STORESでストアデザイン機能が3年ぶりフルリニューアル!

22,427 views

STORESでストアデザイン機能が3年ぶりフルリニューアル!

かんたんにネットショップを開業できるサービスとして、BASE (ベイス) と並んで人気のサービスにSTORES.jp というサービスがあります。

STORES.jpでは、ストアデザインの機能が三年ぶりにフルリニューアルされました。

STORES.jpのストアデザイン機能の詳細をご紹介いたします。



STORES.jp(ストアーズジェーピー)とは?

STORESの機能とメリット

「すべての人にオンラインストアを」というキャッチコピーを掲げる、「STORES.jp 」というネットショップの構築サービスがあります。

STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)とは、誰でも簡単にネットショップを構築できる簡単ECサイト構築サービスのことです。

STORESは、ネットショップのデザインのカスタマイズについても、専門知識や特別な技術などなくても誰でも簡単に変更する事が可能な点も、STORESを利用される理由でもあります。

インスタントECと呼ばれるサービスとしては、STORESと並んで人気のあるサービスが「BASE (ベイス) 」というサービスです。

STORES.jpとBASE(ベイス)のサービスの比較については、以下のページにより詳しくまとめていますのでこちらを参考にしてください。



STORES.jpで三年ぶりにフルリニューアルされたストアデザイン機能の詳細について次にご説明いたします。


ストアデザイン機能の詳細について

STORESのデザイン機能

今回のストアーズのデザイン機能のリニューアルでは利用できるテンプレートが10種類から48種類に増加したことが一番大きなリニューアルとなります。

デザインテンプレート以外に、各パーツの追加も自由にできるように新機能も追加されたため、カスタマイズ次第で無限のオリジナルデザインが作成できるようになりました。

STORESのデザイン機能

ネットショップを構築する際にデザイン面を外注やデザイナー制作で行うと、改変の度にコストがかかる傾向がありますが、こうしたオリジナルデザインテンプレートやパーツが多数追加されることで、専門知識なしで誰でも簡単にデザインの変更ができますね。

ネットショップも手軽さ、変更も簡単であるというのは非常に重要なポイントですね。




その他STORESの新しい機能について

では、STORES.jp ではストアデザイン機能以外にも新たに追加された機能がいくつかありますので合わせてご紹介いたします。


  • バナーの高さを自由に調節可能に
  • バナーやギャラリー、メインビジュアルの順番の変更が自由に
  • ストアのテキストカラーが自由に設定可能に
  • フリープランでも、プレミアムプランのデザインをお試し利用可能に

ストアーズでは、バナーのサイズや順番が簡単に変更できるような機能が追加されました。

また、フリープランの人が今まで利用できなかったプレミアムプランのデザインを試しにはめ込むことができるため、プレミアムプランの際にどのようなデザインにできるかが試せるようにもなっています。

常に新しい機能が追加されるサービスというのは、ユーザーの意見、要望を反映させてくれる可能性も高いと思います。

逆に、サービスに新しい機能が追加されないようなネットショップは成長性も低いため、あまりおすすめできないといえますね。


STORES.jpのストアデザイン機能のまとめ

STORES.jpでの三年ぶりのフルリニューアルとなったストアデザイン機能についてご説明いたしました。

STORESは、ストアデザイン機能以外にもパソコンでスマホ画面が確認できたりといった新機能を随時開発してくれています。

またSTORESと同じく、インスタントECとして人気の高い、BASE (ベイス) でも機能の開発については随時対応してくれていますのでサービスとしてはどちらも非常に手厚いと思います。

BASEとSTORESの詳細な比較については、以下のページにまとめていますのでこちらも参考にしてみてください。



今回の記事の内容が、STORES.jpでの出店を検討されている方の参考になれば幸いです。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す