 12ヶ月間で最大100万円を支援
  • 活動内容の告知をサポート
  • オンラインストアの利用サポート

ネットショップで何か大きなチャレンジを行いたいという方は、是非STORESでネットショップを開設して、ストアーズ・アシスト・プログラムに参加してみて下さい。




STORES ASSIST PROGRAMの参加条件

では、 STORES.jp のSTORES ASSIST PROGRAMの参加条件についてご説明いたします。


STORES.jpのストアオーナーであること

これは当然ですが、STORESでネットショップを持っているオーナーであることは前提条件となります。

まだ、STORESでネットショップを開設していないという人でも問題なく、新規開店でもプログラムの参加対象となります。

これは非常にありがたいですね。

まだSTORESでネットショップを開設していない方は、プログラムの参加に間に合う内にネットショップを開設しましょう。



運用しているSNSの総フォロワー数が2000人以上であること

ご自身が現在運営されているSNSのアカウントのフォロワー数の合計人数が2000人以上というのがプログラムの参加条件となります。

ここが少しハードルが高いかもしれませんね。

対象となるSNSについては以下の通りです。

  • Twitter(ツイッター)
  • Instagram(インスタグラム)
  • Facebook(フェイスブック)
  • YouTube(ユーチューブ)
  • note(ノート)


プログラム参加中はSTORES.jpの広報宣伝活動を行う事

STORES ASSIST PROGRAM(ストアーズ アシスト プログラム)に参加している間は、STORES.jpについて、ブログやSNSで告知、宣伝を行う事が条件となります。

STORES ASSIST PROGRAM(ストアーズ アシスト プログラム)はいわばスポンサー企画のようなイメージを持つとわかりやすいかもしれません。

スポーツ選手などは、スポンサーに活動費の支援をしてもらうお返しとして、ユニフォームにそのスポンサーのメーカー品を着用したりするのは一般的ですね。

STORESでもアシストプログラムに参加して費用面やノウハウ面でサポートを受けるというのは、一種のスポンサードに似ていると思います。

支援してくれる人のサービスをできるだけ紹介するように心がけてみましょう。



プログラム終了後も活動が持続、発展し続けられる

STORES ASSIST PROGRAM(ストアーズ アシスト プログラム)の目的は、個人のショップ運営の支援でもありますから、プログラムを利用して現在の状況から飛躍できる事は理想だと思います。

ただ、プログラムが終わっても、アシストプログラムで得た事を活かし、ネットショップの運営を続けていく事、さらなる売上獲得、店舗発展につなげていく事も重要なポイントです。

せっかくのチャンスを活かしてご自身のネットショップを発展させる機会にしましょう。



プログラム終了後もSTORES.jpを継続して利用する

これも当然といえば当然の事ですよね。

アシストプログラムが終了した後でも、継続してSTORESを使い続ける事、これも念頭に置いておいてください。

せっかくアシストプログラムで売上が改善されるチャンスを得たのに、継続しないのは非常に機会損失だと思います。



ストアーズ・アシスト・プログラムの応募方法

STORES.jpのストアーズ・アシスト・プログラムとは?

ストアーズ・アシスト・プログラムに参加したいという方は、まずは一次選考、書類審査に通過する必要があります。

下記URLから、エントリーフォームに進んでいただき、フォーム内容にしたがって必要項目へご記入の上ご応募ください。


応募期間は、2019年6月16日(日)23:59までですので、早めにお申し込みする事をお勧めします。

合格発表については、2019年6月25日(火)までに合格者に通知される予定とのことです。

書類審査に通過した後は、最終選考があります。

STORES.jpのオフィスまたはオンライン上でのプレゼンによる選考が行われる予定です。

選考期間については、2019年7月上旬を予定しているそうです。

以上が簡単ですが、ストアーズ・アシスト・プログラムの応募方法の流れとなります。



ストアーズ・アシスト・プログラムのまとめ

今回は STORES.jp で現在募集中のストアーズ・アシスト・プログラムについて現在分かっている事を現役ストアーズ店長が解説いたしました。

STORESのネットショップとしての出店メリットや主な機能などは以下のページに具体的項目でまとめております。


STORES.jp出店のメリットと評判、機能のまとめ


ネットショップのベンダー系企業から、こうした資金面での支援などが行われるというのは、今まであまり聞いた事がありませんでした。

それだけ、STORESでは個人のネットショップを応援してくれる存在であるとも言えます。

全ての人にチャンスはありますから、是非ストアーズ・アシスト・プログラムに参加してみて下さい。

今回の記事の内容がSTORESでアシストプログラムを検討されている方の参考になれば幸いです。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す