イージーマイショップの無料の決済サービス「イージーペイメント」とは?メリットや料金を解説


イージーマイショップの無料の決済サービス「イージーペイメント」とは?メリットや料金を解説

無料でネットショップを開設できるサービスとして、Facebook連携も可能なECサービスにイージーマイショップというサービスがあります。

イージーマイショップは、自社ECサイトを構築する為のECカートですが、無料で利用できる決済サービス「イージーペイメント」についてご存知でしょうか?

今回は、イージーマイショップの決済方法である「イージーペイメント」について詳しく解説したいと思います。

イージーマイショップでネットショップ構築を検討している方、または自社ECサイトとFacebookページショップの同時出店を検討している方の参考になれば幸いです。



easy my shop(イージーマイショップ)とは?

イージーマイショップとは?

イージーマイショップとは、無料から使えるECサイト構築サービスのことです。

イージーマイショップは、特に画像機能に優れていて、高解像度の商品画像を複数登録できるため、アパレルやファッション系のECサイトを構築されるショップさんにも人気のECカートです。

イージーマイショップとは?

イージーマイショップのカートとしてのサービスの詳細については、以下のページにより詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


easymyshop(イージーマイショップ)出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察


では次に、イージーマイショップで導入できる決済方法「イージーペイメント」の詳細についてご説明いたします。



イージーペイメントとは?

イージーペイメントとは?

イージーペイメントとは、イージーマイショップを利用しているユーザーが導入できる決済サービスのことです。

イージーペイメントは、導入費や月額固定費が無料で、クレジットカード決済やコンビニ決済といったネットショップで最もよく利用される決済方法の導入が可能です。

イージーペイメントで導入できるクレジットカードブランドは「VISA」「MastarCard」「JCB」「ダイナースクラブ」「アメリカン・エキスプレス(アメックス)」という国際5大ブランドに対応しています。

コンビニ決済で対応しているコンビニエンスストアは「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」をはじめ全国30000店舗以上のコンビニで、コンビニ決済を選択したユーザーは24時間いつでも支払いが可能です。

イージーペイメントとは?

では、イージーペイメントを導入する事で得られるメリットについて次に詳しくご説明いたします。



イージーペイメントのメリット

イージーマイショップで利用できるイージーペイメントについてメリットと思われる事をご説明いたします。

イージーペイメントを導入する最大のメリットは「導入費用と月額固定費がゼロ円」であるということです。

イージーペイメントなら、導入費用や固定費用をかける事なく、クレジットカード決済とコンビニ決済に対応したネットショップを構築する事ができます。

また、導入したクレジットカード決済については、「リボ払いや分割払い」にも対応してる為、ネットショップでありがちな「かご落ち」という問題の対策にもなります。

ネットショップのかご落ち対策の詳細については以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


【質問】ECサイトのカゴ落ちの原因と対策方法を知りたい!


また、一度クレジットカード情報を入力したユーザーは、二回目以降の購入時にはクレジットカード情報の入力を省略できるため、こちらもまたかご落ち対策につながります。

自社ECサイトでよくあるケースは、ECカートサービスと、クレジットカード会社との別々の契約になり、管理画面も別々に運用しなくてはならないというケースです。

ECカートとクレジットカード会社のサービスが別々の場合、お客様からキャンセルの依頼が来た時に、ECサイトの管理画面とクレジットカード会社の管理画面の二つの管理画面でキャンセル処理を行わなくてはなりません。

イージーペイメントなら、管理画面も共通しているため、イージーマイショップ上で注文の処理を行えば自動的にクレジット決済も取り消し処理が行われます。

クレジットカード決済については、ネットショップの決済方法として最も利用されている反面、最近ではセキュリティの不安によりクレジットカード情報を入力したくないというユーザーも増えてきています。

イージーペイメントでは、セキュリティ対策として、「カード情報の非保持化」に対応しています。

クレジットカード決済はトークン決済と呼ばれる非通過型サービスとなっている為、ネットショップ運営者は一切クレジットカード情報に触れることなく、課金の処理を行うことができます。

店舗ではクレジットカード情報を直接的に「保存」、「送信」、「処理」しない「カード情報の非保持化」が実現されるため、情報漏えいリスクが低減し、お客様を守る事ができるという訳です。

またイージーペイメントは3Dセキュア(本人認証サービス)にも対応しているので、本人なりすましによるクレジットカードの不正利用の防止に有効です。

では次に、イージーペイメントの決済手数料についてご説明いたします。




イージーペイメントの決済手数料

イージーペイメントを利用する為の費用についてですが、初期費用や月額利用料などは必要ありません。

必要となるのは「決済手数料」のみとなります。

イージーペイメントとは?

イージーペイメントの決済手数料は、「3.57%+40円」という手数料となります。

ただし、イージーマイショップの「無料版」を利用しているユーザーの場合は、「5.0%+40円」の決済手数料となります。

ご自身のネットショップの売上規模に応じて、無料で出店するか、有料プランで出店するかを検討されるとよいと思います。

また、コンビニ決済の場合は、注文者側にコンビニ支払手数料が別途かかりますので店舗側の決済手数料は「ゼロ円」となります。

コンビニ決済手数料については、一般的にも注文者負担が通例となっていますので、注文者負担にして問題ないと思います。

ただ、コンビニ手数料も店舗負担に変更する事は可能ですので、注文者のメリットとして手数料無料にするというのもひとつの方法だと思います。



イージーマイショップのイージーペイメントのまとめ

今回はイージーマイショップのメイン決済方法でもある「イージーペイメント」についてご説明いたしました。

楽天市場 Amazonヤフーショッピング等のショッピングモールであれば、決済手数料とは別に「販売手数料」や「ポイント原資」、その他に「アフィリエイト手数料」といった手数料が注文ごとに加算される傾向にあります。

インターネットショッピングモールは確かに莫大なアクセス数を誇っていますが、そのアクセスをすべての店舗が取得できるわけではありません。

モールに出店して、月額固定費や販売手数料を差し引かれ手ネットショップを運営していると、少ない売上しかない場合は赤字運営になってしまう事も非常に多いのです。

自社ECサイトに注力するというムーブメントは、2020年以降加速していく事が予想されていますが、イージーマイショップなら、ヤフーショッピングとの連携が可能なので、モールの集客力を活かしながら、自社ECサイトへ誘導する事もできると思います。

ヤフーショッピングとの連携機能である「ヤフーショッピング連携オプション」については以下のページに詳しくまとめております。


イージーマイショップのYahoo!ショッピング連携オプションとは?メリットや料金を解説


最後までお読みいただきありがとうございました。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを手数料無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORESなら 2020年2月10日~3月1日までの間に新規出店すれば、4ヶ月間の決済手数料が「最大2万円分が無料」となるキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン
STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す